永作博美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ながさく ひろみ
永作 博美
生年月日 (1970-10-14) 1970年10月14日(46歳)
出生地 日本の旗 日本茨城県行方市[1][2]
血液型 B型[3]
職業 歌手女優
ジャンル 映画テレビ番組舞台など
活動期間 1989年[4] -
配偶者 内藤まろ(2009年 ‐ )[5]
事務所 田辺エージェンシー
公式サイト 永作博美
主な作品
テレビドラマ
青い鳥
週末婚
Pure Soul〜君が僕を忘れても〜
婚外恋愛
功名が辻
世にも奇妙な物語』シリーズ
映画
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
人のセックスを笑うな
その日のまえに
八日目の蝉
備考
https://dot.asahi.com/wa/2015052200064.html

永作 博美(ながさく ひろみ[3]1970年10月14日[3] - )は、日本女優タレント歌手茨城県行方市出身[2][3]田辺エージェンシー所属。

経歴[編集]

1988年、「オールナイトフジ 女子高生スペシャル」の美感少女コンテストでベストパフォーマー賞を受賞[5]、その後、松野有里巳佐藤愛子の3人で、アイドルグループ『ribbon』を結成し活動する[6][7]。1993年にはシングル「My Home Town」でソロデビュー[5]

その後「劇団☆新感線」を経て[6]1994年にドラマ「陽のあたる場所」で女優デビュー。第50回ブルーリボン賞助演女優賞、第35回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、第54回ブルーリボン賞主演女優賞などを受賞する[4]

2009年、映像作家の内藤まろと結婚[5][7]2010年に第1子となる男児を、2013年に第2子の女児を出産した[7]

人物[編集]

  • 魔性の女を演じることが増えたため、永作自身もそうであると思われることがあるというが、本人はこれについては「それは私の口からはなんとも…ただ、素の私と役が重なって見えるのは、役者としてとても楽しいことです。」とコメントしている[8]
  • 近年の『甘酒豆乳』ブームのさきがけとなった一大功労者である。

女優として[編集]

  • 演じる上で気をつけていることは、『余計なことはしない』。理由は、何かやろうとすると人間としての嫌らしさが出るためだという[8]
  • 女優として転機となった作品に黒沢清ドッペルゲンガー』、石川寛好きだ、』を挙げている。芝居に目覚めたのは初舞台作の「タイムスリップ黄金丸」だった[9]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

  • ペット(2016年) - クロエ 役(日本語吹替版) [13]

バラエティ番組[編集]

ドキュメンタリー番組[編集]

紀行番組[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

  • タイムスリップ黄金丸(1993年)
  • Stand by me(1994年)
  • 下北ビートニクス(1996年)
  • 一人芝居「水物語」(1997年)
  • ラヴ・レターズ(1998年)
  • オレアナ(1999年)
  • 恋愛戯曲(2000年)
  • 人間風車(2003年)
  • ふたたびの恋(2003年)
  • LAST SHOW(2005年)
  • ドラクル God Fearing Dracul(2007年)
  • 幸せ最高ありがとうマジで!(2008年)
  • 雨(2011年)
  • シレンとラギ(2012年) - 主演・シレン 役
  • プルートゥ PLUTO(2015年) - ウラン/ヘレナ(2役)
  • 頭痛肩こり樋口一葉(2016年、シアタークリエ) - 主演・樋口一葉[16]

ラジオ[編集]

ウェブマガジン[編集]

  • 大人の女性のためのトラベル・ウェブ・マガジン『旅色』旅色 SELECTION(2008年 - )

音声ガイド[編集]

  • Bunkamuraザ・ミュージアム、長崎県美術館、岩手県立美術館「現代スペイン・リアリズムの巨匠 アントニオ・ロペス展」(2013年)

作品[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. My Home Town (1993年8月4日)
    (c/w) 届かぬ思い
  2. Without You (1994年1月21日)
    (c/w) あなただけに
  3. 逢いにきて (1994年6月17日)
    (c/w) 恋と微笑みと花
  4. 9:01PM (1998年2月25日)「HIROMI NG」名義
    (c/w) ひらめき

アルバム[編集]

  • N(1993年9月1日)
  • Here and Now(1994年7月21日)
  • 「永作博美」SINGLESコンプリート(2007年8月17日)

書籍[編集]

  • やうやう(2008年1月17日、リトル・モア)ISBN 978-4898152300

写真集[編集]

