植物油の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

植物油(しょくぶつゆ)は採取方法で大きく三つに分けられる。まず圧力で絞る方法があり、この方法で作られたものを圧搾油と言う。次に、水などの別の液に溶かし込む方法があり、この方法で作られたものを抽出油と呼ぶ。圧搾と抽出を組み合わせることもある。圧搾油と抽出油をあわせて粗油と言う。粗油は吸着や濾過処理をして使用する。三つめは、粗油を水蒸気蒸留などで精製する方法で、この方法で得られた油を精油(エッセンシャルオイル)という(詳細は精油#精油を採る方法参照)。精油にハーブの香りなどの成分を抽出させたものを浸出油と呼ぶ。

ほとんどの植物には油が含まれているが、食用に使えるもの[1]は少なく、余り知られていないもの[2]を含めてもそれほど多くない。

植物油の分類法はいくつかある。例えば:

  • 原料による分類  : 「ナッツオイル」など、果実や種の種類などでわける方法。
  • 用途による分類 : 料理用、燃料用、化粧用、医療用など、目的で分類する方法。
  • 成分による分類 : グリセリン脂肪酸化合物で、一般にトリグリセリド(トリ-O-アシルグリセリン)の形態をとる、不揮発性の「油脂」か、テルペノイドなどを主成分とした揮発性の「精油」かでわける方法。

本記事では、主として用途で分類した。

食用油[編集]

主なもの[編集]

次に挙げる油は、いずれも世界各地で食用油として使われている。燃料油として使われることも多い。

ナッツ油[編集]

セイヨウハシバミの種子ヘーゼルナッツ。ヘーゼルナッツ油の原料となる。

ナッツ油は料理の香り付けに使われることが多い。油の採取が難しいため、概ね高価である。

ウリ科植物の種[編集]

西アフリカではスイカの一種Citrullus vulgarisの種から油を取って調理に使う。

ウリ科植物のヒョウタンメロンカボチャの種には油が多く含まれる。しかし、抽出法が確立されていないため、あまり利用されていない。食用とする実の副産物として得られる場合が多い[23]

  • ヒョウタン実油en) : ヒョウタンの種から取り、医薬として、食用油として使われる[24]
  • バッファローカボチャ油 : 北アメリカ原産のバッファローカボチャ(Cucurbita foetidissima)の種から取れる[25]
  • カボチャ実油en) : オーストリアスロベニアで作られる。加熱すると変質する[26]
  • スイカ実油en) : Citrullus vulgarisの種から取れる油は西アフリカで昔から調理油に使われている[27]

サプリメントに使われるもの[編集]

栄養価 が高く、サプリメントとして使われる植物油もある。

その他の食用油[編集]

