永田靖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ながた やすし
永田 靖
生年月日 (1907-10-11) 1907年10月11日
没年月日 (1972-09-12) 1972年9月12日(満64歳没)
出生地 日本の旗 日本長崎県島原市
国籍 日本
民族 日本人
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1930年 - 1972年
主な作品
『将軍と参謀と兵』
無法松の一生

永田 靖(ながた やすし、1907年10月11日1972年9月12日)は、日本の俳優

人物・経歴[編集]

長崎県島原市の出身。台北高等学校文科卒業[1]。その後上京し、1930年新築地劇団に入る[1]久保栄演出の『新説国姓谷合戦』で初舞台を踏んだ。1934年の日本新劇祭で真山青果原作の『玄朴と長英』で高野長英を演じて好評を得た。1935年、『なみだの母』で映画初出演。1938年応召[1]される。1940年に除隊されるが、新築地劇団は強制解散させられた。以後、日活(合併後は大映)の映画に出演し、『将軍と参謀と兵』などで軍人の役を演じた。また、東宝演劇研究会を経て、丸山定夫らと苦楽座に入った。1945年に再び応召[1]。戦後は第2次新協劇団をへて、1948年に、俳優座に入団した。幹部俳優として活躍[1]し、『ギャング・アルトゥロ・ウイ』では主演した。

映画にも多く出演し、独立プロ作品から東映の時代劇まで幅広く出演し、脇役として活躍した。東映動画のアニメーション『安寿と厨子王丸』、『太陽の王子 ホルスの大冒険』にも声の出演をしている。テレビドラマにも数多く出演している。

広島で移動演劇隊「桜隊」の一員として被爆し、死亡した園井恵子と『無法松の一生』(大映京都、1943年)で共演(夫の吉岡小太郎大尉役)、丸山定夫とも新築地劇団や映画で共演した関係から、1955年広島市内の桜隊の慰霊石碑の建立に奔走し、1959年に石碑を設置した[2]1966年テアトロ』12月号に「丸山定夫碑に」を掲載した[3]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

