横山エミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
よこやま えみー
横山 エミー
プロフィール
生年月日 1956年12月9日
現年齢 60歳
出身地 日本の旗 日本埼玉県
公称サイズ(1979時点)
身長 / 体重 167 cm / kg
スリーサイズ 85 - 58 - 88 cm
活動
ジャンル 女優
モデル内容 キャンペーンガール
モデル: テンプレート - カテゴリ

横山 エミーよこやま エミー1959年12月9日 - )は、日本の女優である。

第4代旭化成水着キャンペーンモデルを経て、数々の男性誌のグラビアで健康的な肉体を披露。自由奔放な言動が度々マスコミへ取り上げられた。

全盛期の芸能活動は幅広く、CMモデルや女優11PMなどバラエティー番組の司会をこなしていた。一児の母。

来歴・人物[編集]

趣味は歌と映画鑑賞、特技はメーキャップだという横山エミーは、1978年旭化成の4代目水着キャンペーンガールとしてデビュー。黒目がちで大きな瞳が印象的な彼女は、あどけなさが残る健康的な笑顔と小麦色に焼けたグラマラスな肢体が魅せるギャップで大きな話題になった。

ひっきりなしに各週刊誌グラビアを飾った同年、大人向け人気番組「11PM」の8代目アシスタントへ抜擢。週に2回、深夜のお茶の間へ登場したことが彼女の人気を決定的なものにする。

1980年には三菱エアコン霧ヶ峰」を皮切りに、アメリカ屋靴店など数々のCMへ出演することで世間へ健康的な魅力を印象づけた一方で、飾らない性格のためかマスコミを相手にキワドイ発言を繰り返す事も多く、芸能界においてはワイドショーゴシップ記事のネタに事欠かないポジションとなっていった。

多くの著名人芸能人が通う六本木ゲイバーで出逢ったという、プロ野球選手井本隆との熱愛は、井本が妻帯者だったこともあり話題になった。この時にエミーは子供を身ごもり、井本とは後に籍を入れるが1984年に離婚。別れたのちはお互いに暴露本を出版するなど関係が泥沼化した。以後はテレビへの露出もめっきり減り、時折、週刊誌のグラビアヘアヌード写真集で顔を見せる程度の芸能活動となる。

女優としての活動[編集]

1979年、『0課の女』や『女囚さそりシリーズ』といった、女性が活躍するアクション劇画を週刊誌へ連載、学生を中心に人気だった篠原とおるの原作を映画化した『スーパーGUNレディ ワニ分署』へジャンボかおるとともに主演。

本作は劇中でエミーが披露した大胆なヌードばかりが話題となるが、曾根中生が監督・脚本を務め、松田優作主演のバイオレンス映画などで数々のガン・アドバイザーを担当したトビー門口を迎えたにっかつの本格的なアクション映画であった。

1981年に入ると一般映画へ参加する一方、数本のポルノ映画へ出演。

近年の活動[編集]

アダルトビデオへの主演[編集]

2007年初頭に突如、エミー主演のアダルトビデオ、『芸能界騒然スキャンダラスな女 横山エミー』の発売が告知された。この作品は、商品リリースに先がけて発表されたパッケージ写真が予想以上に過激な内容を予見させたために、往年のファンや多くの熟女マニアを大いに期待させることとなった。しかしこの作品は、直前になって諸事情もあかされぬまま販売が見送られてしまう。

ファンによる様々な憶測が囁かれるなか、翌年の2008年、再度3月25日づけでの販売がアナウンスされるものの、結局、この「大物タレントによる本格的なアダルトビデオ」は2度目も販売中止となった。

2009年6月末、『芸能界騒然スキャンダラスな女 横山エミー』は映天より発売されることが急遽アナウンスされた。それにともない、同社Webサイトで関連コンテンツを設けての正式な告知が出され、ついに翌週の7月3日に発売。最初の発売告知より、約2年半後のことであった。

なお、作品リリースの翌週に発売された週刊誌「フラッシュ」「週刊実話」には作品関連のグラビア記事が掲載され、同年8月には2作目の主演アダルトビデオ『極情貴婦人 横山エミー』が発表、ようやく陽の目を見たエミー主演作品の話題性を物語っている。

出演[編集]

バラエティ番組[編集]

ドラマ[編集]

  • 火曜サスペンス劇場、土曜ワイド劇場 …など多数出演

映画[編集]

舞台[編集]

  • 天地劇公演「竜馬翔く」 脚本・演出 南原宏治

イメージビデオ[編集]

アダルトビデオ[編集]

  • 2008年
    • 芸能界騒然スキャンダラスな女 横山エミー(映天)
    • 極情貴婦人 横山エミー(映天)

写真集[編集]

  • PHOTOBOOK3 横山エミー写真集「BOND」(大洋図書
  • マイク岡田熱写館2 横山エミー物語・熱い誘惑 (愛宕書房)
  • 横山エミー写真集 「BELIVE」 (光文社
  • フェンス (芳賀書房)
  • 週刊プレイボーイ特別編集 ギャルズ・メイト '82

著書[編集]

  • 愛のおわりに (コアラブックス)

横山エミーを取り上げた週刊誌[編集]

関連項目[編集]