イナゴマメの鞘。鞘(果肉)はキャロブパウダーに、種からキャロブオイルを取れる。
コリアンダーの種を絞るとコリアンダー種油が取れる。
  • コリアンダー種油 : コリアンダーの種から取れる。医薬として使われる。薬や食品の香り付けにも使われる[45]
  • ディカ油 : 西アフリカのフェケの種から取れる[46]。マーガリン、石鹸、医薬に使われる。固形油であり、西アフリカではよく使われる[47][48]
  • アマナズナ油 : アマナズナ(en)の種から取れる。ロシアではryjhikovoye maslo (рыжиковое масло)と呼ばれている[49]
  • アマニ油 : 乾性油の一種。オメガ3脂肪酸とリグナンを多く含み、薬用に用いられる。酸敗英語版しやすい[50]
  • グレープシードオイルen) : 高温で調理しても劣化しにくい。サラダオイルや化粧油にも使われる[51]
  • ヘンプ・オイル : アサから取れる。高品質の食用油[52]
  • カポック実油en) : 食用油、石鹸に使われる[53]
  • ラッレマンチアオイルen) : シソ科Lallemantia ibericaの種から取る。北ギリシャの遺跡からも発見されている[54]
  • マルーラ油en) : アフリカでは切手に描かれることもある[55]マルーラの木の実から取る。酸化防止作用と保湿効果があり、食用油、化粧油に使われる[56]
  • メドウフォーム油en) : リムナンテス科Limnanthes albaから取る。変質しにくく、その98%以上が長鎖の脂肪酸でできている。菜種油と用途が似ている[57]
  • カラシ油en) : インドでは調理油に使われる。マッサージオイルに使われることもある。なお、化学物質アリルイソチオシアネートをカラシ油と呼ぶこともあるので注意必要である[58]
  • ナツメグバターen) : ナツメグの一種から水蒸気蒸留を利用して取る。ナツメグバターはトリミリスチンを多く含む[59]
  • オクラ油en) : オクラの種から取れる。オレイン酸リノール酸を多く含む。英語圏では昔は同属とされていたことからハイビスカス油とも呼ぶ[60]。色は緑がかった黄色で、味と香りが良い[61]
  • パパイヤ油 : パパイヤの種から取れる。
  • シソ油en) : シソの種から取れる。オメガ3脂肪酸を多く含む。食用油、薬用、肌用や、乾性油としても使われる[62]
  • ペクイ油en) : バターナット科ブラジルナッツの種から取る。ブラジルでは高級調理油として使われる[63]
  • 松の実油en) : 松の実から取れる。サラダ油や香料として使われる [64]
ケシの実
  • ケシ油en) : ケシの種から取る。調理油[65]や、肌の保湿油[66]、塗料やワニスの溶剤[67]、石鹸に使われる。
  • プルーン油en) : プルーンの種から取れる。高級調理油として使われる[68]
  • キヌア油en) : キヌアの種から取れる。成分や用途はコーン油と似ている[69]
  • ニガー種子油en) : アフリカ原産で[70]インドやエチオピアで栽培が盛んな、キク科のラムティル(en、日本では帰化植物のキバナタカサブロウとして知られる[71])の種(ニガー種子)から取れる。調理油、照明油として使われる[72]
  • こめ油 : 米ぬかから取れる。熱に強く、高温調理に使える。アジア各地で使われている[73]
  • Royle油 : バラ科のヘンカクボクの種から取れる。クセの強い食用油。ヒマラヤ高地の低木であり、ネパールでは薬用に用いられる[74]
  • サッチャインチオイルen) : ペルー熱帯雨林で取れる、トウダイグサ科のインカインチから取れる。オメガ3脂肪酸オメガ6脂肪酸に富む[75]
  • ツバキ油 : ツバキ科カメリア属の様々な品種の種から作られる。カメリア油とも言う。茶油英語版もツバキ油に含めることがある[76]。中国南部の広い範囲で調理油や石鹸原料、髪油として使われる[77]
  • アザミ油 : マリアアザミの種から取れる。比較的変質しやすい。スキンケアに使われる[78]
  • トマト油 : トマトの種子から取れる。不飽和脂肪酸リシンを多く含む。サプリメントとして利用されることもある[79]
  • コムギ油en) : コムギ胚芽から取れる。サプリメントや薬用に用いられる。変質しやすい[80]
  • カブ油 : カブの種から取れる。現在の利用は極めてまれである。
  • ブドウ油(グレープシードオイル) : ブドウの種から取れる。ワイン製造の副産物としての製造が盛んである。

植物油の脂肪酸組成[編集]

