横山知枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
よこやま ちえ
横山 知枝
本名 横山 知枝
別名義 Chiemi
生年月日 (1973-09-09) 1973年9月9日(43歳)
出生地 広島県福山市
国籍 日本の旗 日本
職業 タレント歌手女優
ジャンル 舞台映画ラジオテレビ
活動期間 1989年 - 2011年
活動内容 バラエティー歌手女優グラビア
配偶者 一般男性
著名な家族 一男一女

横山 知枝(よこやま ちえ、1973年9月9日 - )は、日本の元タレント歌手女優

広島県福山市出身。亜細亜大学経営学部卒業。

来歴[編集]

幼少期[編集]

1973年
広島県福山市に生まれる。

アイドル時代[編集]

1989年
広島県立福山葦陽高等学校在学中に、山田邦子がメインのフジテレビの娯楽番組『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』(以下『やまかつ』)のものまねコーナーで、アイドル歌手Wink鈴木早智子のそっくりさんを募集に応募し、『日本全国早智子を探せ』オーディションに優勝して芸能界に入る。
1990年
山田とともにやまだかつてないWinkを結成し、7月に「“T”intersection」で歌手デビューした。
1991年
2月、「さよならだけどさよならじゃない」が卒業ソングとして大ヒットした。
1992年
ソロ活動に移行し、「Happy Birthday」等を発表する。『やまかつ』終了後は、学業に専念する傍ら歌手活動を行なう。4月、亜細亜大学経営学部に進学する。

大学卒業後[編集]

1996年
3月、大学卒業と同時に女優活動を再開し、ヌード写真集を発売した。清純派のイメージを一気に払拭した。その後も映画や舞台などで活躍。ラジオパーソナリティーも務めたことがある。
1997年
2月18日、同郷・広島県福山市出身のシンガーソングライター崎谷健次郎が東京・南青山マンダラで行ったライブ"PREMIUM NIGHT vol.1"のゲストとして出演した。
1998年
テレビ東京の公開オーデション番組『ASAYAN』で、つんくプロデュースの女性4人組ユニット『太陽とシスコムーン』に応募した。
8月15日、広島県出身のギタリスト・岡崎倫典と崎谷健次郎が神奈川県川崎市川崎クラブチッタ(現:CLUB CITTA')で開いたライブ"Hiroshima Acoustic Live"で、バンド・135(いち・さん・ご)とともにゲスト出演した。
2000年
emikoと「Chiemi」を結成し、新富良野プリンスホテル(北海道富良野市)で毎年冬に行なわれる『富良野チャペルコンサート』にてコンサートを行なう。参加アーティストによる同名のオムニバス・アルバムに1曲収録する。

結婚後[編集]

2001年
一般男性と結婚する。
2005年
9月26日、フジテレビの娯楽番組『デッドエイジ』にて、やまだかつてないWinkを1日限定で再結成した。また、それ以前にも関西テレビ快傑えみちゃんねる』や日本テレビあの人は今!?』において、散発的に再結成している。
2006年
8月、長女を出産する。
2008年
6月、長男を出産する。
2011年
6月25日、東京・下北沢でライブイベントを開き、芸能界から引退した。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • 1991年6月13日 - 『Happy Birthday』(c/w:Happy Birthday、作詞・作曲:尾崎亜美、編曲:富田素弘)
  • 1991年11月13日 - 『FOR YOU』(c/w:FOR ME、作詞・作曲:尾崎亜美、編曲:富田素弘)
  • 1992年4月17日 - 『X-BOYに気をつけて』(c/w:決心、作詞・作曲:尾崎亜美、編曲:富田素弘)
  • 1993年1月21日 - 『Hey!Baby』(c/w:きっとずっと君が好き、作詞・作曲:竹内まりや、編曲:山川恵津子
  • 1993年6月18日 - 『ふたり』(c/w:ひとりにはならないで、作詞:岩里祐穂、作曲:清岡千穂、編曲:山川恵津子)
  • 1994年5月14日 - 『福山四季彩歌〜ここは福山寄んなさい〜』(作詞・作曲:作詞:久保たかし)
  • 2000年11月29日 - 『この町で』(作詞:横山知枝、作曲:emiko、編曲:SONIC DOVE、『Chiemi』名義)
  • 2000年12月2日 - 『ココにおいでよ〜空色の風船、そよ風に乗って〜』(『Chiemi』名義)

アルバム[編集]

写真集[編集]

関連項目[編集]