桜川末子・松鶴家千代八

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2014年9月

桜川末子・松鶴家千代八(さくらがわすえこ・しょかくやちよはち)は、昭和期に活躍した音曲漫才コンビ1954年1974年)。

恰幅の良い末子が男勝りの気っ風と節回しで聞かせる江州音頭と、痩躯の千代八が甲高い声で細棹を弾き語る座敷唄の数々、締めには定番の数え歌でウケを取った。十八番に野球の数え歌がある。

1954年にベテラン同士で結成。高齢を理由に1974年10月に新世界新花月にて引退興行[1]するまで、上方芸界の大看板に20年間君臨し続けた。尚テレビなどで古典万歳の三曲万歳が披露されるとよく出演していた。

メンバー[編集]

  • 櫻川末子(さくらがわ すえこ、1901年 - 1987年)本名:中村末子。
江州音頭の音頭取りの家に出生。少女音頭取りとして、明治末から今で言うアイドル人気を博していたが、1920年頃櫻川仙丸から櫻川仙末女(さくらがわせんまめ)の名を貰い一本立ちした。
江州音頭の営業が減少する農繁期対策で、1921年に荒川竹丸と『竹丸・末子』を組み、天満朝日席で漫才初舞台。
神戸の江州音頭大会に出演中に吉本興業の関係者の目に留まって専属になり、1923年に櫻川花子と日本初の女性コンビ『末子・花子』で売り出される。三代目桂米朝をして「戦前の吉本を儲けさしたんは末子」と述懐しむるほどの絶大な人気を誇った[2]
1945年、花子の出産に伴いコンビ解消。立美三好、高田久子と相方を変えた後、1954年から二代目千代八と組み、高座、座敷、ラジオ・テレビのみならず、従前櫓の上でも引く手数多だった。
1960年代後半には体調を崩し一時舞台を休んでいたが、1970年大阪万博を機に猛然と復活、道頓堀角座で大トリを張り連日満杯の客を捌いた。
を携えた勇姿は女捨丸(おんなすてまる)[3]と讃えられ、客からも「女捨丸」と声がかかった。
晩年の夫は作家(ネタ)も書いていた。1分でも早く舞台を降りると「おまはんは、サボってる」と叱られたと言う。それほど芸に厳しかった。
桂米朝は末子の大ファンで必ず弟子等に楽屋のソデから生の舞台を見させていた。
  • 松鶴家千代八(2代目)(しょかくや ちよはち、1908年 - ?)本名:内藤タキエ。
1915年に松島・中島席で初舞台。後に夫となる初代千代八に見初められ、1927年頃から夫婦漫才コンビ『松鶴家千代八・八千代』では大柄で鼻の下のちょび髭姿の千代八に対して小柄で美人の八千代で大小のコントラストを売りにし都々逸剣舞など得意としていた。そして、千代八を八千代が竹刀で突っ込むという芸も人気になったが、それゆえ「萬歳は下劣である」という考えができる一因になった。因みに竹は中を空洞にし寄席中に響くように細工していた。
夫が亡くなった1952年に二代目千代八を襲名。間もなく末子と組み、肩肌脱いで叩く大太鼓の色気と、電光石火の撥捌き(三味線)、当意即妙の合いの手で末子の節を盛り立てた。山中節も唸らせた。引退まで第一線で活躍。晩年「浪談 博多小女郎」を極め付き。

受賞歴[編集]

録音・映像[編集]

  • 伝説の昭和上方漫才 松竹名人会

[編集]

  1. ^ 秋田實らが見届けた引退興行の音源が、朝日放送に残されている。尚引退興行の司会が二代目桂春蝶、花束渡しに今いくよ・くるよ海原千里・万里、客席には三遊亭小円・木村栄子月亭可朝がいた。他にも三代目桂米朝や吾妻ひな子等親しい芸人が多数訪れた。
  2. ^ 『米朝よもやま噺』2006年4月30日放送分
  3. ^ 『三人奴』の市松笑顔が一時砂川女捨丸(すながわめしゃまる)を名乗っているが、別人。

関連項目[編集]

以下初代千代八門下
以下同じような芸風のコンビ。

参考文献[編集]

  • 「現代上方演芸人名鑑」(1980年、少年社)