植物油の脂肪酸組成[81][82][83]
種類 飽和脂肪酸 一価不飽和脂肪酸 多価不飽和脂肪酸 オレイン酸
(ω-9)
発煙点
多価合計 α-リノレン酸
(ω-3)
リノール酸
(ω-6)
水素添加
キャノーラ油 7.365 63.276 28.142 10 22 62 400 °F (204 °C) [84]
ココナッツ油 86.500 5.800 1.800 - 2 6 350 °F (177 °C) [85]
コーン油 12.948 27.576 54.677 1 58 28 450 °F (232 °C) [84]
綿実油 25.900 17.800 51.900 1 54 19 420 °F (216 °C) [84]
オリーブ油 13.808 72.961 10.523 1 10 71 374 °F (190 °C) [86]
パーム油 49.300 37.000 9.300 - 10 40 455 °F (235 °C) [87]
ピーナッツオイル 16.900 46.200 32.000 - 32 48 437 °F (225 °C) [84]
ひまわり油
(中オレイン種)
9.009 57.334 28.962 0.037 28.705 57.029 510 °F (266 °C) [84]
大豆油 15.650 22.783 57.740 7 54 24 460 °F (238 °C) [84]
ベニバナ油
(高オレイン種)
7.541 75.221 12.820 0.096 12.724 74.742 510 °F (266 °C) [84]
米油 19.7 39.3 35 1.6 33.4 39.1 450 °F (232 °C)
[要出典]
グレープ
シード
オイル
9.6 16 69.9 0.1 69.6 15.8 421 °F (216 °C)
[要出典]
アマニ油
(フラックスシードオイル)
8.976 18.438 67.849 53.368 14.327 18.316 225 °F (107 °C)
[要出典]
ごま油 14.2 39.7 41.7 0.3 41.3 39.3 350 °F (177 °C)
~450 °F (232 °C) [88]
[要出典]
水素添加
綿実油
(水素添加)
93.600 1.529 0.587 0.2 0.287 0.957
パーム油
(水素添加)
[要出典]
47.500 40.600 7.500
大豆油
(水素添加)
[要出典]
21.100 73.700 0.400 0.096[81]
値は重量パーセント

バイオ燃料としての利用[編集]

バイオ燃料に使われる植物油もある。食用油が使われるものもあり、バイオ燃料のみに使われるものもある。なお、バイオ燃料にはエタノールメタノールが使われることも多い[89]

ディーゼル燃料としてはほとんどが石油系の燃料が使われていた。しかし2003年頃から始まった原油価格の上昇により、植物油がバイオ燃料として注目されている[90]。バイオ燃料に適しているかどうかは次の点が重要である:

  1. 安定性:引火点、カロリー、粘度可燃性
  2. 価格:収穫量(成長速度と単位面積あたりの収穫量)、収穫後の処理コスト。
バイオディーゼルの入ったフラスコ

ここでは、エンジン油、照明油などに使われるものを挙げる。

食用油としても使われるもの[編集]

次のリストは、植物油としてもバイオ燃料としても使える植物油である。ただし桐油はもっぱらバイオ燃料として使われる。以下は、主としてバイオ燃料としての特性を述べる。

  • ココナッツオイル(とりわけコプラ油) : 生産地で使うのであれば採算が合う[91]
  • コーン油 : 収穫高が多い。
  • 綿実油 : バイオ燃料の研究で、性能の基準として使われることが多い[92]
  • アマナズナ油 : ヨーロッパでは18世紀以降、ランプ油として使われていた[49]
  • ヘンプ・オイル : 発火点が高い。ただし大麻マリファナの原料ともなるため、いくつかの国で問題となっている[93]
  • カラシ油 : キャノーラ油と共にバイオ燃料として検討されている[94]
  • パーム油 : バイオ燃料としてもっともよく使われるものの一つ。ただし、アブラヤシの栽培がかえって環境破壊の原因になっているとする意見もある[95]
  • ピーナッツオイル : 1900年にディーゼルエンジン燃料として使われた、初期のバイオ燃料の一つである[90]
  • ラディッシュ油 : ハツカダイコンの種は48%以上の油脂を含むため、燃料としてよく使われる[96]
  • 菜種油 : ヨーロッパではバイオディーゼル燃料としてよく使われている[89]
  • ニガー種子油 : インドでは照明油としてよく使われる[97]
  • こめ油 : 安価なため、アジアではよく使われる[98]
  • サフラワー油(紅花油) : アメリカ合衆国のモンタナ州で、最近バイオ燃料として注目されている[99]
  • 大豆油 : 燃料油を取るためだけに栽培するのはコストが合わないが、副産物として取れるので、燃料に使われる[89]
  • ヒマワリ油 : 物性は燃料に適しているが、採算性は悪い[100]
  • 桐油 : 変質しにくいため、バイオ燃料としての利用が検討されている[101][102]

食用には適さないもの[編集]

次に挙げる油は、バイオ燃料のためだけに栽培される植物から得られるものである。前述した#主なものと合わせると、バイオ燃料のほとんど全てがここに含まれる。なお、バイオ燃料としてはユーカリ属のようにエタノールを産するタイプがあるが、ここでは油脂以外は含めない。

