榎本美佐江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
榎本 美佐江
生誕 1924年3月13日
出身地 日本の旗 日本埼玉県
死没 (1998-09-23) 1998年9月23日(満74歳没)
担当楽器 三味線
活動期間 1946年-1955年
1963年-1998年
レーベル 日本ビクター

榎本 美佐江(えのもと みさえ、1924年3月13日 - 1998年9月23日)は日本の歌手。本名は榎本ミサエ。

来歴・人物[編集]

埼玉県川口市出身。家が貧しかったため、1934年、浅草の劇場主に奉公へ出される。1938年、石川県の能登芸者になり、1940年に東京へ移る。のちに作曲家大村能章の日本歌謡学院にて歌を学び、戦争中は工場や軍隊の慰問などに回る。

1946年テイチク入社し、日本調歌手として市丸の代役で歌った「十三夜」(戦前小笠原美都子がヒットさせた曲のリバイバル)をヒット(当時レコード化はされていない)させたが、服部良一笠置シヅ子などのブギウギが世の中に流れていた時代であり、今ひとつ時流に乗れなかった。1947年新東宝「ぼんぼん」の女中役で映画デビュー。以後多くの映画に出演。

1949年ビクターに移籍。1950年、ハワイ興行にて芸者姿で歌って大喝采を浴び、以後はそれを生かす。また朝鮮特需により、ちょうど久保幸江を中心にお座敷ブームが再来しており、流れが変わる。1952年、鶴田浩二とデュエットした「弥太郎旅唄」がヒット。1953年東映映画「女難街道」の主題歌「お俊恋唄」が大ヒット。この年、「初恋おぼこ娘」で映画主演。

その鈴を鳴らしたような歌唱法と天性の美貌もあいまって日本調美人歌手として人気を得ていたが1955年プロ野球選手金田正一と同棲生活に入り、芸能界を引退。1960年に正式に結婚(それまで金田は帰化していなかったため籍が入れられなかったが前年に帰化し日本国籍を取得したため)したが、翌1961年に金田が愛人としていた宝塚歌劇団卒業生・雅章子との間にが産まれたことなどが原因で(榎本・金田間には子はなかった)、1963年に金田と離婚して芸能界に復帰。(なお金田はその後雅と再婚し今に至る)

その復帰にはマスコミも総じて同情的(金田バッシングが当時起きた)であり、吉田正市丸が後押しし、復帰第一弾「後追い三味線」は見事大ヒットする。その後も「三味線一代」等のヒット曲を出し、1965年には満を持して「十三夜」をレコード吹き込み。昭和40年代の懐メロブームでも活躍し、いわゆる"懐メロ歌手"の中ではその人気が一際高く、そのギャランティは淡谷のり子らと同格という待遇だった。

晩年までステージ/ラジオ/テレビ出演を続けたが、1990年には心臓を患い、1998年には大腸癌であることが発覚。 同年9月23日、死去。74歳没。

なお癌闘病中、前夫・金田も榎本を幾度となく見舞った。没後、金田は「(榎本は)終生大事な人でした」と語っている。

代表曲[編集]

  • 「輝く翼」共唱 小笠原美都子
  • 「大江戸七変化」共唱 竹山逸郎
  • 「恐妻ぶし」共唱 宇都美清
  • 「下関漁港節」共唱 船橋一郎
  • 「おぼろ月十三夜」
  • 「弥太郎旅唄」共唱 鶴田浩二
  • 「お俊恋唄」
  • 「舞子はんブギ」
  • 「恋風街道」共唱 三浦洸一
  • 「後追い三味線」(1963年、カムバック後の最初の作品)
  • 「お別れさのさ」
  • 「三味線一代」
  • 「十三夜」(カバー)
  • 「湯の町十三夜」
  • 「皆さんちょうだいお手拍子」
  • 「浜木綿小唄」
  • 「夫婦花笠」
  • 「二十三夜」
  • 「京都の灯り」
  • 「沖縄そだち」

テレビ番組[編集]