松尾横芝インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
松尾横芝インターチェンジ
所属路線 首都圏中央連絡自動車道
IC番号 93
料金所番号 (出入口)03-103・03-104
(本線)03-113
本線標識の表記 松尾 横芝
【銚子連絡道路】銚子 匝瑳
起点からの距離 66.1km(木更津JCT起点)
国道296号IC(仮称)(事業中)
(7.4km) 山武成東IC
所属路線 銚子連絡道路
起点からの距離 0.0km(松尾横芝IC起点)
(5.9km) 横芝光IC
接続する一般道 千葉県道62号成田松尾線
供用開始日 1998年(平成10年)3月30日[1]
通行台数 x台/日
所在地 289-1503
千葉県山武市松尾町谷津168-2
備考 現在、大栄JCT方面は未開通。
テンプレートを表示

松尾横芝インターチェンジ(まつおよこしばインターチェンジ)は、千葉県山武市にある首都圏中央連絡自動車道(圏央道)と銚子連絡道路インターチェンジである。圏央道東金方面への出入口のみのハーフインターチェンジとなっている。

事業中の大栄JCT方面開通の際には、ジャンクションとなる予定である[要出典]

山武市と横芝光町の市町境付近に位置しており、出口の信号を左折すると成田国際空港に、右折すると国道126号蓮沼海浜公園にアクセスできる。

銚子連絡道路開通以前は、県道と平面交差で接続していたが、銚子連絡道路開通時に線形改良が行われ、本線は県道と立体交差するように変更となった[要出典]

歴史[編集]

周辺[編集]

接続する道路[編集]

[編集]

首都圏中央連絡自動車道
国道296号IC(事業中) - (93)松尾横芝IC - (94)山武成東IC
銚子連絡道路
(93)松尾横芝IC - 横芝光IC

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “千葉東金道路 2期事業完成 きょう開通 混雑緩和に期待 東金IC~松尾横芝IC間”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 10-11. (1998年3月30日) 
  2. ^ “銚子連絡道路「松尾横芝IC-横芝光IC」きょう開通 山武・東総の活性化に期待 国道126号の渋滞緩和も アクセス強化に寄与 千葉県知事 堂本暁子”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 10-11. (2006年3月25日) 
  3. ^ 圏央道の東金JCTから木更津東IC間が開通します 国土交通省 関東地方整備局 千葉国道事務所・東日本高速道路株式会社関東支社 2013年2月21日 発表
  4. ^ 圏央道の東金JCTから木更津東IC間が開通します(第2報)〜 開通時刻について〜 国土交通省 関東地方整備局 千葉国道事務所・東日本高速道路株式会社関東支社 2013年3月19日 発表
  5. ^ 千葉東金道路 東金JCT〜松尾横芝IC間道路名称の変更のお知らせ 〜4月27日 千葉東金道路から圏央道に名称を変更します〜”. 東日本高速道路株式会社 関東支社 (2013年2月21日). 2017年1月9日閲覧。

関連項目[編集]