正田英三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
正田家の人々(1914年・大正3年)
後列右が英三郎。 前列左の弟・順四郎と共に東京高師附属小(現・筑波大附属小)の制服を着ている

正田 英三郎(しょうだ ひでさぶろう、1903年9月21日 - 1999年6月18日)は日本実業家群馬県邑楽郡館林町(現・館林市)出身。

日清製粉グループ本社の創業者・正田貞一郎の三男として生まれたが、長兄・明一郎(貞一郎の長男)が早世し、次兄・建次郎(貞一郎の次男)が数学者となったので、英三郎が父の跡を継ぎ、製粉業界最大手の日清製粉グループ本社の社長会長を歴任した。皇后美智子の実父である。

略歴[編集]

家族関係[編集]

孫は巌の2男、恵美子の1男1女、修の2女、そして現在の皇后である美智子の2男1女(皇太子徳仁親王秋篠宮文仁親王黒田清子)の計9人、男5人女4人である。

系譜[編集]

正田家(群馬県館林市東京都
六三郎…(略)…文右衛門━┳━文右衛門
             ┃          ┏━明一郎
             ┃          ┣━はる
             ┗━作次郎━━貞一郎 ┃
                     ┃  ┃  多美 ┏━彬
                     ┃  ┃  ┣━━╋━絢子
                     ┣━━╋━建次郎 ┗━さだ子
                     ┃  ┃  ┣━━━━紘
                     ┃  ┃  禎子
                     きぬ ┃
                        ┣━勅子
                        ┣━英三郎
                        ┃  ┣━━┳━巌
                        ┃ 冨美子 ┣━美智子
                        ┃     ┣━恵美子
                        ┣━祐子  ┗━修
                        ┣━順四郎
                        ┃  ┣━━━━紀子
                        ┃  郁子
                        ┃
                        ┣━千鶴子
                        ┣━篤五郎
                        ┃  ┣━━━━晋一郎
                        ┃  公子
                        ┃
                        ┗━和子

なお上記の系図のうち正田建次郎の係累については『昭和人名辞典 第1巻 東京編』504頁、831-832頁を、正田順四郎の係累については同書503頁を出典とする。

脚注[編集]


参考文献[編集]