東北中央自動車道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
高速自動車国道
(無料化社会実験中)

東北中央自動車道

東北中央自動車道
(相馬尾花沢線)
総距離 約268km(国土開発幹線自動車道)
開通年 1997年 -
起点 相馬市相馬IC
主な
経由都市
福島市米沢市山形市
終点 尾花沢市
接続する
主な道路
(記法)
常磐自動車道
東北自動車道
山形自動車道
尾花沢新庄道路
■Template(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

東北中央自動車道(とうほくちゅうおうじどうしゃどう、Tohoku-Chuo Expressway)は、国土開発幹線自動車道の路線名と、高速自動車国道の営業路線名東北中央自動車道相馬尾花沢線で使用される日本の道路の名称である。略称は東北中央道。起点は同一であるが終点は異なり、高速自動車国道の方が短い。右のテンプレートは高速自動車国道によるものなので留意されたい。

以下では、国土開発幹線自動車道に並行する一般国道自動車専用道路として開通している道路も含め記述する。

概要[編集]

法定路線名としては国土開発幹線自動車道及び高速自動車国道の2つが、営業路線名としては東北中央自動車道及び、東北中央自動車道に並行する一般国道自動車専用道路(国道13号)が複数開通している。

東北中央自動車道として営業されている区間は、高速自動車国道の区間である。起点が福島県相馬市と規定されている。相馬市 - 福島市間は長らく基本計画区間のままで、事業化の目処が立っていなかったが、2011年7月22日、東日本大震災を契機にした東北地方の復興の流れで大畠章宏国土交通相により整備の方針が示され[1]高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路国道115号相馬福島道路として整備されることになった。相馬 - 相馬西間、阿武隈東 - 阿武隈間、霊山 - 福島間の3区間、約20キロについて10年以内の完成を目指す方針である。

下記のとおり尾花沢市 - 横手市間は国土開発幹線自動車道の予定路線には含まれているものの高速自動車国道の路線指定は受けておらず、全区間が国土開発幹線自動車道に並行する一般国道自動車専用道路国道13号)として整備される方針である。2013年度にそれまで未事業化区間であった昭和 - 金山、及位 - 上院内、下院内 - 雄勝こまちの3区間が「計画段階評価を進めるための調査」を行う区間に指定され[2]、全区間が調査区間以上に位置づけられることになった[3]

なお、当線内に給油所付きSA・PAは一切無い。

法定路線名[編集]

国土開発幹線自動車道[編集]

国土開発幹線自動車道の路線名は東北中央自動車道である。起点で常磐自動車道、福島市付近で東北縦貫自動車道(営業路線名は東北自動車道)に、山形市付近で東北横断自動車道酒田線(営業路線名は山形自動車道)、終点で東北横断自動車道釜石秋田線(営業路線名は秋田自動車道)に接続する。

起点 主たる経過地 終点
相馬市 福島市付近 米沢市付近 山形市付近 新庄市付近 横手市

高速自動車国道[編集]

高速自動車国道の路線名は東北中央自動車道相馬尾花沢線である。

起点 重要な経過地 終点
相馬市 伊達市 福島市 米沢市 山形県東置賜郡高畠町 南陽市 上山市 山形市 天童市 東根市 村山市 尾花沢市

通過市町村[編集]

接続高速道路[編集]

インターチェンジなど[編集]

道路名 IC番号 施設名 接続路線名 起点から
(km)
備考 所在地
国道115号
相馬福島道路[4]
相馬西道路
- 相馬IC 常磐自動車道
国道115号
0.0 福島方面、2018年度開通予定[5] 福島県 相馬市
- 相馬西IC 国道115号 6.0 福島方面、2016年度開通予定[6]
国道115号
相馬福島道路
阿武隈東道路
- 阿武隈東IC 国道115号 16.7 相馬方面、2016年度開通予定[6]
国道115号
相馬福島道路
- 阿武隈IC 国道115号 21.7 2017年度開通予定[5] 伊達市
国道115号
相馬福島道路
霊山道路
- 霊山IC 国道115号 33.7 相馬方面、2017年度開通予定[5]
国道115号
相馬福島道路
- 福島保原線IC 県道4号福島保原線 - 事業中
- 国道4号IC 国道4号 -
- 福島北JCT 東北自動車道 45.9 桑折町
この間東北自動車道と重複
東北中央
自動車道

