松澤一之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
まつざわ かずゆき
松澤 一之
生年月日 (1955-08-25) 1955年8月25日(61歳)
出生地 日本の旗 日本愛媛県松山市
国籍 日本の旗 日本
身長 170cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1978年 -
配偶者 あり
事務所 シス・カンパニー
主な作品
テレビドラマ
SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』シリーズ

松澤 一之まつざわ かずゆき1955年8月25日 - )は、愛媛県松山市出身の俳優血液型A型シス・カンパニー所属。成城大学卒業。

来歴・人物[編集]

1978年文学座研究所を卒業し、劇団夢の遊眠社に参加。舞台においては、三枚目的役回りというよりは端的に「賑やかし」の役回りを演じる。近年のサスペンスドラマにおいては自白を強要する刑事役が多くなってきている。舞台、 テレビドラマだけでなく、『行列のできる法律相談所』などのバラエティー番組にも出演している。ただ、本人は「バラエティに出ると極度に緊張する」「(ドラマと違い)バラエティは自分で喋らないとカメラが回ってこない」などとバラエティ番組への出演を好んでいないことを番組内で漏らしているが、『クイズ!ヘキサゴンII』には普通に出演していた。また、『侍戦隊シンケンジャー』に終盤、準レギュラー出演した際の雑誌のインタビューで、スーパー戦隊シリーズについては、「近頃には無い、1年かけて役者を成長させるいい土壌」と評価している。

正月に島田紳助の家に行った際に、車ごと門を突き破って敷地に入ってきたという。松澤は「金持ちだから(ETCみたいに)自動で開くと思ったんだよ!」と言っていたが、紳助は「自分が帰ってきて(門が)開くんやったらわかるやん。他人が来て門が開いたら(門の)役目ないやん!」と笑いながら言い返していた(2008年3月12日放送『クイズ!ヘキサゴンII』より)。

島田紳助の番組に登場することが多い。 また、1984年 - 1985年の木曜深夜の、女性の美と健康をテーマにした情報番組『ミントタイム』(テレビ朝日)に於いて、松澤は「ナンパーマン」と称され、表参道で通りすがりのギャルに声を掛け街頭で散々インタビューをし品定めをした上で、「これからあなたの住んでるお部屋に行って入浴シーンを撮らせて貰えないかな?」とお願いをし、番組スタッフ共々部屋に押しかけ、部屋の中の物や下着をあさりまくり、中には隠し持っていた煙草コンドームを発見されたギャルもいた。そして入浴シーンで撮影のスタンバイが完了すると「今、この中に○○(ギャルの名前)チャンが入ってパチュ。私もこの中に入ってみたいと思いっパチュ」という毎週お決まりの言葉を言い風呂に突入する。(その際先ほど部屋で見つけたコンドームを膨らませたものを片手にしたり、発見したパンティーストッキングを頭に被りながら登場、という役をやっていた。

『クイズ!ヘキサゴンII』でのエピソード[編集]

成績
  • 2005年10月19日放送分で初出演。最高順位は4位。最低順位は11位。
水落ちクイズ
  • 極度の高所恐怖症で2008年の水落ちコーナー(アクションクイズ、底抜けドボンクイズ)で必ず水落ち役に選ばれており、そのリアクションで笑いを取る(他の人間を先に水落ちさせたり、紳助がわざと風船を持ち上げる場所より前に置いたり)のが定番になっている(出演者で最多の7回水に落とされている藤本敏史FUJIWARA)と同じチームになるときも、藤本ではなく松澤が水落ち役となっている)。そのリアクションは「Mr.ドボン」の異名をとる。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ[編集]

TBS[編集]

フジテレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

テレビ東京[編集]

WOWOW[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 一連の夢の遊眠社作品
  • 美男ですね(2011年) - 安藤弘
  • テキサス -TEXAS-(2012年)

バラエティ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “miwa×六角精児×大空祐飛 「紅白が生まれた日」 出演者発表第二弾!”. (2015年1月26日). http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/8000/208068.html 2015年1月29日閲覧。 

外部サイト[編集]