横浜湘南道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
国道468号標識

横浜湘南道路(よこはましょうなんどうろ)は、神奈川県横浜市栄区から神奈川県藤沢市を結ぶ国道468号首都圏中央連絡自動車道)の一部の自動車専用道路高規格幹線道路)である。全線未開通であり、2007年度に完成予定だったが、用地取得の遅れから開通年度は2020年度に延長された。高速道路ナンバリングによる路線番号は圏央道であるC4が割り振られている[1]

新湘南バイパス計画中横浜環状南線を結ぶ国道1号など主要道路の両市内における慢性的な交通渋滞を解消する為に計画された。事業主体は、国土交通省と東日本高速道路株式会社である。

概要[編集]

  • 起点 : 神奈川県横浜市栄区田谷町
  • 終点 : 神奈川県藤沢市城南一丁目
  • 全長 : 7.5km
    • 藤沢IC改良部分の距離も含まれる。
  • 規格 : 第1種第3級
  • 設計速度 : 80km/h
  • 車線数 : 4車線
  • 都市計画道路名:横浜国際港都建設計画道路1・4・7号横浜湘南道路/鎌倉都市計画道路1・4・7号横浜湘南道路/藤沢都市計画道路1・4・1号横浜湘南道路

歴史[編集]

出入口など[編集]

名称は仮称。

IC
番号
施設名 接続路線名 備考 所在地
- 栄IC/JCT C4/E66 横浜環状南線 横浜藤沢線 事業中 横浜市栄区
- 藤沢IC C4 新湘南バイパス国道1号 藤沢市

脚注[編集]

関連項目[編集]