松本清張賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

松本清張賞(まつもとせいちょうしょう)は、松本清張の業績を記念して、各年の良質な長篇エンターテインメント小説を表彰する(第11回以降。第10回以前に関しては後述。)公募の文学賞。公益財団法人日本文学振興会が主催、文藝春秋が運営する。

概要[編集]

選考会は各年4月に開催され、受賞作は『オール讀物』6月号誌上で発表される。贈呈式は6月に開催され、受賞者には正賞として時計、副賞として500万円が授与される。また、受賞作は文藝春秋から単行本として刊行される。

第1回(1994年)から第5回(1998年)までは短編を募集していたが、第6回(1999年)からは長篇作品を募集している。また、当初は「広義の推理小説又は、歴史・時代小説」を対象にしていたが、第11回(2004年)以降は「ジャンルを問わぬ良質の長篇エンターテインメント小説」を対象としている。

2016年現在の選考委員は石田衣良角田光代中島京子葉室麟三浦しをんの5名。

受賞作一覧[編集]

第1回から第5回[編集]

  • 短編(推理小説または歴史・時代小説)を募集。
  • 受賞作は同題の短編集に収録され、文藝春秋より刊行されている。
回(年) 応募総数 受賞者 受賞作
第1回(1994年度) 1136編 受賞 葉治英哉 「〈犭+又〉物見隊顛末」
候補 乙川優三郎 「穴惑い」
高橋直樹 「悲刃」
永井義男 「螢狩り殺人事件」
松浪和夫 「キャデイヴァー・ドナー」
柚木亮二 「昏い通路」
若松忠男 「セピア色の視線」
第2回(1995年度) 805編 受賞作なし
佳作 岡島伸吾 「さざんか」
候補 青山瞑 「石の絆」
佐々木基成 「源五憂悶」
清水風慈 「影踏み」
霜月烈 「寒月」
村雨貞郎 「人食い」
第3回(1996年度) 861編 受賞 森福都 「長安牡丹花異聞」
候補 伊藤日出造 「作左衛門の出府」
岡田義之 「月待岬」
永井義男 「天保糞尿伝」
柚木亮二 「一億三千万円のアリバイ」
佐々木基成 「仙十郎の義」
第4回(1997年度) 755編 受賞 村雨貞郎 「マリ子の肖像」
候補 柚木亮二 「逆転無罪」
佐佐木邦子 「オシラ祭文」
松浦潤一郎 「流罪」
第5回(1998年度) 770編 受賞 横山秀夫 陰の季節
候補 新井政彦 「シリウスの雨」
河井良夫 「代役」
竹内大 「公事だくみ」
大内曜子 「理由」

第6回から第10回[編集]

  • 長編(推理小説または歴史・時代小説)を募集。
回(年) 応募総数 受賞者 受賞作 初刊 文庫化
第6回(1999年度) 299編 受賞 島村匠 「芳年冥府彷徨」 1999年6月
候補 桜井正雄 「夢の男」
大野由布 「汚れた白衣」
潮田重八郎 「朱い渦」
第7回(2000年度) 378編 受賞 明野照葉 「輪(RINKAI)廻」 2000年6月 2003年11月
候補 飯倉章 「ペルソナたちの夏」
大野由布 「緑の剣」
三咲光郎 「曠野の涯て」
第8回(2001年度) 314編 受賞 三咲光郎 「群蝶の空」 2001年6月
候補 大野由布 「異植」
北重人 「蒼火」 2005年11月 2008年11月
六車脩平 「Xの恋人」
第9回(2002年度) 286編 受賞 山本音也[注 1] 「ひとは化けもん
われも化けもん」[注 2]
2002年6月 2005年8月
候補 福井康雄 「毒婦伝説」
六車脩平 「ハーフ・ムーン」
山下一二三 「長安の古文書」
第10回(2003年度) 347編 受賞 岩井三四二 「月ノ浦惣庄公事置書」 2003年6月 2006年4月
候補 大石直紀 「ファルナースに捧ぐ」 2004年11月[注 3]
高橋俊一 「雪の黒白」
矢元竜 「火縄銃」

第11回以降[編集]