乾性油[編集]

乾性油は、室温で乾燥する植物油である。油絵具、一般塗料、ワニスの溶剤として使われる。次に挙げるもの以外にも、クルミ油、ヒマワリ油を乾性油として扱うこともある[113]

食用、燃料、乾性油以外の用途に使われるもの[編集]

トウゴマの種子。ひまし油の原料となる

関連項目[編集]

全体的な参考文献[編集]

注釈、出典[編集]

  1. ^ Economic Research Service (1995-2006). Oil Crops Outlook. United States Department of Agriculture. http://usda.mannlib.cornell.edu/MannUsda/viewDocumentInfo.do?documentID=1288.  This publication is available via email subscription.
  2. ^ B.L. Axtell from research by R.M. Fairman (1992). Minor oil crops. FAO. http://www.fao.org/docrep/X5043E/X5043E00.htm 2006年11月10日閲覧。. 
  3. ^ Coconut-Info.com”. 2006年7月24日閲覧。
  4. ^ Bulk Oil: Corn oil”. 2006年7月24日閲覧。
  5. ^ Bulk oil: Cottonseed oil”. 2006年7月24日閲覧。
  6. ^ Olive oil history”. 2006年7月24日閲覧。
  7. ^ Bulk oil: Palm oil”. 2006年7月24日閲覧。
  8. ^ Cook's encyclopedia: Peanut oil”. 2006年7月24日閲覧。
  9. ^ Canola Oil”. 2006年7月24日閲覧。
  10. ^ Bulk oil: safflower”. 2006年7月24日閲覧。
  11. ^ Bulk oil: sesame oil”. 2006年7月24日閲覧。
  12. ^ Southeast Farm Press: World soybean consumption quickens”. 2006年7月31日閲覧。
  13. ^ Bulk oil: Sunflower oil”. 2006年7月24日閲覧。
  14. ^ Bulk oil: Almond oil”. 2006年7月24日閲覧。
  15. ^ Science Service, Inc. (March 23, 1991年). “Cashew oil may conquer cavities”. Science News. http://www.highbeam.com/library/docfree.asp?DOCID=1G1:10597226&ctrlInfo=Round19%3AMode19a%3ADocG%3AResult&ao=. 
  16. ^ Cook's encyclopedia: Hazelnut oil”. 2006年7月24日閲覧。
  17. ^ Bulk Carrier and Vegetable Oils: Hazelnut oil”. 2006年7月24日閲覧。
  18. ^ Mac Nut Oil”. 2006年7月24日閲覧。
  19. ^ J. Benton Storey. “Pecans as a health food”. 2006年7月24日閲覧。
  20. ^ Virgin pistachio oil”. 1,001 Huiles Web site. 2006年7月24日閲覧。
  21. ^ What's cooking America? - Walnut oil”. 2006年7月24日閲覧。
  22. ^ About.com: Is Walnut Oil a Good, Non-Toxic Medium for Oils?”. 2006年7月24日閲覧。
  23. ^ B.L. Axtell from research by R.M. Fairman (1992). “Cucurbitaceae”. Minor oil crops. FAO. http://www.fao.org/docrep/X5043E/x5043E07.htm#Cucurbitaceae 2007年1月1日閲覧。. 
  24. ^ B.L. Axtell from research by R.M. Fairman (1992). “Bottle gourd”. Minor oil crops. FAO. http://www.fao.org/docrep/X5043E/x5043E07.htm#Bottle%20gourd 2007年1月1日閲覧。. 
  25. ^ a b Squashes, Gourds and Pumpkins”. ECHO. 2006年11月12日閲覧。
  26. ^ Pumpkin seed oil - information”. 2006年7月25日閲覧。
  27. ^ Watermelon Seed Oil”. From Nature With Love. 2006年12月26日閲覧。
  28. ^ Bulk oil: Acai oil”. 2006年7月24日閲覧。
  29. ^ PDR Health: Blackcurrant Seed Oil”. 2006年7月24日閲覧。
  30. ^ Truestar Health: Borage Oil”. 2006年7月25日閲覧。
  31. ^ Truestar Health: Evening primrose oil”. 2006年7月25日閲覧。
  32. ^ Nu World: Amaranth oil”. 2006年7月25日閲覧。
  33. ^ Botanical.com: Apricit”. 2006年7月25日閲覧。
  34. ^ Mammy Apple Seed Oil”. Cardamo Oil. 2008年3月27日閲覧。
  35. ^ Yu Xiuzhu, Frederick R. van de Voort, Li Zhixi and Yue Tianli (October 25, 2007). “Proximate Composition of the Apple Seed and Characterization of Its Oil”. International Journal of Food Engineering 3 (5). doi:10.2202/1556-3758.1283. http://www.bepress.com/ijfe/vol3/iss5/art12 2008年3月27日閲覧。. 
