横山アラン・ドロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

横山アラン・ドロン(よこやまアラン・ドロン)は、1980年代に活躍した漫才師

メンバー[編集]

愛知県立刈谷高等学校卒業。1974年横山ノック入門。
兵庫県立洲本実業高等学校卒業。1976年横山ノック入門。

来歴[編集]

横山ノック門下同士で1978年6月コンビ結成。京都花月など吉本興業の劇場で活躍。

1983年にコンビ解散、そしてアランとドロンでショーパブ「アランドロン」を経営、そこからはテンダラー水玉れっぷう隊が芸人になった。

ドロンは2007年にアマチュアとして「横山ドロン・ライズ」としてM-1グランプリに出場した。

参考文献[編集]

  • 「現代上方演芸人名鑑」(少年社、1980年

関連項目[編集]