新直轄
- 福島JCT 東北自動車道 (0.0) 2017年度開通予定[6] 福島市
- 福島TB -
- 大笹生IC 県道5号上名倉飯坂伊達線 (1.9)
- 栗子TN - -
山形県 米沢市
- 米沢IC 国道13号 (28.3)
- 米沢中央IC -
米沢北IC 国道13号(米沢バイパス (37.3)
国道13号
米沢南陽道路
有料
南陽高畠IC 国道13号(南陽バイパス
国道113号赤湯バイパス
(46.1) 高畠町
東北中央
自動車道

有料
- 南陽PA[7] - 2018年度開通予定 南陽市
- 上山南IC 国道13号、国道458号 (61.4) 上山市
6 山形上山IC 国道13号(山形バイパス (70.5)
- 山形PA - 2018年度供用開始予定[8][9] 山形市
7 山形中央IC 県道18号山形朝日線 (80.9)
6 山形JCT 山形自動車道 (86.0)
8 天童IC 県道23号天童大江線 (92.6) 天童市
- 天童TB - 計画中
9 東根IC 国道287号 (97.6) 東根市
東北中央
自動車道

(新直轄)
- 東根北IC - 随時公表予定[6]
- 村山IC 県道25号寒河江村山線 (105.5) 村山市
- 村山北IC -
- 村山大石田IC (115.6) 2017年度開通予定[6]
- 尾花沢IC 国道347号 (120.9) 2014年度開通予定[5] 尾花沢市
国道13号
尾花沢新庄道路
野黒沢IC 国道13号 (124.9) 横手方面
尾花沢北IC
道の駅尾花沢
国道13号 (127.9)
川原子IC 国道13号 (131.8) 横手方面
舟形IC 県道56号新庄舟形線 (135.4) 舟形町
新庄IC 国道47号新庄南バイパス
県道34号新庄戸沢線
(140.1) 新庄市
国道13号
新庄北道路
新庄北IC 県道308号曲川新庄線 (144.8)
国道13号
泉田道路
- 泉田IC 県道319号赤坂真室川線 (153.0) 2020年度開通予定
この間計画中(調査区間)[2]
金山町
国道13号
主寝坂道路
金山IC 国道13号 (0.0) 暫定出入口
外沢IC 国道13号 (4.9) 横手方面
及位IC 国道13号 (9.9) 暫定出入口 真室川町
この間計画中(調査区間)[2]
秋田県 湯沢市
国道13号
院内道路
- 上院内IC 国道13号 (0.0) 2016年度開通予定[6]
- 下院内IC 国道13号 (3.0)
この間計画中(調査区間)[2]
国道13号
湯沢横手道路
(湯沢IC-横手
IC間有料
雄勝こまちIC 国道13号 (0.0)
須川IC 県道51号湯沢栗駒公園線 (3.6)
三関IC 国道13号 (9.1)
- 救急車緊急退出路[10] 雄勝中央病院に接続 (11.0) 横手方面
湯沢IC 国道398号 (13.1)
- 十文字TB (20.5) 横手市
十文字IC 国道13号 (20.9)
秋田道分岐 秋田自動車道 (26.7)
3 横手IC 国道13号 (27.4) 料金所・出入口

トンネルと橋[編集]

