梓英子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

梓 英子(あずさ えいこ、1947年7月28日 - )は、日本の元女優。本名は岩永初江東京都千代田区出身。旧芸名=森美佐、森美沙。

来歴・人物[編集]

八雲学園高校中退

1964年、17歳の時に、ピンク映画「青い乳房の埋葬」でデビュー。当時の芸名は森美沙(美佐、表記の物も有り)で数本のピンク映画に出演。1965年に、一般映画に転向したのを契機に梓英子に改名。松竹の青春映画や東映「昭和残侠伝」などに出演し、1967年大映と専属契約。ここからは清純派として数多くの映画に出演する。ちなみにこの大映専属時代は彼女が森美沙名義でピンク映画に出演していたことは伏せられ無かったことにされていた。1970年以降はテレビドラマで活躍したが、1973年結婚して引退した。

出演作品[編集]

映画[編集]

  • 青い乳房の埋葬(1964年5月26日、新東宝)
  • 渇いた唇(1964年9月2日、小森プロ)
  • 日本拷問刑罰史(1964年10月27日、小森プロ)
  • 入れ墨お蝶(1964年12月29日、白映プロ=国映)
  • 若いしぶき(1965年8月7日、松竹)
  • 昭和残侠伝(1965年10月1日、東映)
  • 網走番外地 望郷篇(1965年10月31日、東映)
  • 北海の暴れ竜(1966年10月25日、東映)
  • 不死身なあいつ(1967年1月14日、日活)
  • 今夜は踊ろう(1967年5月13日、大映)
  • 恋人をさがそう(1967年5月20日、日活)
  • 悪魔からの勲章(1967年7月29日、大映)
  • 残侠の盃(1967年12月2日、大映)
  • 喜劇 泥棒学校(1968年4月6日、大映)
  • 講道館破門状(1968年5月18日、大映)
  • 積木の箱(1968年10月30日、大映)
  • 千羽鶴(1969年4月19日、大映)
  • 尻啖え孫市(1969年9月13日、大映)
  • 眠狂四郎円月殺法(1969年10月4日、大映)
  • あゝ海軍(1969年7月12日、大映)
  • 女体(1969年10月18日、大映)
  • ヤングパワー・シリーズ 大学番外地(1969年11月29日、大映)
  • 喜劇 おひかえなすって!(1970年5月16日、大映)

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

関連項目[編集]