水島道太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
みずしま みちたろう
水島道太郎
水島道太郎
1948年頃
本名 同じ
生年月日 (1912-01-20) 1912年1月20日
没年月日 (1999-03-23) 1999年3月23日(満87歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京市浅草区花川戸(現在の東京都台東区花川戸)
職業 俳優
ジャンル 軽演劇劇映画時代劇現代劇剣戟映画サイレント映画トーキー)、テレビ映画
活動期間 1928年 - 1990年
配偶者 山鳩くるみ
著名な家族 小林夕岐子(実娘)

水島 道太郎(みずしま みちたろう、1912年1月20日 - 1999年3月23日)は、日本映画俳優東京市浅草区花川戸出身。

家族[編集]

来歴・人物[編集]

浅草尋常小学校を卒業、早稲田実業学校に進むが中退する。エノケン一座、ムーランルージュ新宿座など軽演劇の舞台を経て、松竹下加茂撮影所で大部屋俳優として経験を積んだ後、1935年大都映画へ入社、主演スターとして多くの映画に出演する。

1942年大映月丘夢路と共演した『新雪』が大ヒットし、大手の映画会社でもスターとなる。戦時中は大映で『肉弾挺身隊』『あなたは狙われている』等の戦争映画、防諜映画に主演、戦後は松竹でアクション映画『地獄の顔』(主題歌「夜霧のブルース」)がヒットし、美空ひばりの『牛若丸』では弁慶に扮した。

以降松竹新東宝日活など各社の現代劇・時代劇1960年頃まで主演スターとして活躍した。時代劇では日活での『丹下左膳』三部作が代表作、現代劇では1952年の『上海帰りのリル』(新東宝)が有名である。

1961年、フリーとなる。以後は脇役に回り、東映や日活のヤクザ映画悪役として凄味のある演技を見せた。1970年代からはTV時代劇を中心に活躍した。歌手としての活動もあり、晩年の主な活動となっている。1980年代以降は日本歌手協会主催の歌謡祭や「にっぽんの歌」(テレビ東京)へも出演。親交があったディック・ミネのヒット曲であり、自身の主演映画『地獄の顔』主題歌「夜霧のブルース」などを披露していた。

1999年3月23日午前11時22分、老衰の為死去。87歳没[1]

出演作品[編集]

映画[編集]

  • 日の丸若衆(1931年、新興キネマ) - 益本一平
  • 忠臣蔵(1937年、大都映画) - 岡野金右衛門
  • 怪電波の戦慄(1939年、大都映画) - 黒衣の怪人
  • 将軍と参謀と兵(1942年、日活) - 金井中尉
  • 新雪(1942年、大映) - 蓑和田良太
  • 重慶から来た男(1943年、大映) - 落合行介
  • 街の野獣(1946年、松竹) - 竜吉
  • 地獄の顔(1947年、松竹) - 西脇順三
  • 長崎物語(1947年、松竹) - 村井直吉
  • 暁の追跡(1950年、新東宝) - 山口
  • 高原の駅よさようなら(1951年、新東宝) - 野村俊雄
  • 右門捕物帖 緋鹿の子異変(1952年、新東宝) - 佐太郎
  • 上海帰りのリル(1952年、新東宝) - 山本謙吉
  • 風の噂のリル(1952年、新東宝) - 眞田文吉
  • 牛若丸(1952年、松竹) - 弁慶
  • 清水次郎長伝(1952年、新東宝) - 追分三五郎
  • 次郎長三国志シリーズ(1952年-1954年、東宝) - 小政
  • ハワイの夜(1953年、新東宝) - 河合隆夫
  • 野戦看護婦(1953年、新東宝) - 長井軍医中尉
  • 忠臣蔵 花の巻、雪の巻(1954年、松竹) - 不破数右衛門
  • 春色お伝の方 江戸城炎上(1954年、新東宝) - 黄昏の吉松
  • 神州天馬侠(1954年、新東宝) - 龍巻四郎右衛門
  • 和蘭囃子(1954年、新東宝) - 貝村谷五郎
  • 猿飛佐助(1955年、日活) - 石川五右衛門
  • 丹下左膳 乾雲の巻(1956年、日活) - 丹下左膳
  • 丹下左膳 坤龍の巻(1956年、日活) - 丹下左膳
  • 丹下左膳 完結篇(1956年、日活) - 丹下左膳
  • 復讐は誰がやる(1957年、日活) - ブランコの龍
  • 暗黒街の美女(1958年、日活) - 宮本
  • 昼下りの暴力(1959年、日活) - 鈴木定夫
  • 拳銃無頼帖シリーズ 明日なき男(1960年、日活) - 辻堂
  • 「13号待避線」より その護送車を狙え(1960年)
  • 敵は本能寺にあり(1960年、松竹) - 斎藤内蔵助
  • 右門捕物帖 まぼろし燈籠の女(1961年、東映) - 平岩和泉
  • やくざ判官(1962年、東映) - 原六之進
  • めくら狼(1963年、東映京都)
  • 人生劇場 飛車角(1963年、東映) - 奈良平
  • 十三人の刺客(1963年、東映) - 佐原平蔵
  • 宿無し犬(1964年、大映) - 青井喜六
  • 昭和残侠伝(1965年、東映) - 岩佐徹造
  • 昭和残侠伝 唐獅子牡丹(1966年、東映) - 左右田寅松
  • 日本侠客伝 雷門の決斗(1966年、東映) - 風間東五郎
  • 昭和残侠伝 血染めの唐獅子(1967年、東映) - 聖天の五郎
  • 新網走番外地(1968年、東映) - 石津徹  
  • 悪名一番勝負(1969年、大映) - 白石鉄之助
  • 牡丹と竜(1970年、日活) - 猪熊伝七
  • 女番長ゲリラ(1972年、東映) - 八田正剛
  • 子連れ狼 死に風に向う乳母車(1972年、東宝) - 板倉内膳正
  • 山口組三代目(1973年、東映) - 古川松太郎
  • 直撃! 地獄拳(1974年、東映) - 甲賀白雪斎
  • 狭山裁判(1976年、東映) - 坂本部長
  • 日本殉情伝 おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群(1988年、アートリンクス) - 水城龍太郎
  • せんせい(1989年、松竹) - おじいちゃん
  • 浪人街(1990年、松竹) - 太兵衛

など

テレビドラマ[編集]

など

脚注[編集]

  1. ^ 読売新聞1999年3月24日夕刊23面より