  • 括弧内の数字は凡そ。
  • 未開通区間の名称は仮称。
  • 暫定2車線なのでトンネルは上下線で1本 。
区間
(道路名)
名称 長さ
(m)
備考
TN BR
相馬IC-福島北JCT間は相馬福島道路を参照
福島JCT-大笹生IC[11] 0 2 八反田川橋 70
野寺内橋 38
大笹生IC-米沢IC[11] 9 15 月崎こ道橋 34
北八反田川橋 25
大笹生トンネル 2,089
小川橋 243
沖根山トンネル 919
新高平トンネル 499
新杉ノ沢橋 57
杉の平トンネル 217
中野第一橋 754
中野トンネル 476
中野第二橋 315
新長老沢1号橋 76
新長老沢2号橋 168
新長老沢3号橋 208
新長老沢4号橋 116
大滝トンネル 353
新西川橋 77
栗子トンネル 8,975 危険物積載車
通行禁止
粟子川橋 42
刈安川橋 57
刈安高架橋 166
水窪第一トンネル 384
水窪第二トンネル 243
梓山橋 30
米沢IC-(米沢中央IC)
-米沢北IC[11]
0 9 万世高架橋 336 米沢中央IC
設置許可前
の設計
金谷橋 44
元立橋 37
米沢大橋 448
前川原こ道橋 25
中田高架橋 70
中田こ道橋 40
藤泉橋 20
小瀬橋 46
米沢北IC-南陽高畠IC
米沢南陽道路
0 (2) (最上川橋) 214
(屋代川橋) (?)
南陽高畠IC-南陽PA (?) (?) 不明
南陽PA-上山南IC (?) (?)
上山南IC-山形上山IC (?) (?)
山形上山IC-山形中央IC 0 (2) (須川橋) (?) その1
(須川橋) (?) その2
山形中央IC-山形JCT 0 (?) 不明
山形JCT-天童IC 0 (2) (白川橋) (?)
(立谷川橋) (?)
天童IC-東根IC 0 (1) (乱川橋) (?)
東根IC-東根北IC (?) (?) 不明
東根北IC-村山IC (?) (?)
村山IC-村山北IC (?) (?)
村山北-村山大石田IC (?) (?)
村山大石田IC-尾花沢IC (?) (?)
尾花沢IC-野黒沢IC[12]
尾花沢新庄道路
0 2 丹生川橋 (?)
野黒沢高架橋 (?)
野黒沢IC-尾花沢北IC[12]
(尾花沢新庄道路)
0 2 福原こ道橋 (?)
八鍬沢大橋 (?)
尾花沢北IC-川原子IC[12]
(尾花沢新庄道路)
0 3 上の原こ線橋 (?)
名木沢大橋 (?)
川原子こ道橋 (?)
川原子IC-舟形IC
(尾花沢新庄道路)
1 1 舟形トンネル 1,368
舟形大橋 310 小田川
舟形IC-新庄IC
(尾花沢新庄道路)
0 4 柏木山こ道橋 (?)
新庄内川橋 143
大谷地こ道橋 (?)
鳥越八幡橋 45
新庄IC-新庄北IC[13]
新庄北道路
0 7 鳥越こ道橋 (?) 仮称
新庄高架橋 (?)
松本こ道橋 (?)
升形川橋 (?)
宮内こ道橋 (?)
指首野川橋 (?)
十日町こ線橋 (?)
新庄北IC-昭和IC
泉田道路
(?) (?) 設計中
この間計画中(調査区間)
金山IC-外沢IC[14]
主寝坂道路
0 3 中田前坂橋 (?) 仮称
高堂不動橋 (?)
外沢こ道橋 (?)
外沢IC-真室川IC[14]
(主寝坂道路)
1 4 八森橋 (?)
丸森橋 (?)
新主寝坂トンネル 2,944 銘板の表示は
2,940(m)
水上橋 (?)
及位楯山橋 (?)
この間計画中(調査区間)
上院内IC-下院内IC[15]
院内道路
2 3 新雄勝川橋 59.8
上院内トンネル 1,585
院内小沢橋 29.6
潤ノ沢高架橋 179.0
下院内トンネル 1,098
この間計画中(調査区間)
雄勝こまちIC-須川IC[16]
湯沢横手道路
0 3 寺田川橋 26.0
御返事川橋 18.8
高松川橋 140.0
須川IC[16]
(湯沢横手道路)
0 1 湯沢栗駒公園線橋 24.0
須川IC-三関IC[16]
(湯沢横手道路)
0 4 麓沢川橋 18.7
立川橋 19.3
戸沢川橋 28.0
三関こ線橋 134.0
三関IC[16]
(湯沢横手道路)
0 1 関口こ道橋 119.5
三関IC-湯沢IC[16]
(湯沢横手道路)
0 8 大門こ道橋 19.0
山田こ道橋 21.0
中野こ道橋 24.0
駅西こ道橋 33.0
清水こ道橋 31.0
両神3号こ道橋 17.0
元清水こ道橋 25.0
沖鶴こ道橋 24.0
湯沢IC[16]
(湯沢横手道路)
0 1 湯沢I.C.橋 39.0
湯沢IC-(十文字TB)
-十文字IC[16]
(湯沢横手道路)
0 4 (橋) 55.0
(橋) 33.5
(橋) 33.3
皆瀬川橋 320.5
十文字IC[16]
(湯沢横手道路)
0 1 十文字I.C.橋 38.5
十文字IC-秋田道分岐[16]
(湯沢横手道路)
0 1 御休橋 24.4
秋田道分岐-横手IC[16]
(湯沢横手道路)
0 0 - -