  • 第五列の恐怖(1942年、日活)
  • 将軍と参謀と兵(1942年、日活) - 参謀岡村大尉
  • 香港攻略 英国崩るゝの日(1942年、大映) - 北沢少尉
  • 無法松の一生(1943年、大映) - 吉岡小太郎
  • 若き姿(1943年、朝鮮映画)
  • 女優(1947年、東宝) - 高浜広雄
  • 破戒(1948年、松竹) - 町会議員
  • 斬られの仙太(1949年、東宝=49年プロ)
  • お嬢さん乾杯!(1949年、松竹) - 恭子の父
  • 野良犬(1949年、映画芸術協会=新東宝) - 阿部捜査主任
  • 暴力の街(1950年) - 佐々木記者
  • 殺人者の顔(1950年、東宝) - 酔客
  • 海の花火(1951年、松竹) - 唐沢源六
  • 泣虫記者(1952年、東映) - デスクの渡辺六さん
  • 慟哭(1952年、新東宝)
  • まごころ(1953年、松竹) - ふみ子の叔父
  • 広場の孤独(1953年、新東宝) - 吉村久太郎
  • 悲劇の将軍 山下泰文(1953年、東映) - 宇佐美参謀副長
  • 思春の泉(1953年、新東宝) - 助役さん
  • 鬼伏せ街道(1953年、東映) - 大判屋金兵衛
  • 唐人お吉(1954年、京映プロ=現代俳協) - ハリス
  • 太陽のない街(1954年、新星映画) - 高木
  • 愛染道中 男の血祭(1954年、東映) - 浜の仁兵衛
  • 八百屋お七 ふり袖月夜(1954年、東映) - 上州屋金右衛門
  • 勲章(1954年、俳優座) - 西野梅吉
  • 壮烈神風特攻隊(1954年、東映) - 大本営陸軍作戦参謀
  • 変化大名(1954年、東映) - 丹波屋九郎右衛門
  • 愛すればこそ(1955年、独立映画) - お客
  • 天保六道銭 平戸の海賊(1955年、東映) - 布屋新右衛門
  • 闇太郎変化(1955年、東映) - 横田甚兵衛
  • (1955年、近代映画協会) - 捜査本部警部
  • 浮草日記(1955年、山本プロ)
  • 百面童子(1955年、東映) - 宍戸左門
    • 第一篇 ギヤマンの秘密(1955年)
    • 第二篇 サタンの窟(1955年)
    • 第三篇 バテレンの宴(1955年)
    • 完結篇 イスラムの女王(1955年)
  • 弓張月(東映) - 利勇
    • 第一篇 筑紫の若武者(1955年)
    • 第二篇 運命の白縫姫(1955年)
    • 完結篇 南海の覇者(1955年)
  • まぼろし怪盗談(東映) - 神岡専之助
    • 第一部(1955年)
    • 第二部(1955年)
    • 第三部(1955年)
  • 水戸黄門漫遊記 怪力類人猿(1956年、東映) - 本多上野介
  • 満月あばれ笠(1956年、東映) - 鈴木将監
  • 三つ首塔(1956年、東映) - 志賀雷三
  • 新平家物語 静と義経(1956年、大映) - 梶原景時
  • 警視庁物語シリーズ(東映)
    • 警視庁物語 追跡七十三時間(1956年) - 捜査第一課長
    • 警視庁物語 白昼魔(1957年) - 捜査第一課長
    • 警視庁物語 十二人の刑事(1961年) - 吉田屋旅館の主人
  • 旗本退屈男 謎の幽霊船(1956年、東映) - 嘉手納幸之進
  • 雲の墓標より 空ゆかば(1957年、松竹) - 遠藤教授
  • 花まつり男道中(1957年、東映) - 黒蜘蛛の猪十
  • (1957、年松竹) - 医者
  • 黒い河(1957年、松竹) - 医者
  • ふたり大名(1957年、東映) - 金沢権太夫
  • 大菩薩峠(1957年、東映)
  • 少年猿飛佐助(東映) - 榊原玄蕃
    • 少年猿飛佐助(1958年)
    • 少年猿飛佐助 牢獄の姫君(1958年)
    • 少年猿飛佐助 天空の白馬(1958年)
  • 日蓮と蒙古大襲来(1958年、大映) - 極楽寺入道重時
  • 点と線(1958年、東映) - 大島捜査課長
  • 江戸の花笠(1958年、東映) - 越後屋剛蔵
  • 大当り狸御殿(1958年、東宝) - 泥右衛門
  • 有楽町0番地(1958年、松竹) - 警視総監代理
  • 蟻の街のマリア(1958年、歌舞伎座) - 大佐
  • 千羽鶴(1958年、共同映画社) - 八代医師
  • 風花(1959年、松竹) - 名倉強之進
  • 惜春鳥(1959年、松竹) - 鬼塚兵三郎
  • 人間の壁(1959年、山本プロ) - 吉沢委員長
  • からたち日記(1959年、歌舞伎座) - 豊科の医師
  • 第五福竜丸(1959年、近代映画協会) - 県衛生部長
  • 人間の條件 第1・2部(1959年、松竹) - 牟田
  • かげろう絵図(1959年、大映) - 下村孫九郎
  • 新吾十番勝負 第二部(1959年、東映) - 黒田豊前守
  • 大いなる旅路(1960年、東映) - 国鉄総裁
  • 人形佐七捕物帖シリーズ(東映)
    • 人形佐七捕物帖 般若の面(1960年) - 茨木屋鵬斎
    • 人形佐七捕物帖 くらやみ坂の死美人(1960年) - 籠抜けの弥五郎
  • 拳銃を磨く男 深夜の死角(1960年、東映) - 楊
  • 白い牙(1960年、松竹) - 来客遠藤
  • 夜の長脇差(1961年、東映) - 御室の勘助
  • 俺が地獄の手品師だ(1961年、東映) - 北海警察署長
  • 松川事件(1961年、製作委員会)
  • 悪名シリーズ(大映) - シルクハットの親分
    • 悪名(1961年)
    • 続悪名(1961年)
    • 続・新悪名(1962年)
    • 悪名市場(1963年)
  • 悪魔の手毬唄(1961年、東映)
  • 安寿と厨子王丸(1961年、東映動画) - 人買の山岡大夫[4](声の出演)
  • 永遠の人(1961年、松竹) - 平左衛門
  • 考える葉(1962年、東映) - 能勢刑事部長
  • 柳生武芸帳シリーズ(東映)
    • 柳生武芸帳 片目水月の剣(1963年) - 須田弥九郎
    • 柳生武芸帳 剣豪乱れ雲(1963年) - 柳生但馬守
  • 証人の椅子(1965年、山本プロ) - 佐藤弁護士
  • 四谷怪談(1965年、東宝) - 四谷左門
  • スパイ(1965年、山本プロ)
  • 紀ノ川(1966年、松竹) - 太兵衛
  • 新・事件記者 殺意の丘(1966年、日活) - 橋本署長
  • 眠狂四郎シリーズ(大映)
    • 眠狂四郎無頼剣(1966年) - 式部仙十郎
    • 眠狂四郎卍斬り(1969年) - 内藤主水
  • 傷だらけの天使(1966年、日活)
  • 若親分兇状旅(1967年、大映) - 俵藤雄介
  • ヒロシマの証人(1968年)
  • 若者たち(1968年)
  • 太陽の王子 ホルスの大冒険(1968年、東映動画) - ドラーゴ[5](声の出演)
  • 忍ぶ川(1972年、俳優座=東宝) - 哲郎の父

