松内則三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
まつうち のりぞう
松内 則三
プロフィール
出身地 日本の旗 日本東京府(現:東京都
生年月日 1890年7月28日
没年月日 1972年1月31日(満81歳没)
最終学歴 慶應義塾大学理財科
勤務局 NHK東京中央放送局
職歴 日本電灯→NHK
活動期間 1925年 - 1950年
ジャンル スポーツ中継
出演番組・活動
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

松内 則三(まつうち のりぞう、1890年7月28日 - 1972年1月31日)は、日本の昭和時代に活動したアナウンサー。日本におけるスポーツ中継の実況アナウンサーの草分け。大相撲東京六大学野球職業野球競馬などのスポーツ中継の実況アナウンスで人気となった。

来歴・人物[編集]

1890年7月28日東京府(現:東京都)で生まれる。大阪府立北野中学校(旧制)から慶應義塾大学理財科(現:経済学部)を経て日本電灯へ入社するが、1925年NHKへ入局してアナウンサーに転職。東京放送局に赴任した。

野球中継においては、「ピッチャー振りかぶりました」「打ちも打ったり取りも取ったり」というような、動作を表現する典型を数多く創造した[1]1929年秋季の六大学野球・早慶戦中継[2]の終わりで、「夕闇迫る神宮球場、ねぐらへ急ぐカラスが一羽、二羽、三羽……」と球場の風景を描写した[1][3]。このアナウンスは評判となり、再録[3]のSPレコード盤『早慶野球争覇戦』が1931年10月17日に発売され、15万枚の売り上げとなった[4]。松内は毎回、ゲームセットの際にこのアナウンスで終えることを恒例とした[1]

1928年の春場所から始まった大相撲の中継放送において、相撲の実況中継を日本の放送史上はじめて行った[5][6]。松内は当初「左四つ」「右四つ」の区別もつかないほどルールに無知だったため、國民新聞の記者・石谷勝を隣に座らせ、石谷が書いた決まり手の紙を松内が読むという実況方法をとった[6]。同場所は仕切りの制限時間が設けられた最初の本場所であった。初日は、力士たちが立ち合いに戸惑い、予想より早く取り組みが進んだ結果、午後5時20分からの放送時間の前に結びの一番以外の取り組みがすべて終了してしまったという[6]

松内の大相撲中継では、実況の合間に力士のしこ名にちなむ川柳狂歌をはさんだ。これは取り組みの前後や仕切りの際の間を埋めるために、桟敷席で観戦していた久保田万太郎久米正雄が即興で書いて松内に渡し、読み上げたのが最初であったという[6]。長い仕切りで知られた若葉山鐘が立ち上がった際の「若葉山もみじのころに立ち上がり」[1][5](久米作と伝わる[6])、常ノ花寛市が現役を引退した際の「いつまでも馥郁(ふくいく)と咲け常ノ花」などが知られる。

1932年4月17日に、目黒競馬場における帝室御賞典、4月24日に第1回東京優駿大競走(日本ダービー)の実況を務めた[7]。同年行われたロサンゼルスオリンピックでは現地・アメリカ合衆国へ赴き、初の海外から日本へ向けたオリンピック中継を行った[8]。その帰途、国際連盟総会の中継放送を担当するため、長くジュネーヴに滞在[8][9]

初のプロ野球中継放送となった1936年7月1日の日本職業野球連盟結成記念大会(巨人軍名古屋軍早稲田大学戸塚球場)では、和田信賢と掛け合うスタイルで実況を務めた[10]1940年頃に広島放送局放送部長。

その後はスポーツ中継の第一線から退いたものの、志村正順北出清五郎などのスポーツアナウンサーを育成した。戦後、仙台放送局長を務めたのを最後に勇退した。

1950年に、和田とともに開局直前の中部日本放送でアナウンス研修を行った。当時のNHKで1年費やす内容を半年で修めさせ、のちに同局で開局第一声を発する宇井昇らを育成した。

1972年1月31日に東京都内の病院で逝去、81歳没。

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 尾嶋義之『志村正順のラジオ・デイズ』(新潮文庫)pp.51-54
  2. ^ 東京六大学花の早慶戦 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  3. ^ a b 橋本一夫『日本スポーツ放送史』(大修館書店)pp.33-34
  4. ^ 倉田喜弘『日本レコード文化史』東京書籍(東書選書 124)、1992年、177頁。ISBN 4-487-72224-1。
  5. ^ a b 『日本スポーツ放送史』、pp.34-36, pp.109-110
  6. ^ a b c d e NHK編『放送の五十年 昭和とともに』日本放送出版協会、1977年 pp.33-34
  7. ^ 日本中央競馬会総務部(編集) 『日本中央競馬会20年史』、1976年、184頁。 
  8. ^ a b 『日本スポーツ放送史』、pp.44-51
  9. ^ 『日本スポーツ放送史』、p.56
  10. ^ 『日本スポーツ放送史』、pp.123-124

関連項目[編集]

  • 河西三省 - 松内と同時期に活躍したNHKアナウンサー。松内、中村茂とともに「ヤマ(=愛宕山)の三巨星」と呼ばれた。
  • 松田義郎 - 松内と同時期に活躍したNHKアナウンサー。