  36. ^ Argan oil”. 2006年2月10日閲覧。
  37. ^ Plant Oils Used for Bio-diesel”. BDPedia.com, the Biodiesel WWW Encyclopedia. 2006年11月18日閲覧。
  38. ^ Food reference: Avocado”. 2006年7月25日閲覧。
  39. ^ Purdue New Crops: Avocado oil”. 2006年7月25日閲覧。
  40. ^ By the planet: What is Babassu Oil?”. 2006年7月25日閲覧。
  41. ^ a b Beauty Secrets of the Ancient Egyptians”. Tour Egypt online magazine. 2006年7月24日閲覧。
  42. ^ B.L. Axtell from research by R.M. Fairman (1992). “Borneo tallow nut”. Minor oil crops. FAO. http://www.fao.org/docrep/X5043E/x5043E05.htm#Borneo%20tallow%20nut 2006年11月10日閲覧。. 
  43. ^ Carob@Everything2.com”. 2006年7月25日閲覧。
  44. ^ Attalea cohune”. Floridata. 2007年1月1日閲覧。
  45. ^ Coriander Seed Oil”. 2006年7月25日閲覧。
  46. ^ バカ・ピグミー
  47. ^ National Research Council (2006). “Dika”. Lost Crops of Africa: Volume II: Vegetables. National Academic Press. ISBN 0-309-10333-9. http://books.nap.edu/catalog.php?record_id=11763. 
  48. ^ Udeala OK, Onyechi JO, Agu SI (January 1980). “Preliminary evaluation of dika fat, a new tablet lubricant”. J Pharm Pharmacol 32 (1): 6–9. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/sites/entrez?cmd=Retrieve&db=PubMed&list_uids=6102130&dopt=AbstractPlus 2007年9月1日閲覧。. 
  49. ^ a b False Flax Oil”. Agence de l'Environnement et de la Maîtrise de l'Energie. 2006年7月24日閲覧。
  50. ^ Flaxseed oil”. University of Maryland Medical Center (2002年4月1日). 2006年7月25日閲覧。
  51. ^ All Spirit Fitness: Grape Seed Oil”. 2006年7月25日閲覧。
  52. ^ Hemp oil: A true superfood?”. 2006年7月25日閲覧。
  53. ^ Kapok seed oil”. German Transport Information Service. 2006年7月24日閲覧。
  54. ^ Glynis Jones, Soultana M. Valamoti (2005). “Lallemantia, an imported or introduced oil plant in Bronze Age northern Greece”. Vegetation history and archaeobotany 14 (4): 571–577. http://cat.inist.fr/?aModele=afficheN&cpsidt=17349956 2006年11月8日閲覧。. 
  55. ^ 切手植物園
  56. ^ Marula Oil”. PhytoTrade Africa. 2007年8月12日閲覧。 PhytoTrade Africa is a vendor of marula oil and other natural products from Africa.
  57. ^ Dan Burden. “Meadowfoam”. AgMRC Web site. 2006年7月24日閲覧。
  58. ^ German Transport Information System: Mustard oil”. 2006年7月25日閲覧。
  59. ^ Nutmeg butter”. Encyclopedia Britannica. 2008年4月24日閲覧。
  60. ^ R. Holser, G. Bost (May , 2004). “Hibiscus seed oil compositions”. AOCS 95. http://www.aocs.org/archives/am2004/session.asp?session=PRO+4%2FSOA+4%3A+Processing+of+Specialty+Oils. 
  61. ^ Franklin W. Martin (1982). “Okra, Potential Multiple-Purpose Crop for the Temperate Zones and Tropics”. Economic Botany 36: 340–345. 
  62. ^ David M. Brenner (1993年). “Perilla: Botany, Uses and Genetic Resources”. 2006年7月25日閲覧。
