水谷邦久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
みずたに くにひさ
水谷 邦久
本名 水谷 邦久
生年月日 (1948-03-08) 1948年3月8日(68歳)
出生地 日本の旗, 静岡県
民族 日本人
身長 172cm
職業 俳優
主な作品
テレビドラマ
レインボーマン』、『江戸を斬るII

水谷 邦久みずたに くにひさ1948年3月8日 - )は、日本俳優。本名同じ[1]静岡県出身[1]静岡県立熱海高等学校卒業[1]

来歴・人物[編集]

高校卒業後、文学座付属演劇研究所を経て、劇団NLTに入団[2]

東宝テレビ部に所属し[1]、1970年、テレビドラマ『金メダルへのターン!』にレギュラー出演。本作を経て、1972年放送の特撮テレビドラマ『レインボーマン』の主人公・ヤマトタケシ役を演じる。劇団NLTの先輩であり、『金メダルへのターン!』『レインボーマン』でも共演した長沢大は、「アドバイスも素直に受け止めるのでよく面倒を見た」と語っている[3]

1970年代後半に芸能界を引退。現在は、静岡県熱海市にて、カメラとスイーツの専門店「プロムナードミズタニ」を経営している。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 江戸川乱歩シリーズ 明智小五郎 第24話「拝啓地下帝国殿下 大暗室より」(1970年、東京12ch
  • 金メダルへのターン!(1970年 - 1971年、CX) - 黒木進介
  • クラスメート -高校生ブルース-(1971年、NTV) - 日野
  • 飛び出せ!青春 第1話「レッツ・ビギン Let's begin!」、第25話「そのけんか私が買います」(1972年、NTV) - 県立東高サッカー部キャプテン
  • レインボーマン(1972年 - 1973年、NET) - 主演・ヤマトタケシ / レインボーマン  
  • 太陽にほえろ!(NTV)
    • 第65話「マカロニを殺したやつ」(1973年) - 井沢義男
    • 第87話「島刑事・その恋人の死」(1974年) - 白井
    • 第128話「夢見る人形たち」(1974年) - 倉田次郎
    • 第161話「話したい」(1975年) - 坂東ひろし
    • 第240話「木枯らしの中で」(1977年) - 娘の婿
  • 高校教師 第2話「同棲なんて知らない」(1974年、東京12ch) - 千葉敏夫
  • 日本沈没 第22話「折れ曲がる、日本列島」(1975年、TBS) - 小里(大浦岬灯台職員)
  • 必殺必中仕事屋稼業 第19話「生かして勝負」(1975年、ABC) - 忠七
  • ザ★ゴリラ7 第23話「死刑台へ急ぐ野郎ども」(1975年、NET)
  • 江戸を斬るII(1975年 - 1976年、TBS) - 仙太
  • 夫婦旅日記 さらば浪人 第19話「くずやおはらい物語」(1976年、CX)
  • 円盤戦争バンキッド 第1話「エンバン編隊"13"の謎」(1976年、NTV) - 一郎
  • 俺たちの朝 第11話「喧嘩とやる気と下手な芝居」(1976年、NTV) - 演劇部員
  • いろはの"い"第15話「追いつめる」(1976年、NTV) - 警官
  • Gメン'75 第98話「女子大生の中のニセ刑事」(1977年、TBS)
  • 華麗なる刑事 第24話「恐怖のドライブイン」(1977年、CX) - 名和ジュンイチ
  • 同心部屋御用帳 江戸の旋風III 第37話「北風の女」(1978年、CX)
  • 新五捕物帳 第58話「ふきっ溜りの青春」(1979年、NTV) - 長三郎

映画[編集]

  • 弾痕(1969年、東宝) - 活動家
  • 俺の選んだ女(1976年、東宝) - 高士

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『日本タレント名鑑'76』 VIPタイムズ社、1976年、148頁。
  2. ^ 『レインボーマン ダイヤモンド・アイ コンドールマン大全』(双葉社・2002年)91頁
  3. ^ 『レインボーマン ダイヤモンド・アイ コンドールマン大全』91 - 92頁