松永玲子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

松永 玲子(まつなが れいこ、1969年12月15日 - )は、日本の女優大阪府大阪市出身。京都女子大学文学部国文学科卒業。ナイロン100℃(以降「ナイロン」)所属。所属事務所は株式会社オフィスPSC

大学在学中の1989年から劇団M.O.Pなどに客演、卒業後は富士ゼロックスに2年間就職した後、1994年の「1979」よりナイロンに参加する。ナイロンへの参加はオーディションによる。

落語家としても活動しており、高座名は藤乃家心斎橋(ふじのやみなみ)。AB型。158cm。

ナイロンの役者として[編集]

  • 参加当初のごくごく短い期間(「1979」と「喜劇・箸の行方」)は「ミナミ玲子」と名乗る。この時期、ナイロンはまだ「演劇ユニット」としての認識が強かったため、入れ替え可能な俳優として考えていた上での芸名ではなかったかと考えられる。
  • 実家心斎橋。大阪公演の際はホテルではなく実家に帰る。そもそもナイロンが大阪公演の際に利用するホテルと、目と鼻の先の所に実家がある。
  • ナイロンへの参加のかなり初期から重要な役を射止めるまでにあまり時間を要していない。だが当の本人としては「自分は新人である」という思いが常にあり、「フローズン・ビーチ」初演で、やっと新人ではなくなったと思っていた(「フローズン・ビーチ」DVD・特典映像より)。
  • 現在、ナイロンでは安澤千草などと並んで中堅役者として認識されている(厳密な意味では入団時期が異なる)。主役を張ったことはまだない(2007年12月現在)。
  • ナイロンではIT周りを担当することが多く、かなり初期から公式ウェブサイト運営に携わっていた。現在も大元のデータを管理しているのは彼女であるが、ウェブサイトとメールマガジンの技術的な面では藤田秀世が担当している。ナイロン100℃が不定期に発行するメールマガジンの発行者は彼女の名前になっている。。現在、ナイロンで個人ページを持っているのは彼女とみのすけ藤田秀世の3人のみ(ブログを含めれば、他にKERA、廣川三憲大山鎬則皆戸麻衣も)。旅公演にはノートパソコン持参(Macintosh)。

芸風[編集]

  • がなったり、怒鳴ったりすると異様なまでの迫力がある。そのため、彼女が出演しているDVDなどの映像作品を観ていると、時たま音声レベルを振り切ってしまい、音が割れていることがある。
  • ナイロンにおける妖艶な役回りを演じるのも、彼女にまわってくることが多い。「ザ・ガンビーズ・ショウ」においては、下着で出演することが有効なのか否かで、主宰のKERAと言い争ったが、この問題が解決してからは、KERAはむしろ積極的に彼女にそういった役をふっている印象すらある。これ以外の代表的な、色っぽい役に「フリドニア〜フリドニア日記#1」のカレン役(秘書)、「薔薇と大砲〜フリドニア日記#2」のウリャシャモ・ダサモ役(サーカスの団員)など。
  • また、「カラフルメリィでオハヨ'97」においては、澤田由紀子(現:沢田ゆき子)とのダブルキャストのことについて、KERAと相当もめたらしいが、DVD(およびビデオ)においては、円満に問題が解決したとのコメントを、特典映像で残している。
  • こういった役を演じる際に問題となったのが胸のアザ01年手術が完了するまでの公演は、ビデオで見ると茶色の手のひら大のアザがくっきりと見えている。このときの手術については、自らのウェブサイトで手記を綴っている。
  • KERA演出では事細かに求められることが多いため、過去にMOTHERに客演した時、「そこはまあいい感じで」というアバウトな演出に憤慨したことがある。
  • 自らのことは「器用貧乏」と称している(「ハルディン・ホテル」パンフレット)。このときに「本当に器用な役者」は、この公演では夫役の三宅弘城であるとした。
  • 2代目の「たまごクラブ・ひよこクラブ・こっこクラブ」の奥さんキャラ。このときの夫役キャラは阿部サダヲ。1代目の犬山イヌコから受け継いでのキャラ(3代目も同じくナイロンの新谷真弓)。このCMのギャラはすごいと、後に語っている(その際には、犬山の頃にはもっと凄かったというエピソードを付け加えている)。
  • 「喜劇・箸の行方」と「アリス・イン・アンダーグラウンド」において、落語を披露している。
  • 大阪弁を披露した公演は「インスタント・ポルノグラフィ」(ナレーション)と「わが闇」。

外部出演の役者として[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ・教養番組[編集]

  • 芸術劇場(2003年 - 2004年、NHK教育) - 演劇の回の司会を担当。
  • NHK高校講座ベーシック10(2009年4月6日 - 4月17日、NHK教育
  • NHK高校講座ベーシック10 Ⅱ(2010年4月5日 - 、NHK教育)
  • NHK高校講座ベーシック10 Ⅲ(2011年4月4日 - 、NHK教育)

CM[編集]

映画[編集]

ラジオ[編集]

舞台(外部出演)[編集]

1996年[編集]

  • 松尾貴史の「人格懐疑室 type.1〜History of Hysterie〜」(演出:G2

1998年[編集]

1999年[編集]

  • MOTHERLESS CHILDREN「リバウンド」(作:桝野幸宏/演出:G2)
  • AGAPEstore「D/J(ジェー・ブンノ・ディー)」(作:山名宏和/演出:G2)

2000年[編集]

2001年[編集]

  • オリガト・プラスティコ vol.1「カフカズ・ディック」(作・演出:KERA)
  • AGAPEstore「BIG BIZ〜宮原木材危機一髪!〜」(作:後藤ひろひと/演出:G2)
  • 星屑の会「ストロベリーハウス」(作・演出:水谷龍二

2002年[編集]

  • 故林広志プロデュース・“親族代表”コントライブ「人間力学ショー#3」(作・演出:故林広志)
  • 王立劇場「荒波次郎」(作・演出:後藤ひろひと)日替わりゲスト出演
  • AGAPEstore「BIG BIZ〜宮原木材危機一髪!〜」再演

2003年[編集]

2004年[編集]

  • AGAPEstore「しかたがない穴」(作:倉持裕/演出:G2)

2005年[編集]

  • AGAPEstore「BIGGER BIZ〜絶体絶命!結城死す?〜」再演
  • Live Cafe Music #9「届かなかったラヴレター」(演出:藤井清美
  • 「姫が愛したダニ小僧〜Princess and Danny Boy〜」 (作・演出:後藤ひろひと)

2006年[編集]

2007年[編集]

  • AGAPE store「地獄八景:浮世百景」(監修:桂米朝/脚本:東野ひろあき/演出:G2)
  • リーディングパフォーマンス「語り女たち」(原作:北村薫/演出:中野俊成

2008年[編集]

2009年[編集]

  • 劇団、本谷有希子「来来来来来」(作・演出:本谷有希子)
  • 三田村組 第16回公演「home」(作・演出:田村孝裕)

2010年[編集]

2011年[編集]

2012年[編集]

  • モダンスイマーズ「ロマンサー~夜明峠編~」(作・演出:蓬莱竜太)
  • オフィスコットーネプロデュース「コルセット」(作・演出:前川麻子

2014年[編集]