横浜環状南線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
高速道路

国道468号標識

C4/E66 首都圏中央連絡自動車道
横浜国際港都建設計画道路1・3・3号高速横浜環状南線/鎌倉都市計画道路1・3・1号高速横浜環状南線
路線延長 8.9 km
開通年 未定
起点 神奈川県横浜市金沢区釜利谷町
終点 神奈川県横浜市戸塚区汲沢町
接続する
主な道路
(記法)
首都圏中央連絡自動車道
横浜環状北線
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

横浜環状南線(よこはまかんじょうみなみせん)は、神奈川県横浜市金沢区から神奈川県横浜市戸塚区を結ぶ自動車専用道路横浜環状道路の南側区間であるとともに、首都圏中央連絡自動車道国道468号)の一部を構成する[1]独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構東日本高速道路株式会社との協定では横浜横須賀道路の一部とされている[2]2020年度開通予定[3]

高速道路ナンバリングによる路線番号は釜利谷JCT~栄IC・JCT間がC4、栄IC・JCT~戸塚IC間がE66と、各区間割り振られている[4]

概要[編集]

横浜市金沢区を走る横浜横須賀道路釜利谷ジャンクション (JCT) より分岐して西進し、同市戸塚区の国道1号へ接続する延長約 8.9 kmの自動車専用道路である。 横浜市郊外の連絡道路という性格をもち、同時に横浜市中心部の交通渋滞の解消を目的としている。横浜環状北線が横浜市と首都高速道路株式会社の共同事業であるのに対し、横浜環状南線は国土交通省東日本高速道路株式会社の共同事業である。全体の事業費は約4300億[5]。事業用地の買収率は2012年8月で約74%。2015年9月末現在で約94%。国土交通省関東整備局によれば、開通目標は平成32年度(2020年度)としている[6]

全体の約7の区間が地下あるいは掘割構造となる[7]。その為、公田と笠間に換気所が設置される。

路線データ[編集]

  • 道路名 : 高速横浜環状南線[5]
  • 路線名 : 首都圏中央連絡自動車道(一般国道468号)[5]
  • 起点 : 神奈川県横浜市金沢区釜利谷町[7]
  • 終点 : 神奈川県横浜市戸塚区汲沢町[7]
  • 延長 : 8.9km[7](横浜市 8.4 km、鎌倉市 0.5 km)[5]
  • 規格 : 第1種第3級[7]
  • 設計速度 : 80km/h[7]
  • 車線数 : 6車線[7]
  • 幅員 : 車道部(10.5 m/3車線)×2[8]
  • 都市計画道路名:横浜国際港都建設計画道路1・3・3号高速横浜環状南線/鎌倉都市計画道路1・3・1号高速横浜環状南線

出入口など[編集]

施設名の名称は、釜利谷ジャンクション (JCT) を除いてすべて仮称である[5]

IC
番号
施設名 接続路線名 起点から
(km)
備考 所在地
4-1 釜利谷JCT E16 横浜横須賀道路 0.0 事業中 横浜市金沢区
- 公田IC 都市計画道路上郷公田線 3.4[7] 横浜市栄区
- 栄IC/JCT C4横浜湘南道路都市計画道路横浜藤沢線 6.7[7]
- 戸塚IC 国道1号 8.9[7] 横浜市戸塚区

歴史[編集]

脚注[編集]

  1. ^ よこかんみなみ 道路の概要 ルート”. NEXCO東日本 関東支社 横浜工事事務所 工務課. 2015年7月25日閲覧。
  2. ^ 高速自動車国道北海道縦貫自動車道函館名寄線等に関する協定 (PDF)”. 独立行政法人 日本高速道路保有・債務返済機構. p. 331. 2015年7月25日閲覧。
  3. ^ 開通予定区間 横浜環状南線(圏央道)”. 東日本高速道路株式会社. 2015年7月25日閲覧。
  4. ^ 「高速道路ナンバリングの導入について」(平成29年2月14日付け国道企第55号)、国土交通省道路局長通知、2017年2月14日
  5. ^ a b c d e f g h i 道路概要・経緯”. よこかんみなみWebサイト. 東日本高速道路. 2016年10月29日閲覧。
  6. ^ 3環状道路の開通予定”. 国土交通省関東地方整備局ホームページ. 国土交通省関東地方整備局. 2016年10月29日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j 圏央道高速横浜環状南線パンフレット (PDF) (関東地方整備局横浜国道事務所2013年3月発行、同年6月12日閲覧)
  8. ^ 構造・工法/地上部・半地下部”. よこかんみなみWebサイト. 東日本高速道路. 2016年10月29日閲覧。
  9. ^ 首都圏中央連絡自動車道「釜利谷JCT~戸塚IC (仮称) 」及び「栄IC・JCT (仮称) ~藤沢IC」の事業認定申請を行いました。”. 国土交通省 関東地方整備局 横浜国道事務所. 2016年1月5日閲覧。
  10. ^ よこかんみなみ 事業進ちょく状況

関連項目[編集]