  63. ^ B.L. Axtell from research by R.M. Fairman (1992). “Caryocar spp.”. Minor oil crops. FAO. http://www.fao.org/docrep/X5043E/x5043E05.htm#Caryocar%20spp 2006年11月10日閲覧。. 
  64. ^ Recipe Tips: Pine Seed Oil - Glossary of Kitchen and Food Terms”. 2006年7月21日閲覧。
  65. ^ Raw oils: Poppy Seed oil”. 2006年7月25日閲覧。
  66. ^ Statfold oils: Poppyseed oil”. 2006年7月25日閲覧。
  67. ^ About.com: Oil Painting: Drying Oils or Mediums”. 2006年7月25日閲覧。
  68. ^ Virgin prune kernel oil”. Iterg, the French Institute for Fats and Oils. 2006年7月24日閲覧。
  69. ^ Michael J. Koziol (1993). “Quinoa: A Potential New Oil Crop”. New crops 2. http://www.hort.purdue.edu/newcrop/proceedings1993/v2-328.html. 
  70. ^ 『ジーニアス英和辞典第2版』電子版、(c)1999,2006、研究社
  71. ^ 神奈川県の帰化植物(キク科)
  72. ^ The Probert Encyclopedia: Ramtil Oil”. 2006年7月25日閲覧。
  73. ^ California Rice Oil: Rice Bran Oil”. 2006年7月25日閲覧。
  74. ^ Ripu M. Kunwar and Nirmal Adhikari (July, 2005). “Ethnomedicine of Dolpa district, Nepal: the plants, their vernacular names and uses”. Lyonia. http://www.lyonia.org/viewArticle.php?articleID=367 2007年10月10日閲覧。. 
  75. ^ Sacha Inchi: Oil from the Amazon Takes Gold in Paris”. Peru Food (2006年9月22日). 2008年4月1日閲覧。
  76. ^ 椿油とは
  77. ^ John M. Ruter (1993). “Nursery Production of Tea Oil Camellia Under Different Light Levels”. Trends in new crops and new uses. http://www.hort.purdue.edu/newcrop/ncnu02/v5-222.html. 
  78. ^ Danish Food Composition Database: Thistle oil”. 2006年7月25日閲覧。
  79. ^ G.N. Liadakis, C. Tzia, V. Oreopoulou and C.D. Thomopoulos (1995). “Protein isolation from tomato seed meal, extraction optimisation”. Journal of Food Science 60 (3): 477–482. doi:10.1111/j.1365-2621.1995.tb09807.x. 
  80. ^ Kitchen Dictionary: Wheat Germ”. 2008年6月29日閲覧。
  81. ^ a b USDA National Nutrient database, Release 24,28”. United States Department of Agriculture. 2012/3/26,2016/03/21閲覧。
  82. ^ Fats, Oils, Fatty Acids, Triglycerides”. Scientific Psychic (R). 2012年3月26日閲覧。
  83. ^ 特に引用の表示がない場合、脂肪酸の値はUSDA National Nutrient databaseの値を掲載している。ω3-ω9の値については一部Scientific Psychic(R)の値となっている。
  84. ^ a b c d e f g Wolke, Robert L. (2007年5月16日). “Where There's Smoke, There's a Fryer”. The Washington Post. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/05/15/AR2007051500398.html 2011年3月5日閲覧。 
  85. ^ Nutiva, Coconut Oil Manufacturer,http://nutiva.com/the-nutiva-kitchen/coconut-oil-recipes/
  86. ^ The Culinary Institute of America (2011). The Professional Chef. New York: Wiley. ISBN 0-470-42135-5. 
  87. ^ Scheda tecnica dell'olio di palma bifrazionato PO 64.
  88. ^ 精製度により発煙点は大きく変わる
  89. ^ a b c Castoroil.in: Bio fuels”. 2006年7月25日閲覧。
  90. ^ a b Biodiesel America: Dr. Diesel's Invention”. 2006年7月31日閲覧。
  91. ^ [www.sopac.org/tiki-download_file.php?fileId=520 Coconut Oil as a Biofuel in Pacific Islands - Challenges & Opportunities] (PDF)”. South Pacific Applied Geoscience Web site. 2008年6月29日閲覧。
