横田耕一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

横田 耕一(よこた こういち、1939年(昭和14年)2月17日 - )は、日本憲法学者。九州大学名誉教授。流通経済大学特例教授。高知県出身。

略歴[編集]

学会・社会的活動[編集]

全国憲法研究会運営委員、憲法理論研究会運営委員、日本学術会議公法学研究連絡委員会委員、福岡県婦人問題懇話会委員、春日市個人情報保護審議会副会長等を歴任。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『象徴天皇制と人権』(部落解放研究所〈人権ブックレット21〉、1990年)
  • 『憲法と天皇制』(岩波書店岩波新書〉、1990年)
  • 『アメリカの平等雇用――アファーマティヴ・アクション』(部落解放研究所〈人権ブックレット27〉、1991年)
  • 『人権とは何か』(福岡県人権研究所〈ブックレット菜の花11〉、2006年)

共著[編集]

  • (針生誠吉)『国民主権と天皇制』(法律文化社〈現代憲法大系〉、1983年)

共編著[編集]

  • (江橋崇)『象徴天皇制の構造――憲法学者による解読』(日本評論社、1990年)
  • (高見勝利)『ブリッジブック憲法』(信山社出版〈ブリッジブックシリーズ〉、2002年)
  • (松本健男・江橋崇・友永健三)『これからの人権保障――高野眞澄先生退職記念』(有信堂高文社、2007年)

論文[編集]