松田紀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
松田 紀子
Noriko Matsuda
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1952-03-05) 1952年3月5日(65歳)
出身地 北海道釧路市
ラテン文字 Noriko Matsuda
身長 169cm
体重 59kg
血液型 O型
選手情報
愛称 マツ
ポジション S
テンプレートを表示
オリンピック
女子 バレーボール
1976 バレーボール

松田 紀子(まつだ のりこ、1952年3月5日 - )は日本の元バレーボール選手。北海道釧路市出身。モントリオール五輪で金メダル獲得の原動力となった名セッター。『背中に目がある』、『ネット際の魔術師』などと言われた。

来歴[編集]

釧路商業高校を卒業後、日立武蔵に入社。入社当初は目立たない存在で、レギュラーの練習をコートの外で見つめボール拾いをする日々が1年半ほど続いた。『ボール拾いをするために日立に入社したのではありません』と監督の山田重雄に不満をぶつけるとセッター転向を命ぜられ、その後全日本に選出された。

1976年モントリオール五輪に出場し金メダルを獲得。1978年引退して出身地の釧路に戻るが、1983年ダイエーバレー部が創部すると選手に復帰し、3年間で1部リーグ昇格を果たした。1985年引退。

人物・エピソード[編集]

  • 永木芳子は松田と同期のセッターで、セッターの基本を教えたり、愚痴を聞いてあげるなど松田を影で支えていた。松田がモントリオール五輪で金メダルを獲得すると『彼女がいたから私がいる。』と言って、金メダルを半分に切って、五輪のメンバーから外れた永木にメダルの半分をプレゼントした。
  • 80年代にはテレビ朝日の番組『ビートたけしのスポーツ大将』に、バレーボールコーナーの助っ人として出演、往年のプレーを披露した。

球歴・受賞歴[編集]

  • 所属チーム履歴
釧路商業高校日立武蔵/日立(1971-1978年)→ ダイエー(1983-1985年)

著書[編集]