梁光烈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
梁 光烈
Liang Guanglie 2012.jpg
生誕 1940年12月
四川省 綿陽市三台県
所属組織 中国人民解放軍陸軍
軍歴 1958 -
最終階級 上将
テンプレートを表示

梁 光烈(りょう こうれつ、Liang Guanglie、1940年12月 - )は中華人民共和国の軍人。国防部部長中国共産党中央委員会委員、党中央軍事委員会委員、中華人民共和国中央軍事委員会委員を務めた。最終階級は上将

経歴[編集]

四川省綿陽市三台県で生まれた漢族1958年1月、17歳で中国人民解放軍に入隊し、第1軍第1師団第2連隊工兵大隊戦士(兵卒)から軍歴を始める。1959年中国共産党に入党。

1960年、将校に列し、小隊長となる。1963年より解放軍信陽歩兵学校に学ぶ。1964年、第1師団に戻り、司令部参謀などを歴任。1970年、武漢軍区司令部参謀に昇進。1974年、同司令部作戦部副部長。

1979年、第20軍第58師団副師団長。1981年、同師団長。1983年、第20軍副軍長。1985年第20集団軍軍長。1984年から1986年まで河南大学政治理論専攻科の通信教育を受ける。

1990年、第58集団軍軍長。1995年、大軍区である北京軍区副司令員。1997年瀋陽軍区司令員に昇進。

1999年南京軍区司令員および軍区党委員会副書記に就任した。

2002年6月、上将に昇格[1]。同年11月、人民解放軍総参謀長、党中央軍事委員会委員に抜擢された[2]

2003年3月16日、国家中央軍事委員会委員を兼務[3]。党内では中央委員の地位にある。

2007年10月、第7期1中全会において党中央軍事委員会委員に再任[4]

2008年3月16日、第11期全国人民代表大会第1回会議の決定により国家中央軍事委員会委員に再任され[5]、翌17日には国務委員兼国防部部長に任命された[6]

2012年11月の第18回党大会において党中央委員会委員に選出されず、党中央軍事委員会委員からも退任。さらに翌2013年3月の第12期全人代において国家中央軍事委員会委員および国務委員、国防部部長を退任した。

第13、14期党中央候補委員。第15、16、17期党中央委員。

海外交流[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1988年恢復軍銜制后授予上将軍銜、警銜情况 (中国語)
  2. ^ 十六大授権発布:中国共産党第十六届中央委員会第一次全体会議広報(名単) (中国語)
  3. ^ 中華人民共和国全国人民代表大会公告(十届一次第4号)
  4. ^ 中国共産党第十七届中央委員会第一次全体会議公報 (中国語)
  5. ^ 中華人民共和国全国人民代表大会公告(十一届第4号) (中国語)
  6. ^ 中華人民共和国主席令(十一届第2号) (中国語)


Flag of the People's Republic of China.svg 中華人民共和国
先代:
曹剛川
国防部部長
2008年 - 2013年
次代:
常万全
Flag of the People's Republic of China.svg 中国人民解放軍
先代:
傅全有
総参謀長
2002年 - 2007年
次代:
陳炳徳
先代:
陳炳徳
南京軍区司令員
1999年 - 2002年
次代:
朱文泉
先代:
李新良
瀋陽軍区司令員
1997年 - 1999年
次代:
銭国梁