橋本力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

橋本 力(はしもと ちから、1981年11月21日 - )は、日本人プロボクサー。元タイ国スーパーフライ級チャンピオン宮崎県宮崎市出身。Fukuokaボクシングジム所属。福岡県立玄洋高等学校卒業。

来歴[編集]

  • 2000年7月30日、プロデビュー。橋本和聖(G16)に4RKO勝ち。
  • 2002年11月10日、西部日本バンタム級新人王として、全日本新人王決定戦西軍代表決定戦に出場。李光輝(グリーンツダ)に6RKO負けし準優勝に終わる。
  • 2004年6月9日タイ王国スーパーフライ級王座決定戦に挑戦。ノーンカイ・パコンビュージムに10R判定勝ちし獲得。
  • 2004年10月27日、タイ国スーパーフライ級王座初防衛戦をタイで行う。8月8日に日本で一度勝っているペッチクローンパイ・ソータイチップに10R判定負け。同王座を失う。
  • 2007年6月21日、タイ王国バンタム級王者ガオナー・クロンパジョンに挑戦し、前人未到のタイ王国二階級制覇を狙うも、1RKOで敗れ戴冠ならず。
  • 2009年4月12日、約2年ぶりの復帰戦に挑むも、新鋭、蔦谷貴法(協栄)に3RKOに敗れる。
  • 2011年2月13日、元日本ライトフライ級6位大神淳二(フジタ)に倒し倒され激戦の末、7RKO勝ち。

戦績[編集]

  • プロボクシング:32戦26勝(11KO)5敗1分

獲得タイトル[編集]

  • 2002年西日本バンタム級新人王戦準優勝
  • タイ王国スーパーフライ級王座

関連項目[編集]