歴史[編集]

道路管理者[編集]

  • 東日本高速道路東北支社 : 米沢北IC-東根IC
  • 東北地方整備局(受託は、東日本高速道路東北支社)
    • 福島河川国道事務所 : 福島JCT-福島県・山形県境
    • 山形河川国道事務所 : 福島県・山形県境-米沢北IC、東根IC-尾花沢IC

ハイウェイラジオ・道路情報ラジオ[編集]

  • (不明)

車線・最高速度[編集]

区間 車線
上下線=上り線+下り線
最高速度
米沢北IC-南陽高畠IC 2=1+1 70km/h
山形上山IC-東根IC

交通量[編集]

平日24時間交通量(台)(上下合計)[18][19]

料金 区間 平成17年度
(2005年度)
平成22年度(2010年度) 備考 所在地
台数 混雑度
福島・相馬方面未開通 福島県
有料 米沢北IC-南陽高畠IC 2,835 14,550 0.85 米沢南陽道路 山形県
この間未開通
山形上山IC-山形中央IC 2,259 10,833 0.84
山形中央IC-山形JCT 4,653 21,503 1.54
山形JCT-天童IC 3,697 15,157 1.11
天童IC-東根IC 2,934 11,128 0.77
無料 この間未開通
野黒沢IC-野黒沢北IC 未観測 未観測 尾花沢新庄道路
野黒沢北IC-川原子IC
川原子IC-舟形IC 13,263 13,496 1.15
舟形IC-新庄IC 13,678 0.85
新庄IC-新庄北IC 未開通 未開通 新庄北道路
この間未開通
金山IC-外沢IC 未開通 3,554 0.56 主寝坂道路
外沢IC-及位IC
この間未開通
秋田県
雄勝こまちIC-須川IC 未開通 7,215 0.57 湯沢横手道路
須川IC-三関IC 8,952 0.72
三関IC-湯沢IC 3,785 7,896 0.61
有料 湯沢IC-十文字IC 3,737 10,256 0.66
十文字IC-秋田道分岐 6,059 15,875 0.95
秋田道分岐-横手IC 21,118 22,336 1.06

2002年度 区間別平日平均交通量(台)[20]

  • 山形上山IC-東根IC : 2,107

開通予定年度[編集]

