松山政路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
まつやま せいじ
松山 政路
本名 松山 省次
別名義 松山 省二
生年月日 (1947-05-21) 1947年5月21日(69歳)
出生地 日本の旗 日本東京都武蔵野市
身長 167cm
血液型 A型
職業 俳優
活動期間 1952年 -
配偶者 大谷直子1971年 - 1974年
紅景子1977年 - )
著名な家族 河原崎国太郎 (5代目)(父)
松山省三(祖父)
松山英太郎(兄)
松山愛佳(次女)
嵐広也(甥)
河原崎國太郎 (6代目)(甥)
芦田昌太郎(甥)
由夏(姪)
主な作品
怪奇大作戦

松山 政路(まつやま せいじ、旧名:松山 省次松山 省二1947年5月21日 - )は、日本俳優。本名:松山 省次

来歴・人物[編集]

父親は俳優の河原崎国太郎 (5代目)。祖父は画家の松山省三。兄は同じく俳優の松山英太郎。夫人は女優の紅景子。次女は文学座所属女優の松山愛佳。甥に嵐広也河原崎國太郎 (6代目)芦田昌太郎、姪に由夏がいる。

東京都武蔵野市吉祥寺出身。東京都立神代高等学校卒業。1952年、舞台『草青みたり』でデビュー。はじめ「省二」の芸名で読みは「せいじ」だったが、「しょうじ」と読まれるため、1979年に「政路」と改名した[1]

幅広い演技力の持ち主で、三枚目的なコメディリリーフから狂気的な犯人役まで、多彩な役柄を演じている。第13回菊田一夫演劇賞受賞。また、歌手や声優としても活躍。近年はNHKドラマへの出演の他、声優としてアニメ映画ぼくの孫悟空』やテレビアニメ『ブラック・ジャック21』など手塚治虫原作のアニメ作品にも出演した。

兄の松山英太郎が「大岡越前」第2部から第11部にわたり演じていた「猿(ましら)の三次」役を、第5部のみ政路(当時は松山省二名義)が演じた。当時、英太郎がプロデューサーへの転身を図り、一時的に引退していたためであった。 英太郎の死後、再び政路に三次役のオファーが来たが、政路は別の仕事とバッティングして(重なって)いたことと兄のおかげで仕事が入ったと陰口をきかれることが嫌で断ったという。これにより、三次は劇中でも殉職扱いとなった。 政路はそれよりさらに後の「水戸黄門」第24部第27話の2時間スペシャル(1996年4月1日)で、同時間枠ゆかりの重鎮俳優が多数特別出演したとき、その内の1人として出演している。ちなみに政路自身も、同時間枠でのレギュラーやゲストでの出演経験はある。 なお「大岡越前」には、最終回にあたる2時間スペシャル(2006年3月20日放映)に、英太郎の息子・芦田昌太郎が英太という岡っ引き役で出演した。 近年は日本俳優連合専務理事として俳優の資質向上・権利問題などにも力を尽くしている。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 草青みたり(1952年)
  • はなれ瞽女おりん(1984年)作:水上勉、演出:木村光一
  • 忠臣蔵 -いのち燃ゆるとき-(2007年)三田政吉追善公演

ナレーション[編集]

  • フーチャ 旋律のかなたへ…(2004年、KAERU CAFE)
  • 昭和のジュークボックス〜久世光彦マイ・ラスト・ソング(ラジオ日本

バラエティ[編集]

声の出演[編集]

DVD出演[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本映画人名事典 男優篇 下巻』 1996年 キネマ旬報社 ISBN 4873761891 P656。
  2. ^ ぼくの孫悟空”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月21日閲覧。
  3. ^ ブラック・ジャック21”. メディア芸術データベース. 2016年8月4日閲覧。