東金インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
東金インターチェンジ
料金所
料金所
所属路線 千葉東金道路
IC番号 6(ジャンクションは5-1)
料金所番号 (第一料金所)03-101
本線標識の表記 東金 茂原 八街
起点からの距離 16.1km(千葉東IC起点)
山田IC (2.2km)
所属路線 首都圏中央連絡自動車道
IC番号 101(ジャンクションは100)
料金所番号 (第二料金所)03-100
本線標識の表記 東金
起点からの距離 50km(木更津JCT起点)
山武成東IC (8.7km)
(10.9km) 茂原北IC
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0126.svg国道126号
供用開始日 1979年3月8日
通行台数 X台/日
所在地 283-0823(第一料金所)
〒283-0826(第二料金所)
千葉県東金市山田222-1(第一料金所)
千葉県東金市丘山台1丁目15-1(第二料金所)
テンプレートを表示

東金インターチェンジ(とうがねインターチェンジ)は、千葉県東金市にある千葉東金道路首都圏中央連絡自動車道(圏央道)のインターチェンジであり、また双方のジャンクションでもある。

千葉東金道路の開通当初は当ICが起・終点であった名残で、千葉東金道路は第一料金所を介して国道126号と直接接続する形状となっているが、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)は、第一料金所手前左手の第二料金所から進入する形状となっている。

東金ジャンクション(千葉東金道路側)
東金ジャンクション(圏央道側)

歴史[編集]

周辺[編集]

  • 八幡神社
  • 六所神社
  • 東金市立丘山小学校

接続する道路[編集]

[編集]

千葉東金道路
(5)山田IC - (5-1)東金JCT/(6)東金IC
首都圏中央連絡自動車道
(94)山武成東IC - (100)東金JCT/(101)東金IC - (102)茂原北IC

脚注[編集]

  1. ^ 2012年12月3日, 記者発表資料 首都圏中央連絡自動車道(東金市~木更津市間)のインターチェンジ等の名称が決定しました, 国土交通省 関東地方整備局 千葉国道事務所、東日本高速道路(株) 関東支社 木更津工事事務所 (PDF) , 2012年12月5日閲覧
  2. ^ 圏央道の東金JCTから木更津東IC間が開通します”. 国土交通省関東地方整備局千葉国道事務所、東日本高速道路株式会社 関東支社 (2013年2月21日). 2017年1月9日閲覧。
  3. ^ 千葉東金道路 東金JCT〜松尾横芝IC間道路名称の変更のお知らせ 〜4月27日 千葉東金道路から圏央道に名称を変更します〜”. 東日本高速道路株式会社 関東支社 (2013年2月21日). 2017年1月9日閲覧。

関連項目[編集]