桜京美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
さくら きょうみ
桜 京美
生誕 (1930-06-03) 1930年6月3日
日本の旗,
死没 (1988-11-10) 1988年11月10日(満58歳没)
職業 女優
ジャンル テレビ・映画

桜 京美(さくら きょうみ、1930年6月3日 - 1988年11月10日頃)は、日本の女優。喜劇女優として知られていた。

人物・略歴[編集]

昭和30年代の女優で、テレビ番組『お笑い三人組』で真知子役として人気を博し、またその一方で人形劇『チロリン村とくるみの木』や、テレビアニメ『ルパン三世』TV第2シリーズ第23話の峰ぶじ子(峰不二子のおばを名乗る女=正体は不二子の変装)、映画『アイ・ラブ・ルーシー』の吹き替えやマダム・テキーラ役など声優としても活躍していたが、病気などを理由に昭和60年代頃に芸能界の仕事からは次第に離れるようになる。

1988年3月には芸能事務所と契約し、再起を目指していた。

1989年1月6日午後1時半ごろ、千葉県山武郡大網白里町(現、大網白里市)の自宅でこたつの脇でうつ伏せに倒れているのを発見され、死亡が確認された。その遺体は腐乱しており、吐血の跡もあった。部屋に残されていた手帳には「だるい」「血便が出る」などと書き残されており、その手帳の日付が11月10日で途切れていることから、その頃に孤独死し、それからおよそ二ヶ月もの間気付かれずにいたようである。

同業者でもある小桜京子柳家金語楼の姪で、初代引田天功の元妻)とは名前が似ているためよく混同されたが、その小桜とはフジテレビライオンのいただきます』やTBSロボッタン』で共演したことがある。ちなみに桜が死去した際、小桜の元に献花が届いた、というエピソードもある(同様のエピソードは共に元プロ野球選手河合保彦河村保彦にもあり)。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

  • お笑い三人組NHK
  • てなもんや三度笠朝日放送=当時はTBS系)
  • 水戸黄門 (TBS / C.A.L
    • 第1部
      • 第15話「わしは天下の風呂番だ -今治-」(1969年11月10日) - お夏
    • 第12部
      • 第23話「弥七を騙った悪い奴 -善光寺-」(1982年2月1日) - お仲
  • 銭形平次 第367話「日陰に散った涙花」(1973年、CX) - お倉
  • 大江戸捜査網12ch / 三船プロ)
    • 第482話「嘘と誠の夫婦雛」(1981年)
    • 第517話「白い肌に咲く牡丹の刺青」(1981年) - おまつ
    • 第541話「飛脚屋殺し 白い肌の裏切り」(1982年) - おかつ
    • 第576話「悪徳おんな市場・不倫の罠」(1982年12月25日)
    • 第612話「下手人は父ちゃんだ!」(1983年) - おまさ
    • 第633話「涙の再会! 素浪人はぐれ唄」(1984年) - おひさ
  • 太陽にほえろ!NTV
    • 第485話「ウサギとカメ」(1981年11月27日)
    • 第505話「ジプシーの涙」(1982年4月30日)
  • 赤かぶ検事奮戦記 第2シリーズ 第3話「趣味は泥棒」(1981年12月11日、ABC)
  • 噂の刑事トミーとマツ 第1シリーズ 第14話「愛の酔拳 オソ松失恋の恐怖」(1980年、TBS) - 美容師
  • 時代劇スペシャル「十六文からす堂 江戸占い謎を斬る」(1982年7月16日、CX)
  • 特捜最前線 第313話「父と子のブルートレイン!」(1983年、ANB
  • あすをつげる鐘
  • 火曜サスペンス劇場「幻の女を探せ」(1983年7月26日、NTV)
  • 暴れん坊将軍II 第119話「吉宗がまさか! 結婚詐欺!?」(1985年、ANB / 東映) - 仲居
  • 月曜ワイド劇場「今、いじめが爆発する! 茶巾しぼり、白墨チーズ、リンチ、自殺・・・・・70%の子供がいじめられる!!」(1985年4月22日、ANB)
  • ただいま絶好調! 第2話「旅芝居ロック一座」(1985年、ANB / 石原プロ
  • 土曜ワイド劇場「人妻詐欺師 血に染まった5000万円」(1985年7月20日、ANB) 

吹き替え[編集]

人形劇[編集]

テレビアニメ[編集]

関連項目[編集]