柳憂怜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
やなぎ ゆうれい
柳 憂怜
本名 小野 昌彦
別名義 柳 ユーレイ
生年月日 (1963-04-08) 1963年4月8日(54歳)
出生地 日本の旗 日本広島県府中市
国籍 日本
身長 170cm
職業 俳優
お笑い芸人
ジャンル テレビドラマ映画
配偶者 川田あつ子
事務所 オフィス北野
主な作品
映画
女優霊
呪怨』シリーズ

柳 憂怜(やなぎ ゆうれい、1963年4月8日 - )は、日本俳優、元お笑い芸人。本名、小野 昌彦(おの まさひこ)。旧芸名、柳 ユーレイ。広島県立至誠高等学校卒業(現在は廃校、広島県立戸手高等学校に統合)。

広島県府中市出身。オフィス北野所属。妻は女優川田あつ子

来歴・人物[編集]

学生時代の1982年2月、『ビートたけしのオールナイトニッポン』の出待ちをしてビートたけし(北野武)に「ウチは弟子取ってないけど、毎週ここでラジオをやっているから、遊びにくるんだったらいいよ」と声をかけられたのが縁でビートたけしに弟子入り[1]。当時はまだ出待ちをしてる人はそれほどいなかったという[1]。弟子入りの順番としては、そのまんま東(現:東国原英夫)、大森うたえもん・「オールナイトニッポン」の出待ちの先輩・松尾伴内ダンカンに続く5番目[2]。芸名の由来は、たけしが「あいつ幽霊みたいだよな」と言っていたことから、そのまま「ユーレイ」と呼ばれるようになった[1]テレビ朝日アイドルパンチ』のたけし軍団コーナーが1983年から始まる時、「芸名どうする?」となって「じゃあ"柳ユーレイ"でいいんじゃないの」となって芸名が決まった[1]。「たけし軍団」の面白い芸名は"柳ユーレイ"から始まったもの[1]

1986年12月、たけし及びたけし軍団団員と共に講談社本館のフライデー編集部への襲撃に参加し、住居侵入罪・器物損壊罪・暴行罪で大塚警察署に現行犯逮捕される(フライデー襲撃事件を参照)。1988年、たけし・たけし軍団の太田プロダクションからの独立により、オフィス北野へ移籍。

映画『3-4X10月』(1990年、監督:北野武)に、本名の小野昌彦名義で主演、映画デビュー。「ユーレイは演技力に非凡なものを持っている」と見たたけしが、いきなり主演に抜擢した[1][3]。以降、北野作品の常連に。また、俳優に専念するため、たけし軍団より離脱(事務所はオフィス北野にとどまる)。

北野作品以外にも『女優霊』での恐怖感あふれる演技でホラーファンを獲得。以降、中田秀夫作品にも頻繁に登場。

呪怨』シリーズに出演したことでも有名に。

一時期、家から通った方が生活費がかからないという理由で、広島にある実家から仕事の度に東京に通っていた事がある。

2008年、北野武が監督の新作『アキレスと亀』に久しぶりに起用され、その際に北野の提案から“柳ユーレイ”より“柳憂怜”に改名。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 零れる果実(蜷川幸雄演出)
  • 歴史はこうしてつくられる 第1回(柳ユーレイ(柳 憂怜)脚本/演出/音楽/出演)
  • KAGAMI(鈴木光司原案 /山崎哲演出)
  • 真情あふるる軽薄さ2001(蜷川幸雄演出)
  • 十二人の怒れる男(蜷川幸雄演出)
  • あゝ、荒野(蜷川幸雄演出)
  • 下谷万年町物語(蜷川幸雄演出)
  • BANANA FISH(2012年10/4日(水)〜11/4日(日) 六行会ホール)

バラエティ番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『EX大衆』双葉社、2012年3月号、p102-103
  2. ^ 但し、ダンカンは「はっきり『弟子だ』と言われたヤツはいないのでは」と話している(EX大衆)。
  3. ^ “隠れ名優”柳ユーレイ流の「役づくりしない」演技論とは? - 日刊サイゾー
  4. ^ アズミ・ハルコは行方不明、クロックワークス公式サイト、2016年7月4日閲覧。