楊潔チ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
本来の表記は「楊潔篪」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
楊潔篪
Yang Jiechi 2014.jpg
生年月日 1950年5月1日
出生地 中華人民共和国の旗 中華人民共和国 上海市
出身校 ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス
所属政党 Flag of the Chinese Communist Party.svg 中国共産党
配偶者 楽愛妹

中国共産党中央外事工領導弁公室主任
在任期間 2013年8月 -
党総書記 習近平

中華人民共和国の旗 国務委員(外交担当)
内閣 李克強内閣
在任期間 2013年3月16日 -

中華人民共和国の旗 第10代外交部長
内閣 温家宝内閣
在任期間 2007年4月27日 - 2013年3月16日
テンプレートを表示
楊潔篪
職業: 政治家・外交官
各種表記
繁体字 楊潔篪
簡体字 杨洁篪
拼音 Yáng Jiéchí
和名表記: よう けっち
発音転記: ヤン・チエチー
テンプレートを表示

楊 潔篪(よう けっち、よう けつち、ヤン・チエチー、1950年5月1日 - )は中華人民共和国政治家外交官。現在、国務委員・中共中央外事工領導弁公室主任。過去に、第10代外交部長外務大臣)を務める。

略歴[編集]

1950年5月1日、上海市に生まれる。1963年、上海外国語学院(現上海外国語大学)附属中学に入学。1968年文化大革命によって学業を中断され、工場勤務を強いられた。その後、1971年12月に中国共産党へ入党する[1]

中華人民共和国とアメリカ合衆国が正式に国交を結ぶ以前、外交部は外国語の堪能な人材を選抜し、イギリスに留学させていた。楊も1973年にイギリスに派遣され、バース大学ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで学んだ。1975年に帰国した楊は、外交部翻訳室に配属された。後にアメリカ合衆国大統領となるジョージ・H・W・ブッシュ1974年から1975年にかけて、アメリカ合衆国在北京連絡事務所長を務めた)が1977年に中国を訪問した際には、その全日程において、通訳として陪席している。

1983年以降、駐アメリカ合衆国大使館二等書記官、一等書記官、参事官、外交部北アメリカ・オセアニア局参事官兼処長、副局長、公使、外交部部長助理(外務次官補に相当)などを歴任。1998年2月には外交部副部長(外務次官)となったが[1]、これは当時の中国で最年少の副部長であった。

2001年2月16日、楊は第7代駐米全権大使に任命された[2]。楊は当時50歳。20年以上にわたる中国とアメリカの国交の歴史において、最年少の駐米大使である。

大使の任期を終え、2005年3月に帰国した楊は、外交部副部長に再任される。2007年4月27日、外交部長に就任[1]

2013年3月16日、外交部長を退任し、国務委員に就任。

中国共産党での経歴は、第16期中央委員候補、第17,18期中央委員、現在、中央外事工領導弁公室主任。

人物[編集]

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで国際関係学を專攻した楊は、1983年以降、対米外交に携わり、ブッシュ家などアメリカ要人との人脈を形成していった。中国政府内では随一の「知米派」とされる[要出典]

56歳での外交部長就任は、初代の周恩来総理の51歳に次いで若い。「Tiger Yang」との渾名があるが、人柄は温和だと評される[要出典]

名前について[編集]

」は「」の異体字とされるが、本来楽器の一つを表す文字であり、音は「」と同音同声調で「虎」とは音が異なる。

出典[編集]

  1. ^ a b c 杨洁篪任外交部部长” (中国語). 新华网 (2007年4月27日). 2010年12月4日閲覧。
  2. ^ “克林顿接受我新任大使国书时表示 美中关系至关重要” (6 ed.). 人民日报. (1998年3月18日) 
中華人民共和国の旗中華人民共和国
先代:
戴秉国
国務委員
(外交担当)
2013年 -
次代:
現在
先代:
李肇星
外交部長
2007年 - 2013年
次代:
王毅
先代:
李肇星
アメリカ合衆国全権大使
2001年 - 2005年
次代:
周文重