毛利菊枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
もうり きくえ
毛利 菊枝
本名 森 キク(もり きく)
旧姓:小林
生年月日 1903年11月3日
没年月日 2001年8月20日(満97歳没)
出生地 日本の旗 日本群馬県利根郡沼田町(現・沼田市
死没地 日本の旗 日本静岡県静岡市
職業 女優
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台
活動期間 1929年 - 2001年
配偶者 森暢
主な作品
テレビドラマ
信子とおばあちゃん
よーいドン
映画
雨月物語
地獄門
ぼんち

毛利 菊枝(もうり きくえ、1903年11月3日 - 2001年8月20日)は、日本女優。本名は森 キク(旧姓:小林)。夫は美術史家の森暢

杉村春子山本安英らと同世代の新劇女優であり、岸田国士に師事。幾つかの劇団を経て、京都市劇団くるみ座を創設し、長く代表をつとめた。戦後は映画やテレビドラマにも多く出演し、老け役で活躍した。

略歴・人物[編集]

1903年(明治36年)11月3日群馬県利根郡沼田町(現沼田市)に生まれる。群馬県立高崎高等女学校(現群馬県立高崎女子高等学校)中退。

1925年(大正14年)、岸田国士主宰の新劇研究所に第1期生として入る。1929年(昭和4年)、喜劇座の旗揚げ公演『御意に任せて』で初舞台を踏む。1932年(昭和7年)に友田恭助田村秋子夫妻の築地座に参加するが、1934年(昭和9年)に木崎豊、清川玉枝龍岡晋らと脱退して京都で創作座を旗揚げした[1]1937年(昭和12年)に同座を退団。1940年(昭和15年)に宇野重吉、中江良介、信欣三北林谷栄らと瑞穂劇団に参加した[2][3]

1946年(昭和21年)、京都で毛利菊枝演劇研究所を発足させ、1948年(昭和23年)に劇団くるみ座と改称した[4]。門下生には俳優の栗塚旭北村英三多賀勝一沼田曜一、劇作家の山崎正和らがおり、京都の新劇の劇団の中では最古で、劇団民芸文学座俳優座と並ぶ古い歴史を持つ劇団となった。舞台の代表作に『肝っ玉おっ母とその子どもたち』(くるみ座)があり、この演技で毎日演劇賞を受賞している。

映画では、1937年の『からゆきさん』(木村荘十二監督)が初出演作となり、およそ100本の作品に出演。

テレビドラマでは『信子とおばあちゃん』に主人公・信子の祖母(佳年おばあちゃん)役などで出演した。

原泉らと並び、老け役の名手として活躍した。

2001年(平成13年)8月20日肺炎のため静岡市内の病院で死去。享年97。

受賞歴[編集]

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • お好み日曜座 / おばあさん(1959年、NHK) - おばあさん
  • サンヨーテレビ劇場 / 羅生門(1959年、KR)
  • 部長刑事 第48話「盆おどりの夜」(1959年、OTV)
  • 現代人間模様 第19・20話「城 修復技師」(1959年、NHK)
  • 東芝日曜劇場(TBS)
    • 第204話「穴」(1960年)
    • 第804話「寒椿」(1972年)
    • 第924話「風前の灯」(1974年)
    • 第1001話「二人の息子」(1976年)
    • 第1136話「京おんな・恋のおくり火」(1978年)
  • 女の園(NHK)
    • 第32話「その歳月」(1962年)
    • 第58話「姥の門出」(1962年)
  • 創作劇場 / 闖入者(1963年、教育テレビ) - C・老婆
  • 嫁ぐ日まで 第17話「つゆ」(1963年、CX)
  • テレビ指定席 / 恐山宿坊(1964年、NHK)
  • 風雪(NHK)
    • 炎の女(1964年) - 英の母
    • 活動大写真(1965年) - 牧野やな
  • 素浪人 月影兵庫 第1シリーズ 第17話「真赤な花が咲いていた」(1966年、NET) - 多門
  • 剣 第5話「蝉時雨」(1967年、NTV) - きくの母
  • NHK大河ドラマ / 竜馬がゆく(1968年、NHK) - お竜の母
  • 影の顔(1970年) ‐ 老女中・お糸
  • 連続テレビ小説(NHK)
  • 徳川おんな絵巻 第13話「白鷺城の若き獅子」・第14話「永遠の初夜」(1970年、KTV) - 光月院
  • 銀河ドラマ / 影の顔(1970年、NHK) - 老女中お糸
  • 水戸黄門TBS / C.A.L
    • 第2部 第24話「悪い奴ら・宮津」(1971年) - 桔梗屋
    • 第3部 第20話「帰って来た男・土佐」(1972年)
    • 第4部 第12話「なまはげ様のお通りだ!・秋田」(1973年) - さき
    • 第5部
      • 第8話「一寸の虫にも五分の魂・金沢」(1974年) - 森かね
      • 第24話「二人の御老公・佐賀」(1974年) - 農家の婆さん
    • 第7部
      • 第19話「最上紅花恋の唄・米沢」(1976年) - とめ
      • 第30話「おふくろさまは山びこ・上田」(1976年)- おかの
    • 第8部 第22話「海鳴り竜王岬・高知」(1977年) - おさき
  • 影同心II 第15話「尼と男の冬の宿」(1976年、MBS / 東映) - 老庵主
  • 横溝正史シリーズII / 八つ墓村(1978年、MBS) - 田治見小竹
  • 赤穂浪士(1979年、NET) - 高木くめ
  • 大岡越前 第6部 第11話「江戸っ子駕籠」(1982年、TBS / C.A.L) - おとき

脚注[編集]

  1. ^ 茨木憲著『日本新劇小史』p.96
  2. ^ 茨木憲著『ものがたり・戦後演劇』p.30
  3. ^ 『日本新劇小史』p.105
  4. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus「毛利菊枝」の項