松鶴家光晴・浮世亭夢若

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2014年9月

松鶴家光晴・浮世亭夢若(しょかくやこうせい・うきよていゆめわか)は、昭和期に活躍した日本漫才師出囃子は『おそづけ』。

メンバー[編集]

滋賀県彦根市生まれ、理髪店の倅。
呉服屋の倅。浮世亭夢丸の弟子。

来歴・人物[編集]

光晴は19歳で初代松鶴家千代八二代松鶴家千代八の夫)の弟子になる。最初夫人の愛子とコンビを組んだ、のちに浮世亭夢丸の弟子の浮世亭夢路と組んだが1935年9月に29歳の若さで亡くなったために夢路の兄弟弟子の夢若と組んだ。戦前から吉本寄席小屋で活躍。戦後は戎橋松竹等に出演。千土地興行所属。

光晴は浪花節を志していたが悪声で断念。しかしその悪声を生かした浪花節の真似や歌舞伎(パロディー)で売る。夢若は端正な顔立ちで身の軽さで踊ったりもした。

1952年から1年間は新日本放送(現在の毎日放送)の専属となる。1954年からは、中田ダイマル・ラケット浮世亭歌楽・ミナミサザエらとともに朝日放送の専属となり、「漫才教室」の司会で光晴の「ベンキョー、ベンキョー」が名物となった。

人気絶頂の1960年、和歌山県白浜町の職人宿で夢若が事故死。
この経緯は、事業家の一面を持っていた夢若が妻がやっていたタバコ屋と自宅を売り払い、大阪府池田市に養犬場を建て血統書付きの犬を養殖をし販売するという事業を始めようとしていたが、工事中に事故を起こしそれが元で死人が出たので当時のお金で数百万円の慰謝料を支払わなければならなくなった。しかし、千土地興行から多くの借金をしていたので借りれなかったので師匠の夢丸、浮世亭歌楽兄弟に相談したところ「金は工面したるさかい、おまはんは隠れとき」と言われその日は舞台もあったがすっぽかして白浜町に行った。職人宿に入りストレスからか大酒と睡眠薬を過剰に摂取していた折、一門と連絡をとりたいがその宿は建て替えたばかりで電話が通っておらず、不安定な心身状態のまま外出し倒れる。当時は自殺であると報道された。

光晴は夢若死後、吾妻ひな子1965年からは夢若の弟子の浮世亭秀若(のちの五代目日佐丸)とコンビを組み漫才を続けるが、夢若死亡のショックや入れ歯の噛合わせに悩まされていた事などから全盛期ほどの人気や芸は戻らず、1967年に亡くなった。

二人はコンビ仲が悪いことで知られ、楽屋でも一緒にいることはほとんどなかったという。漫才の稽古、打ち合わせも殆どしなかった。タクシーでの現場移動でも別々にするほどだった。しかし自分より若い相方の夢若の葬儀・告別式では光晴は芸人・関係者いるにもかかわらず大泣きしていたという。それほど相方思いであった。

代表作に「お笑い曽我物語」「お笑い勧進帳」「お笑い忠臣蔵」「社長哲学」(スト撃退法)「お笑い春が来た」(お国自慢、浮かれ蛙、春に浮かれて)などがある。 

晩年の多くのネタは香川登志緒が書き、光晴・夢若も信頼をしていた。

出演[編集]

大阪の女

弟子[編集]

受賞歴[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]