東屋トン子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

東屋 トン子(あずまや とんこ)は、元タカラジェンヌ宝塚歌劇団卒業生。日本の映画女優。日本初の「サザエさん女優」としてのみ知られる。東京都出身[1]。宝塚少女歌劇団在団時の愛称はトンちゃん[2]

来歴・人物[編集]

旧芸名は東屋鈴子(あずまや・すずこ)。東京市富士見尋常小学校(現・千代田区立富士見小学校)卒業後[2]1935年に、宝塚少女歌劇団(現・宝塚歌劇団)に入団。宝塚歌劇団25期生となる。宝塚少女歌劇団在団中は月組と雪組に一時期配属されていた。同期生に深緑夏代(入団時は深緑夏子)、朝雲照代東風うらゝ(改名後は宮城千賀子)、日高澄子萬代峯子谷間小百合出雲國子らがいる。

趣味は歌劇見学[1]。好きな食べ物はサンドイッチ[1]。宝塚歌劇団での友人は野分若菜[1]

1946年に宝塚歌劇団を退団した後に、同期生である宮城千賀子が立ち上げた「劇団なでしこ」の団員となった。(ちなみに宮城は後述する多くの作品に東屋と共演している。)

1947年(昭和22年)、マキノ芸能社傘下のマキノ映画第一号、短編映画『ゴムまり』、後に長編映画の『暗黒街の天使』に出演する。ちなみに芸名の「トン子」は『ゴムまり』出演時の役名「トンちゃん」から取っている。

1948年(昭和23年)、同じくマキノ映画が製作、松竹が配給した『サザエさん(前後篇)』で主演に抜擢される。その理由は「(原作の)漫画に最も酷似していたから」ということだった。

この映画での演技が評価され、1950年(昭和25年)には『サザエさん のど自慢歌合戦』(製作東洋スタジオ、配給大映)にも出演した。非常に眉毛が濃いことで知られた。

これ以降は活動の記録はなく、消息不明である。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『エスエス』、東宝発行所、1939年6月号
  2. ^ a b 『エスエス』、東宝発行所、1938年2月号