※は高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路

  • ※相馬西IC-阿武隈東IC : 2016年度[6]
  • 福島JCT-米沢北IC : 2017年度[6]
  • 南陽高畠IC-山形上山IC : 2018年度
  • 村山大石田IC-尾花沢IC : 2017年度[6]
  • ※尾花沢IC-野黒沢IC (国道13号 尾花沢新庄道路) : 2015年度[6]
  • ※新庄北IC-泉田IC (国道13号 泉田道路) : 2020年度(2012年工事開始)
  • ※上院内-下院内 (国道13号院内道路) : 2016年度[6]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大畠大臣会見要旨”. 国土交通省 (2011年7月22日). 2011年8月4日閲覧。
  2. ^ a b c d 東北地方整備局平成25年度当初予算 (PDF) (国土交通省東北地方整備局2013年5月16日付発表、同年5月19日閲覧)
  3. ^ “東北中央道の縦貫に道筋 新庄以北3区間の調査へ”. 山形新聞. (2013年5月16日). http://yamagata-np.jp/news/201305/16/kj_2013051600337.php 2013年5月19日閲覧。 
  4. ^ 復興道路「阿武隈東道路」建設中!!(平成24年5月発行) (PDF)”. 国土交通省東北地方整備局磐城国道事務所. p. 1. 2012年6月5日閲覧。
  5. ^ a b c d 平成26年度予算を踏まえた道路事業の見通しについて (PDF) (東北地方整備局2014年4月25日プレスリリース、2014年4月26日閲覧)
  6. ^ a b c d e f g h i j k 平成25年度予算を踏まえた道路事業の見通しについて (PDF) (東北地方整備局2013年6月14日プレスリリース、同日閲覧)
  7. ^ http://www.e-nexco.co.jp/company/info_public/committee/h23/1216/pdfs/reference04-4.pdf
  8. ^ 高速道路利便施設の連結に関する情報提供(東日本高速道路株式会社管理分) (PDF)”. 日本高速道路保有・債務返済機構 (2013年12月17日). 2013年12月28日閲覧。
  9. ^ 東北中央自動車道山形上山〜東根間(案) (PDF)”. 東日本高速道路 (2008年2月29日). 2013年12月28日閲覧。
  10. ^ 湯沢横手道路において救急車退出路を8月1日より運用開始します。”. 国土交通省 東北地方整備局 湯沢河川国道事務所(記者発表資料) (2005年7月21日). 2012年1月3日閲覧。
  11. ^ a b c http://www.thr.mlit.go.jp/fukushima/touhoku_chuuou/img/map_l.jpg
  12. ^ a b c http://www.thr.mlit.go.jp/yamagata/business/road/obashin/index.html
  13. ^ http://www.thr.mlit.go.jp/yamagata/business/road/shinjokita/index.html
  14. ^ a b http://www.thr.mlit.go.jp/yamagata/business/road/syune/
  15. ^ http://www.thr.mlit.go.jp/yuzawa/02_miti/kouji/innai2/index.htm
  16. ^ a b c d e f g h i j http://www.thr.mlit.go.jp/yuzawa/04_jimusyo/pamphlet/pdf/miti/do_yuzawayokotekansei.pdf
  17. ^ “東北管内で新たに6箇所のインターチェンジが整備されます” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省 東北地方整備局, (2012年4月20日), http://www.thr.mlit.go.jp/bumon/kisya/kisyah/images/40267_1.pdf 2013年5月29日閲覧。 
  18. ^ 平成22年度道路交通センサス 一般交通量調査 箇所別基本表(山形県) (PDF)”. 国土交通省道路局. p. 1, 5. 2012年6月5日閲覧。
  19. ^ 平成22年度道路交通センサス 一般交通量調査 箇所別基本表(秋田県) (PDF)”. 国土交通省道路局. p. 5. 2012年6月5日閲覧。
  20. ^ 2003年度JH年報

参考文献[編集]

  • 東北中央自動車道”. 国土交通省 東北地方整備局 湯沢河川国道事務所. 2011年6月15日閲覧。 - 国土開発幹線自動車道としての東北中央自動車道について記載
  • 東北中央自動車道 概要 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局 福島河川国道事務所. 2011年6月15日閲覧。 - 国土開発幹線自動車道、および高速自動車国道としての東北中央自動車道について記載

関連項目[編集]