  92. ^ Ronald C. Griffin and Madhu Jamallamudi. “The Economic Circumstances of Cottonseed Oil as Biodiesel (PDF)”. 2006年4月28日閲覧。[リンク切れ]
  93. ^ Hemp car: Pollution: Petrol vs Hemp”. 2006年7月26日閲覧。
  94. ^ Office of University Research and Education (2001年11月). “Biodiesel from Yellow Mustard Oil”. en:U.S. Department of Transportation. 2003年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年4月28日閲覧。
  95. ^ Wes Jackson (Fall 1999). “Clearcutting the Last Wilderness”. The Land Report (The Land Institute) (65). http://www.biotech-info.net/clearcut.html. 
  96. ^ Australian Agronomy Society: Bio-diesel, farming for the future”. 2006年2月26日閲覧。
  97. ^ B.L. Axtell from research by R.M. Fairman (1992). “Noog abyssinia”. Minor oil crops. en:FAO. http://www.fao.org/docrep/X5043E/x5043E0a.htm 2006年11月17日閲覧。. 
  98. ^ Orchidea Rachmaniah, Yi-Hsu Ju, Shaik Ramjan Vali, Ismojowati Tjondronegoro, and Musfil A.S. (2004). “A Study on Acid-Catalyzed Transesterification of Crude Rice Bran Oil for Biodiesel Production” (PDF). World Energy Congress (19). http://www.worldenergy.org/wec-geis/congress/papers/rachmaniah0904ys.pdf. 
  99. ^ Jesus Fernandez. “Safflower oil in your tank”. Queen City News. 2008年6月29日閲覧。
  100. ^ European Energy Crops InterNetwork: Sunflower crop feasibility for biodiesel production in Spain”. 2006年7月26日閲覧。
  101. ^ Journey to Forever: Bio-diesel Yield”. 2006年7月26日閲覧。
  102. ^ The Chemistry of Biodiesel”. 2006年7月26日閲覧。
  103. ^ CastorOil.in: Castor Oil as Biodiesel & Biofuel”. 2007年7月25日閲覧。
  104. ^ Greenfuel Technologies”. 2006年7月31日閲覧。 Company developing Algae oil.
  105. ^ USA Today: Algae — like a breath mint for smokestacks”. 2008年6月29日閲覧。
  106. ^ Duke, James A. (1982). "Copaifera langsdorfii Desf.". Handbook of Energy Crops. Purdue Center for New Crops. 
  107. ^ Good News India: Honge Oil proves to be a good biodiesel”. 2006年7月31日閲覧。
  108. ^ The Jatropha System”. 2006年7月31日閲覧。
  109. ^ Properties and use of jatropha curcas oil and diesel fuel blends in compression ignition engine”. 2007年10月25日閲覧。
  110. ^ Duke, James A. (1982). "Simmondsia chinensis". Handbook of Energy Crops. Purdue Center for New Crops. 
  111. ^ Duke, James A. (1982). "Euphorbia tirucalli". Handbook of Energy Crops. Purdue Center for New Crops. 
  112. ^ Duke, James A. (1982). "Pittosporum resiniferum". Handbook of Energy Crops. Purdue Center for New Crops. 
  113. ^ a b The Encyclopedia of Painting Materials: Drying oils”. 2006年8月2日閲覧。
  114. ^ Mast & Sail in Europe”. 2006年7月25日閲覧。 (Mentions the use of dammar oil in marine paints)
  115. ^ Database of Oil Yielding Plants (PDF)”. 2005年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年5月15日閲覧。
  116. ^ Flaxseed oil”. 2006年7月25日閲覧。
  117. ^ Vegetable and Animal Oils and Fats”. Definition and Classification of Commodities. FAO (1992年). 2006年11月10日閲覧。