  • Uk.asagan(1997年4月21日、ぶんか社、撮影:リュウ ハナブサ)ISBN 978-4821121427
  • 月刊永作博美(SHINCHO MOOK)(1998年12月、新潮社、撮影:平間至)ISBN 978-4107900548
  • NAGASAKU BOXX(2001年7月11日、新潮社、撮影:操上和美、斎藤芽生)ISBN 978-4104484010

受賞歴[編集]

1996年度

1997年度

  • 第52回日本放送映画藝術大賞放送部門最優秀助演女優賞(『青い鳥』)

1999年度

  • 第21回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞(『週末婚』)
  • 第54回日本放送映画藝術大賞放送部門優秀主演女優賞(『週末婚』)

2006年度

2007年度

2010年度

2011年度

  • 第35回山路ふみ子映画賞女優賞(『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』)
  • 第3回TAMA映画賞最優秀女優賞(『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』『八日目の蝉』)
  • 第66回毎日映画コンクール女優助演賞(『八日目の蝉』)
  • 第85回キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞(『八日目の蝉』)
  • 第54回ブルーリボン賞主演女優賞(『八日目の蝉』)
  • 第36回報知映画賞主演女優賞(『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』『八日目の蝉』)
  • 第16回日本インターネット映画大賞主演女優賞(『八日目の蝉』)
  • 第35回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞(『八日目の蝉』)
  • 第66回日本放送映画藝術大賞映画部門優秀助演女優賞(『八日目の蝉』)

2015年度

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 岩本直紀 (2016年11月8日). “行方市 防災情報発信のエリア放送開始/茨城”. 毎日新聞. THE MAINICHI NEWSPAPERS. 2016年12月10日閲覧。
  2. ^ a b 三次豪 (2016年8月21日). “弐湖の國映画祭 行方ゆかりの映画、鑑賞”. 茨城新聞. 茨城新聞社. 2016年12月10日閲覧。
  3. ^ a b c d 永作博美”. 株式会社田辺エージェンシー タレント. Tanabe Agency. 2016年12月1日閲覧。
  4. ^ a b なかおちぐさ (2015年4月24日). “永作博美さん【日経ヘルス表紙の人】”. 日経ウーマンオンライン. Nikkei Business Publications. 2016年12月1日閲覧。
  5. ^ a b c d 永作博美のプロフィール”. ORICON NEWS. Toricon ME (2008年12月1日). 2016年12月1日閲覧。
  6. ^ a b 永作博美 (2015年5月25日). 永作博美 演技するのは恥ずかしいと思ってたアイドル時代. インタビュアー:林真理子. dot.,週刊朝日.. https://dot.asahi.com/wa/2015052200064.html 2016年11月5日閲覧。 
  7. ^ a b c 宮沢りえに永作博美、高齢出産の芸能人が増えている!?”. 日刊大衆. Futabasha (2016年12月28日). 2016年12月28日閲覧。
  8. ^ a b 2008年8月号『日経エンタテインメント!』内、『テレビ証券推薦女優インタビュー』より
  9. ^ 永作博美、芝居に目覚めたribbon時代を回顧 19年ぶり「劇団☆新感線」出演”. ORICON STYLE (2012年3月5日). 2014年11月18日閲覧。
  10. ^ ribbonで主演
  11. ^ 湊かなえ、三浦しをん、角田光代の短編小説を、オムニバスドラマ化。『女性作家ミステリーズ 美しき三つの嘘』”. とれたてフジテレビ (2015年11月25日). 2015年11月25日閲覧。
  12. ^ Hey!Say!JUMP・中島裕翔、異色刑事役に挑戦 演出は堤幸彦監督”. ORICON STYLE (2015年10月19日). 2015年10月20日閲覧。
  13. ^ “永作博美が姉御肌な猫に息を吹き込む、CGアニメ「ペット」本編映像が公開”. 映画ナタリー. (2016年6月7日). http://natalie.mu/eiga/news/189867 2016年6月7日閲覧。 
  14. ^ 佐藤浩市、三浦友和ら豪華出演陣 クルマづくりの情熱描く動画公開”. スポニチアネックス (2015年10月28日). 2015年10月29日閲覧。
  15. ^ “永作博美、パンサー・尾形貴弘を一刀両断「前に出過ぎ」”. ORICON STYLE. (2016年5月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2071889/full/ 2016年5月19日閲覧。 
  16. ^ “永作博美、樋口一葉になる!舞台熱演に意欲「やりたかった作品」”. SANSPO.COM (SANKEI DIGITAL INC.). (2015年10月12日). http://www.sanspo.com/geino/news/20151012/geo15101205010008-n1.html 2015年10月12日閲覧。