横山通乃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
よこやま みちの
横山 通乃
本名 横山 道代(よこやま みちよ)
別名義 横山 道代(旧芸名)
生年月日 (1936-04-16) 1936年4月16日(80歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
身長 160 cm[1]
血液型 A型[1]
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1954年 -
配偶者 中山昭二1961年 - ?)

横山 通乃(よこやま みちの、1936年4月16日 - )は、日本の女優。本名及び旧芸名、横山 道代(よこやま みちよ)[1]東京都出身[1]。俳優の中山昭二は元夫。

略歴・人物[編集]

東京都立桜町高等学校卒業[1]東京放送劇団第5期生。テレビ放送を開始したNHKの専属となり、1954年ラジオドラマヤン坊ニン坊トン坊』でデビュー[1]里見京子黒柳徹子とともに“三人娘”と呼ばれて人気が出た。『若い季節』(NHK)、『男嫌い』(日本テレビ)など人気テレビドラマに次々に出演。 一方で、1958年東宝『奴が殺人者だ』で映画初出演。その後、日本を代表する中堅映画女優として市川崑作品、伊丹十三作品など数多くの映画テレビドラマ舞台に出演した。

21世紀を目前に、「まだまだ道の途中」の意を込めて本名の横山 道代(よこやま みちよ)から横山 通乃(よこやま みちの)へと改名[2]

近年は役者としての活動に加え、講演にも活動の幅を広げている。私生活では1961年に俳優の中山昭二と結婚するが、のちに離婚した。(一子あり)

その一人息子を題材とし、女優が子育てに奮闘するエッセイを(平成2年9月10日)読売新聞に掲載されるや反響を呼び、(平成10年)全国に招かれて講演していた。「我が家の子育て」論である。

趣味はピアノ太極拳[1]

エピソード[編集]

遡る「1963年」若き日の横山は、所謂美人ではないがキュートだ。 その頃、30%を超える化け物みたいな高視聴率で、若者に受けていたテレビドラマがある。 「男嫌い」(NTV 1963年)だ。 良家の4人姉妹が、両親亡き後、自由を満喫して生きる姿を描いている。姉妹達は、大の男好きなのだが、知性と教養がじゃまをして結婚に踏み切れない。良い男に出会っても、あらが見えてくると、4人は塊になって毟る(苛めて)しまう、そのギャップがうけ、また影響を与えていた。 例えば、末娘悦子役の横山の発進したアドリブ,自称「かわいこちゃん」は忽ち巷で流行った(当時の現代用語の基礎知識掲載)。 同じく出演していた、姉歌子役の岸田今日子の使った「かもね」「〜ようよ」は、「つけが溜まっているようよ」「おやおや、払った方がいい?」「かもね」という具合に銀座のバーでヒットした。 こうした人気の高さから、翌年東宝で映画化され、試写会(1964年 日比谷並木座)には、舩場の4人姉妹を描いた小説、後に映画化されて横山が出演したあの、「細雪」の作家、谷崎純一郎まで現れた。 半世紀も経った今、また若い女性たちに受け、再上映されているようだ。2014年3月には、「ラピュタ阿佐ヶ谷」でリプリントされ、鮮やかなイーストマンカラーで上映された。嘗てかわいこちゃんの横山は、ゲストとしてトークショウ等に招かれている。

「1983年」 中年の横山は、演技派女優としてシナリオライター和田夏十の目に留まる。 以後、和田夏十の夫、市川崑監督の名作「細雪」を初めとして、数多くの作品に起用されている。

「1984年」 同じ頃、横山は伊丹十三の作品にもよく出演している。古い友達らしく初監督の「お葬式」で好演している。その時のエピソードとしてこんなことがある。 横山の友人井上陽水を出演させることになった。勿論彼は映画など初めてである。伊丹たっての要求で、井上陽水は映像において初めてサングラスを外した。 役は郵便配達人、彼は自転車に乗り、意気揚々と坂道を降りて来て、一声「電報でーす!」・・・・・・。 陽水のこの名場面に、気付く人は余りいない。

「1999〜2008年」 晩年の横山は、自作の一人舞台「ハルコ」を、東京の両国にある前衛劇場シアターXで公演、以後70歳代を、近松門左衛門樋口一葉ダリオ・フォ等の作品をコンテンポラリーに演じ続けている。

余禄「1978」 フジテレビ社主鹿内氏の直轄の美術番組で横山司会する。 平山郁夫東山魁夷杉山寧を初めとする国内外の絵画彫刻美術家たちとのユニークな対談ビデオは、箱根彫刻の森美術館に収蔵され、閲覧出来る。

主な出演[編集]

映画[編集]

