松井康子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
まつい やすこ
松井 康子
本名 同じ
別名義 牧 和子(まき かずこ)
生年月日 (1939-10-03) 1939年10月3日(77歳)
出生地 東京府東京市世田谷区
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
ジャンル 女優
活動期間 1958年 -

松井 康子(まつい やすこ、1939年10月3日 - )は、日本女優。本名同じ。牧 和子(まき かずこ)の芸名でも活動した。

生い立ち[編集]

芸能界入り[編集]

  • 1958年の秋、通院していたかかりつけの歯科医松竹の嘱託医であったことが縁で、松竹社長城戸四郎にスカウトされる。大学を中退し松竹に入社。
  • 1959年内川清一郎監督の映画『パイナップル部隊』でデビュー。当初は大部屋女優で、デビュー作となった同作品でも端役であった。
  • その後も松竹の脇役女優として活動。1960年には『江戸の顔役』・『流転』、1961年には『背徳のメス』・『風来先生』、1963年には『港に消えたあいつ』等にいずれも脇役として出演した。

ピンク映画の女王[編集]

  • 1963年若松孝二が助監督を務めたテレビドラマに出演した後、若松に国映映画への出演を請われる。同年「牧和子」の芸名を名乗り、若松監督作品『おいろけ作戦 第一部 プレイガール』でピンク映画にデビュー、初主演を果たした。
  • 1964年には小川欽也(小川和久)監督の『妾』に「牧和子」名義で出演。同作品は大ヒットとなる。
  • たて続けに国映映画に出演しヒット作を得て、山本富士子似と言われた純和風の美貌と豊満な肉体が評判になる。一方当時松井は松竹に所属していたことから、五社協定による規制の下、松竹側がこれを問題視。結局松井は松竹を退社した。
  • 以後フリーで活動。国映には「牧和子」名義で、他社作品には松井康子の本名で出演するようになった。
  • 150本以上のピンク映画に出演し、ピンク映画女優のパイオニア的存在となる。「ピンク映画の女王」と称され人気女優となった。

一般作品への出演[編集]

ピンク映画以外の一般作品にも各社をまたにかけて多数出演した。

  • 1968年今村昌平監督に請われ、同監督作品『神々の深き欲望』に出演した。兄と近親相姦する妹役を兄役の三国連太郎とともに演じた。
  • 1970年代に入ると徐々に肥満となり、一時の美貌は失われたものの、一方で体型の変化から存在感を増し、1972年の『鏡の中の野心』等に出演した。また自らピンク映画の監督を務めることもあった。
  • 1976年には大島渚監督の日仏合作映画『愛のコリーダ』に「『田川』のおかみ」役で出演。
  • 1977年、『肉体の悪魔』では娼婦役を演じた。

自然引退[編集]

  • その後はテレビドラマ日活ロマンポルノなどに出演したが、加齢と過度の肥満が重なり、次第に芸能活動を縮小していった。
  • 1980年代以降は公の場に姿を見せることもなくなり、芸能界を自然引退した形となっている。

その他の活動[編集]

  • 1966年の秋、東京都墨田区錦糸町スナックを開店した。
  • 1970年前後にブームとなったボウリングを趣味とし、選手権大会に出場するほどの腕前であった。
  • ピンク映画監督の小林悟との熱愛も話題となった。
  • 風俗雑誌・お色気雑誌誌上にも多数登場した。
  • 2012年2月16日戦後復興のための裏金とされ、実態不明の「M資金」を運用しているなどと資産家を装って高知県土佐清水市に住む男性に近づき、海外への渡航費用として200万円をだまし取ったとして詐欺の疑いで高知県警に逮捕された。本人は容疑を否認している[1]。2012年3月6日、処分保留で釈放となった当日に、やはり詐欺容疑で高知県警に再逮捕された[2]。2012年3月27日、高知地検に詐欺罪で起訴された[3]。2006年と2007年に、中国とシンガポールへの渡航費用として計430万円を詐取した容疑であった[3]。2012年8月24日、高知地裁で懲役2年8月(求刑懲役4年)の実刑判決を言い渡された[4]

出演作品[編集]

映画[編集]

  • パイナップル部隊 (1959年 松竹)
  • 晴れ姿勢揃い 剣侠五人男 (1959年 松竹)
  • 江戸の顔役 (1960年 松竹)
  • 流転 (1960年 松竹)
  • 背徳のメス (1961年 松竹)
  • 風来先生 (1961年 松竹)
  • 港に消えたあいつ (1963年 松竹)
  • おいろけ作戦 第一部 プレイガール (1963年 国映)
  • 妾 (1964年 国映)
  • 白日夢 (1964年 松竹)
  • 続・妾 (1964年 国映)
  • くノ一化粧 (1964年 東映)
  • 黒い雪 (1965年 日活
  • 源氏物語1966年 日活)
  • 神々の深き欲望1968年 日活)
  • やくざ渡り鳥 悪党稼業 (1969年 日活)
  • 夜をひらく 女の市場 (1969年 日活)
  • 温泉こんにゃく芸者 (1970年 東映
  • 色暦大奥秘話 (1971年 日活)
  • 温泉みみず芸者 (1971年 東映)
  • GOOD-BYE (1971年 日活)
  • 恐怖女子高校 女暴力教室 (1972年 東映)
  • エロ将軍と二十一人の愛妾 (1972年 東映)
  • 鏡の中の野心 (1972年 松竹)
  • 東京-ソウル-バンコック 実録麻薬地帯1973年 東映)
  • やくざと抗争 実録安藤組 (1973年 東映)
  • 色魔狼 (1973年 東映 )
  • 恐怖女子高校 不良悶絶グループ (1973年 東映)
  • 実録・私設銀座警察 (1973年 東映)
  • 暴力街 (1974年 東映)
  • 直撃地獄変 大逆転 (1974年 東映)
  • 新・団地妻 夫婦交換 (1975年 日活)
  • 喜劇 特出しヒモ天国 (1975年 東映)
  • 脱走遊戯 (1976年 東映) - 小泉看守
  • 愛のコリーダ (1976年 東宝東和
  • キンキンのルンペン大将 (1976年 東映)
  • 狂った野獣 (1976年 東映)
  • はだしのゲン (1976年 共同映画)
  • 肉体の悪魔 (1977年 日活)
  • 若妻日記 悶える (1977年 日活)
  • 性と愛のコリーダ (1977年 日活)
  • 高校エロトピア 赤い制服 (1979年 日活)
  • 宇能鴻一郎の濡れて開く (1979年 日活)
ほか多数

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 本人と出演作品について
    • 『現代日本映画人名事典』(女優篇)「松井康子」の項 2011年 キネマ旬報社
    • 『日本映画人名事典』(女優篇下巻)「松井康子」の項 1995年 キネマ旬報社編
    • 『日本映画俳優全集』(女優編)「松井康子」の項 1980年 キネマ旬報社編
  • 家族・親族について
    • 『平成新修旧華族家系大成』』(上巻)「小笠原」の項 1996年 霞会館諸家資料調査委員会編纂 吉川弘文館刊行
    • 『昭和新修華族家系大成』(上巻)「小笠原」の項 1982年 霞会館諸家資料調査委員会編纂 吉川弘文館刊行

関連項目[編集]