比佐廉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ひさ れん
比佐 廉
生年月日 (1975-10-27) 1975年10月27日(41歳)
出生地 フランスの旗 フランス パリ
国籍 日本の旗 日本
身長 163 cm[1]
職業 劇作家演出家作曲家女優
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
著名な家族 比佐一平(弟)
所属劇団 東京スウィカ2001年 - )
事務所 ウィーズカンパニー
公式サイト 比佐廉 An actor, stage director, playwright, musical composer

比佐 廉(ひさ れん、1975年10月27日[2] - )は、日本の俳優演出家劇作家フランス生まれ、東京都出身。自由の森学園中学校・高等学校卒業[3]ウィーズカンパニー所属。チャイルドコーチングアドバイザー。

劇団「東京スウィカ」主宰・脚本・演出。 こどもミュージカル「れんアカデミー」代表。

一般社団法人「シバイコ!」の代表でもあり、小劇場を中心とした劇団を支援し、障害者や福祉施設を劇場に招待する活動なども行っている。 子役出身で、デビューは10歳(劇団日本児童)。その後、劇団ひまわり(31期研究科卒)、人力舎を経て、現在はウィーズカンパニー所属。 2006年結婚。2011年長男を出産。 「舞夢プロ」「avex」「東大付属中学校」「ケイファクトリー」「静岡ミュージカル・シャイン」「NOVI-Labo」他で演劇クラス講師を務める。 特に子役の育成には定評があり、個人レッスンを受けている子役も多い。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

映画[編集]

テレビ出演[編集]

PV[編集]

声優[編集]

舞台[編集]

  • みんな我が子(劇団ひまわり)
  • 結婚仲介人(劇団ひまわり)
  • 雫たちの氾濫(METS)
  • TEENS(METS)
  • 戦場のピクニック(サマーアーツ・演出家コンクール)
  • 処置(サマーアーツ・演出家コンクール)
  • お藤(オフィス・サエ)
  • りゅうりぇんれん(オフィス・サエ)
  • カナリア放送局(東京スウィカ)
  • 花が咲いたら(rennnessプロデュース)

他多数

WEB[編集]

  • レイコップ(父の本音)
  • ミュゼプラチナム(ピンクリボン体操)

主な作品[編集]

脚本[編集]

  • 花が咲いたら(RennessProduce)
  • サーカスの唄(東京スウィカ)
  • カナリア放送局(東京スウィカ)
  • 夕焼けの丘写真館(東京スウィカ)
  • 花の町マーチ(東京スウィカ)
  • ひねもすの煙(東京スウィカ)
  • 皐月の天〜サツキノソラ〜(東京スウィカ)
  • 東風コチ 夕立 土用波(東京スウィカ)
  • オレンジ色のキャデラック(8mmm)
  • 港入口若津屋食堂(東京スウィカ)
  • SEASONS(セント・フォースプレゼンツ朗読劇)
  • 千羽鶴(文化座)
  • 光の庭(東京スウィカ)
  • Call me Hero!〜もう声なんかいらないと思った〜(SPA)
  • Majoel~マージョエル~(れんアカデミー)
  • がらくた街のネジを巻け!(れんアカデミー)
  • STANDBY(俳優教室)
  • ミソロジカル:カナタ~時の向こうに~(れんアカデミー)

シナリオ[編集]

  • 五月の空(映画)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 比佐廉のプロフィール”. ORICON STYLE. オリコン. 2015年10月13日閲覧。
  2. ^ 『日本音声製作者名鑑2007』、226頁、小学館、2007年、ISBN 978-4095263021
  3. ^ 田中美絵 (2011年1月31日). “あの人とこんな話 人は面白く、温かい 描かずにはいられない 女優/脚本家/演出家/「東京スウィカ」主宰/「ジバイコ!」会長 比佐 廉さん”. 朝日求人ウェブ. 朝日新聞デジタル. 2015年10月13日閲覧。

関連項目[編集]