  118. ^ B.L. Axtell from research by R.M. Fairman (1992). “Chinese vegetable tallow”. Minor oil crops. FAO. http://www.fao.org/docrep/X5043E/x5043E06.htm#Chinese%20vegetable%20tallow 2006年11月10日閲覧。. 
  119. ^ Finishing Solid Pine”. 2006年7月25日閲覧。
  120. ^ T.M. Teynor et all (1992). “Vernonia”. Alternative Field Crops Manual. http://www.hort.purdue.edu/newcrop/afcm/vernonia.html 2006年9月6日閲覧。. 
  121. ^ Amur cork tree”. Herbal Remedies Web site. 2006年7月25日閲覧。 Herbal Remedies sells herbal supplements and products.
  122. ^ R. Kleiman (1990). J. Janick and J.E. Simon (eds.). ed. “Chemistry of new industrial oilseed crops”. Advances in new crops (Timber Press, Portland, OR): 196–203. http://www.hort.purdue.edu/newcrop/proceedings1990/v1-196.html 2006年11月19日閲覧。. 
  123. ^ Fa-Huan Ge, Hua-Ping Lei (April 2006). “Study on the supercritical carbon dioxide extraction of Brucea Javanica oil”. Zhong Yao Cai 29: 383–7. http://lib.bioinfo.pl/pmid:16913495. 
  124. ^ Burdock oil for hair loss”. 2006年7月25日閲覧。
  125. ^ Oils of Aloha”. 2006年7月25日閲覧。
  126. ^ Cold Pressed Carrot Seed Oil (Egypt)”. 2006年7月25日閲覧。
  127. ^ Castor Oil”. 2006年7月25日閲覧。
  128. ^ B.L. Axtell from research by R.M. Fairman (1992). “Chaulmoogra”. Minor oil crops. FAO. http://www.fao.org/docrep/X5043E/x5043E0d.htm 2006年11月17日閲覧。. 
  129. ^ Harvey Wickes Felter, and John Uri Lloyd (1898). “Gynocardia—Chaulmoogra”. King's American Dispensatory. http://www.henriettesherbal.com/eclectic/kings/gynocardia.html 2006年11月17日閲覧。. 
  130. ^ E.S. Oplinger et al (1991). “Crambe”. Alternative Field Crops Manual. http://www.hort.purdue.edu/newcrop/afcm/crambe.html 2006年9月6日閲覧。. 
  131. ^ Robert Kleiman (1990). “Chemistry of New Industrial Oilseed Crops”. Advances in new crops: 196–203. http://www.hort.purdue.edu/newcrop/proceedings1990/v1-196.html 2006年10月9日閲覧。. 
  132. ^ International Jojoba Export Council: Glossary”. 2006年7月25日閲覧。
  133. ^ FrontierCoop: Lemon Essential Oil”. 2006年7月31日閲覧。
  134. ^ Julia F. Morton. “Mango”. Fruits of Warm Climates. http://www.hort.purdue.edu/newcrop/morton/mango_ars.html. 
  135. ^ What is neem oil?”. Wise Geek. 2007年9月5日閲覧。
  136. ^ “Ojon Oil”. Footsteps (Tear Fund International) 65. (December 5 2005). http://tilz.tearfund.org/Publications/Footsteps+61-70/Footsteps+65/Ojon+oil.htm 2007年9月5日閲覧。. 
  137. ^ Florida Chemical: Orange Oil Applications”. 2006年7月31日閲覧。 Florida Chemical sells citrus oils.
  138. ^ Aromatic: Rosehip Seed Oil”. 2006年7月25日閲覧。
  139. ^ Subhuti Dharmananda. “Sea buckthorn”. 2006年7月25日閲覧。
  140. ^ About.com: Shea butter”. 2006年7月26日閲覧。
  141. ^ Limonnik: Viburnum oil”. 2006年7月25日閲覧。 Limonnik sells health related products from natural sources.
  142. ^ Tall Oil (Liquid Rosin)”. 2006年7月25日閲覧。
  143. ^ Snowdrift Farm: Fixed Oil Glossary”. 2006年7月25日閲覧。
  144. ^ Tropilab: Dipteryx Odorata - Tonka Bean”. 2006年7月25日閲覧。