  • 奴が殺人者だ(1958年)
  • 次郎長意外伝 灰神楽木曽の火祭(1958年)
  • 密告者は誰か(1958年)
  • 裸の大将(1958年)
  • みみずく説法(1958年)
  • 独立愚連隊(1959年)
  • 花嫁さんは世界一(1959年)
  • 愛の鐘(1959年)
  • 野獣死すべし(1959年)
  • 僕らの母さん(1959年)
  • 新・三等重役(1959年)
  • 頑張れゴキゲン娘(1959年)
  • こだまは呼んでいる(1959年)
  • 愛妻記(1959年)
  • ある日わたしは(1959年)
  • 暗黒街の顔役(1959年)
  • おしゃべり奥様(1959年)
  • 男性飼育法((1959年)
  • 若旦那大いに頑張る(1959年)
  • サザエさんの結婚(1959年)
  • 孫悟空(1959年)
  • 女子大学生 私は勝負する(1959年)
  • 独立愚連隊西へ(1960年)
  • サラリーマンご意見帖 男の一大事(1960年)
  • 大学の山賊たち(1960年)
  • 人も歩けば(1960年)
  • 姉さん女房(1960年)
  • 新・女大学(1960年)
  • 珍品堂主人(1960年)
  • サラリーガール読本 むだ口かげ口へらず口(1960年)
  • 山のかなたに(1960年)
  • サラリーマン御意見帖 出世無用(1960年)
  • 「赤坂の姉妹」より 夜の肌(1960年)
  • ああ女難(1960年)
  • 夜の流れ(1960年)
  • 女が階段を上る時(1960年)
  • 特急にっぽん(1961年)
  • ベビーギャングとお姐ちゃん(1961年)
  • サラリーマン弥次喜多道中(1961年)
  • 喜劇 駅前弁当(1961年)
  • ベビーギャングとお姐ちゃん(1961年)
  • 暗黒街の弾痕(1961年)
  • 金づくり無法時代(1961年)
  • 漫画横丁 アトミックのおぼん 女親分対決の巻(1961年)
  • 漫画横丁 アトミックのおぼん スリますわヨの巻(1961年)
  • 福の神 サザエさん一家(1961年)
  • サラリーマン権三と助十 恋愛交叉点(1962年)
  • 月給泥棒(1962年)
  • 早乙女家の娘たち(1962年)
  • 愛のうず潮(1962年)
  • 二十歳の恋(1962年)
  • あの人はいま(1963年)
  • わんぱく天使(1963年)
  • 喜劇 とんかつ一代(1963年)
  • イチかバチか(1963年)
  • 劇 駅前茶釜(1963年)
  • 江分利満氏の優雅な生活(1963年)
  • 喜劇 駅前音頭(1964年)
  • 拝啓総理大臣様(1964年)
  • ただいま診察中(1964年)
  • 続・若い季節(1964年)
  • 温泉女医(1964年)
  • 男嫌い(1964年)
  • 黒い賭博師(1965年)
  • おゝ猛妻(1965年)
  • 投げたダイスが明日を呼ぶ(1965年)
  • 結婚相談(1965年)
  • 酔いどれ波止場(1966年)
  • 黒い賭博師 悪魔の左手(1966年)
  • 落語野郎 大脱線(1966年)
  • 喜劇 駅前漫画(1966年)
  • クレージーの無責任清水港(1966年)
  • 駅前満貫(1967年)
  • 結婚します(1969年)
  • 奇々怪々俺は誰だ?!(1969年)
  • ザ・テンプターズ 涙のあとに微笑みを(1969年)
  • 日本一のヤクザ男(1970年)
  • 陽のあたる坂道(1975年)
  • 東京からきた女の子(1978年)
  • 喜劇役者たち 九八とゲイブル(1978年)
  • 細雪(1983年)
  • お葬式(1984年)
  • おはん(1984年)
  • 鹿鳴館(1986年)
  • 竹取物語(1987年)
  • 自由な女神たち(1987年)
  • 映画女優(1987年)
  • シャコタン・ブギ(1987年)
  • マルサの女(1987年)
  • 猫のように(1988年)
  • 妖女伝説’88(1988年)
  • STAY GOLD ステイ・ゴールド(1988年)
  • つる -鶴-(1988年)
  • TOMORROW 明日(1988年)
  • あげまん(1990年)
  • 天河伝説殺人事件(1991年)
  • ご挨拶(1991年)
  • おこげ(1992年)
  • あひるのうたがきこえてくるよ。(1993年)
  • 中指姫 俺たちゃどうなる?(1993年)
  • 横浜ばっくれ隊(1994年)
  • 四十七人の刺客(1994年)
  • さよならニッポン!(1995年)
  • 八つ墓村(1996年)
  • いのちの海 Closed Ward(1999年)
  • 白い犬とワルツ (東映、2002年)
  • オモヒノタマ〜念珠(2003年)
  • 福耳(2003年)
  • たみおのしあわせ (松竹、2008年)

テレビドラマ[編集]

吹き替え[編集]

ラジオドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 極楽島物語 (東宝、1970年)
  • プロミセス・プロミセス (東宝、1971年)
  • シュガー(東宝、1972年)
  • 夕食は外で(パルコ、1975年)
  • オズの魔法使い(東宝、1977年)
  • 第4回百恵ちゃんまつり 「第1部・ミュージカル愛の鐘は鳴らない」(1978年・8月) 修道院長 役 / 新宿コマ劇場 (2008年12月31日閉館)
  • ナポリの大様 (東宝)
  • 華麗なる男爵夫人 (松竹、1980年)
  • 終着駅 (東宝、1990年)
  • 短編集 (兵庫芸術文化協会、1999年)
  • 椿姫 (パルコ、2000年)
  • 腕におぼえあり (明治座)
  • 鉄道員 (東宝、2001年)
  • 日曜日はダメよ (四季)
  • 泥棒家族 
  • 調理場(パルコ)
  • 女を売る船 (東宝)
  • 人情酸漿蛍 (沢田研二/こころ、2002年)
  • ハルコ (シアターX,1999年、自作)
  • 開かれたカップル (シアターX、2001年)
  • 冥途の飛脚 (シアターX、2001年)
  • やみ夜 (シアターX、2010年)
  • オペラ演出、コシファトウッテ(シアターX、2012年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 横山 通乃”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2016年6月6日閲覧。
  2. ^ 横山通乃のプロフィール”. 講師一覧. システムブレーン. 2016年6月6日閲覧。

関連項目[編集]