梶原善

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
かじはら ぜん
梶原 善
本名 梶原 善
生年月日 (1966-02-25) 1966年2月25日(51歳)
出生地 日本の旗 日本 岡山県岡山市
身長 164 cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ・映画・舞台
配偶者 あり
事務所 シス・カンパニー
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
ドラマ
王様のレストラン
ナニワ金融道』シリーズ
ゲゲゲの女房
家売るオンナ

映画
12人の優しい日本人
ラヂオの時間

梶原 善(かじはら ぜん、1966年2月25日 - )は、日本の俳優岡山県岡山市出身。血液型はA型。シス・カンパニー所属。苗字は「かじら」ではなく「かじら」と読む。

略歴[編集]

岡山理科大学附属高校時代はバンド活動に打ち込み、卒業後は上京して服飾の専門学校に入学する。1985年に高校時代からの知人だった松重豊の紹介[要出典]で、三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズの公演に参加して初舞台を踏み、以後、劇団員として多くの作品に出演する。

1994年に東京サンシャインボーイズが活動を休止した後も三谷作品の常連として多くの作品に出演する他、様々な舞台、テレビ、映画などで活躍している。俳優の甲本雅裕は高校および学科の同級生で、甲本を東京サンシャインボーイズへ誘ったのも梶原である。[要出典]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • くたばれサンダース(1985年、東京サンシャインボーイズ 作・演出:三谷幸喜)
  • 天国から北へ3キロ(1989年、東京サンシャインボーイズ 作・演出:三谷幸喜)
  • 彦馬がゆく(1990年、東京サンシャインボーイズ 作・演出:三谷幸喜)
    • 再演(1993年、東京サンシャインボーイズ 作・演出:三谷幸喜)
    • 再々演(2002年、パルコ 作・演出:三谷幸喜)
  • 12人の優しい日本人(1990年、東京サンシャインボーイズ 作・演出:三谷幸喜)
  • 東京サンシャインボーイズの罠(1994年、東京サンシャインボーイズ 作:三谷幸喜 演出:山田和也
  • 温水夫妻(1999年、パルコ 作・演出:三谷幸喜)
  • 丹下左膳(2003年、松竹 原作:林不忘 脚本:水谷龍二 演出:小野鉄二郎)
  • 髑髏城の七人〜アカドクロ(2004年、劇団☆新感線 作:中島かずき 演出:いのうえひでのり
    • 髑髏城の七人 Season鳥(2017年、劇団☆新感線 作:中島かずき 演出:いのうえひでのり)
  • 吉原御免状(2005年、劇団☆新感線 原作:隆慶一郎 脚色:中島かずき 演出:いのうえひでのり)
  • Cat in the Red Boots(2006年、劇団☆新感線 作:戸田山雅司 演出:いのうえひでのり)
  • 幸せ最高ありがとうマジで!(2008年、パルコ 作・演出:本谷有希子
  • 蜉蝣峠(2009年、劇団☆新感線 作:宮藤官九郎 演出:いのうえひでのり)
  • returns(2009年、東京サンシャインボーイズ 作・演出:三谷幸喜)※映像での出演
  • スペリング・ビー(2009年、日本テレビ 作詞・作曲:ウィリアム・フィン 脚本:レイチェル・シェインキン 演出:寺崎秀臣)
  • ぼっちゃま(2011年、パルコ 作:鈴木聡 演出:河原雅彦
  • 南部高速道路(2012年、世田谷パブリックシアター 原作:フリオ・コルタサル 構成・演出:長塚圭史
  • ドレッサー(2013年、世田谷パブリックシアター 原作:ロナルド・ハーウッド 演出:三谷幸喜)
  • 道化の瞳(2014年、シアタークリエ 作・演出:玉野和紀)

OVA[編集]

人形劇[編集]

ショートフィルム[編集]

MV[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]