桑野みゆき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
くわの みゆき
桑野 みゆき
本名 斎藤 みゆき
さいとう みゆき
生年月日 (1942-07-17) 1942年7月17日(74歳)
出生地 日本の旗 日本横浜市鶴見区
民族 日本人
血液型 B
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1954年 - 1967年
配偶者 あり
著名な家族 母:桑野通子
主な作品
青春残酷物語』、『赤ひげ』、『大根と人参

桑野 みゆき(くわの みゆき、1942年7月17日 - )は、日本の元女優。本名は斎藤みゆき。横浜市鶴見区出身。母は戦前の人気女優桑野通子

略歴[編集]

1954年『緑はるかに』(井上梅次監督)の子役募集に応募して13歳で映画デビュー。清純派女優として売り出すが、1960年に『青春残酷物語』(大島渚監督)で破滅へと疾走していく女性を演じて注目を浴びる。他に『赤ひげ』(1965年・黒澤明監督)、『大根と人参』(1965年・渋谷実監督)など、松竹を中心に100作を越える映画作品に出演する。1967年、結婚し引退。家庭の人となった。

最後の出演作は、1967年の映画『堕落する女』(吉村公三郎監督)。

おもな出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 三人の幸ちゃん(1956年・日本テレビ
  • 国道18号線(1964年・日本テレビ)
  • 泣いてたまるか 第16話「かわいい怪獣ナキラ」(1966年・TBS
  • 虹の設計(1967年・NHK

広告[編集]