  • 長編エンターテインメント作品を募集。
回(年) 応募総数 受賞者 受賞作 初刊 文庫化
第11回(2004年度) 892編 受賞 山本兼一 火天の城 2004年6月 2007年6月
候補 北重人 「天明、彦十店始末」 2004年12月[注 4] 2008年1月
田村正之 「夏の光」
樋上拓郎 「そしてクジラは眠る」
第12回(2005年度) 582編 受賞 城野隆 「一枚摺屋」 2005年6月 2008年6月
候補 北林一光 「幻の山」[注 5] 2007年11月[注 6] 2010年12月[注 7]
倉石歩 「プリテンダー」
桜木紫乃 「霧灯」
第13回(2006年度) 397編 受賞 広川純 「一応の推定」 2006年6月 2009年6月
候補 指方恭一郎 「商寇一人なり」
廣瀬昇 「狙撃兵」
山田健 「東京北目黒 エンガチョ自然農園」
第14回(2007年度) 393編 受賞 葉室麟 銀漢の賦 2007年7月 2010年2月
候補 荒川勝利 「空の青さを君は知らない」
指方恭一郎 「擾乱の花」
達了 「ルトラ」
第15回(2008年度) 378編 受賞 梶よう子[注 8] 「一朝の夢」[注 9] 2008年6月 2011年10月
候補 奥山景布子 「びいどろの火」 2011年5月
桜坂豪 「光は闇を好むとて」
松田美智子 「海馬の恋」
第16回(2009年度) 410編 受賞 牧村一人 「アダマースの饗宴」[注 10] 2009年7月 2012年12月[注 11]
候補 本城雅人 「ノーバディーノウズ」 2009年8月 2013年1月
三好昌子 「朧烏」
村木嵐 「春の空風」
第17回(2010年度) 472編 受賞 村木嵐 「マルガリータ」 2010年6月 2013年6月
候補 伊兼源太郎 「花火の痕」
指方恭一郎 「臥龍」
立花水馬 「天上に鳴る金剛鈴」
第18回(2011年度) 426編 受賞 青山文平 「白樫の樹の下で」 2011年6月 2013年12月
候補 小嶋貴裕 「このはなのさく」
立花水馬 「海翔ける」
丸山正樹 「デフ・ボイス」 2011年7月[注 12]
第19回(2012年度) 521編 受賞 阿部智里 「烏に単は似合わない」 2012年6月 2014年6月
候補 沢村鐵[注 13] 「フロスティ・グレイの肖像」
増山実 「いつの日か来た道」 2013年12月[注 14]
三好昌子 「空蝉の夢」
第20回(2013年度) 595編 受賞 山口恵以子 「月下上海」 2013年6月 2015年6月
候補 黒澤主計 「スリップリー・スロープ」
三宅登茂子 「聖天供養」
三好昌子 「群青の闇」
第21回(2014年度) 588編 受賞 未須本有生[1] 「推定脅威」 2014年6月 2016年6月
候補 赤神諒 「猛き名をとどめん」
佐藤友美 「鰹島十景」
三宅登茂子 「二百年の輪廻」
第22回(2015年度) 608編 受賞 額賀澪 「屋上のウインドノーツ」[注 15] 2015年6月 2017年6月
候補 榎本まう 「所詮、ガス栓に火を
点けるだけの人生」
柳井政和 「T2」
隆麻生 「怨空華」
第23回(2016年度) 709編 受賞 蜂須賀敬明 「待ってよ」[2] 2016年6月
候補 阿野冠 「イマジン」
香月夕花 「Anchor Me」
柳井政和 「バックドア」

選考委員[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「池田章一」から改名
  2. ^ 「偽書西鶴」から改題
  3. ^ 小学館文庫
  4. ^ 『夏の椿』に改題
  5. ^ 『ファントム・ピークス』に改題
  6. ^ 角川書店
  7. ^ 角川文庫
  8. ^ 「蘇芳よう子」から改名
  9. ^ 「槿花、一朝の夢」から改題
  10. ^ 「六本木心中」から改題
  11. ^ 『六本木デッドヒート』
  12. ^ 『デフ・ヴォイス』に改題
  13. ^ 「沢渡哲士」から改名
  14. ^ 角川春樹事務所刊。『勇者たちへの伝言――いつの日か来た道』に改題
  15. ^ 「ウインドノーツ」から改題

出典[編集]

関連項目[編集]