テレビドラマ[編集]

  • 日真名氏飛び出す(1955年、KRテレビ)
  • テレビ劇場(NHK)
    • 愛妻競争(1958年) - 葉巻社長
    • 空白の意匠(1959年)
  • 俳優座アワー / 忠直卿行状記(1958年、NTv)
  • 部長刑事 第26話「地獄の花は紅くない」(1958年、OTV)
  • ここに人あり 第96話「ミッキーの青春」(1959年、NHK)
  • お好み日曜座(NHK)
    • 土こね記(1959年)
    • 鯨にのってきた男(1959年)
  • ヤシカゴールデン劇場 / 赤ちゃん(1959年、NTV)
  • ゴールデン劇場(NTV)
    • 太陽と牛の唄(1959年)
    • 転落の賊(1959年)
    • 北風ぞ吹かん(1961年)
  • ダイヤル110番(NTV)
    • 第117話「分け前」(1959年)
    • 第269話「最後の殺し屋」(1962年)
  • 日立劇場(KR)
    • 第11話「空気のなくなる日」(1959年)
    • 第24話「凧」(1960年)
  • ゴールドステージ / 象牙の塔(1959年、NTV)
  • 慎太郎ミステリー・暗闇の声 / 当り屋(1960年、KR)
  • ミステリー影 / 街の手品師(1960年、MBS)
  • 戦争 第10話「虱」(1960年、CX)
  • 雑草の歌(KR)
    • 第115話「紙人形でも立っている」(1960年)
    • 第145話「モンテルンバの灯」(1961年)
  • 第3話「土佐犬」(1960年、CX)
  • おかあさん 第80話「春眠」(1961年、TBS)
  • 指名手配(NET)
    • 第88・89話「天網灰灰」(1961年)
    • 第109話「銚子の船員殺し」(1961年)
  • 近鉄金曜劇場(TBS)
    • ひょうたんと駒(1962年)
    • 遠い一つの道(1962年)
    • やがて、春(1963年)
    • ある逃亡者(1964年)
  • 創作劇場 / ある日浜辺にて(1962年、NHK)
  • 女の園(NHK)
    • 第67話「嘘」(1962年)
    • 第70話「マンホール」(1963年)
  • テレビ指定席 / 花のような葉と葉のような花(1963年、NHK)
  • 東芝日曜劇場(TBS)
    • 第339話「こんど生まれたら」(1963年)
    • 第822話「もしか或る日」(1972年) - 常次
  • ポーラ名作劇場 第26話「仇討禁止令」(1963年、NET)
  • 文芸劇場 第84話「金の砂」(1963年、NHK)
  • こども劇場 第21話「二つの道」(1963年、NHK)
  • 浪曲ドラマ / 春の夢文七元結(1963年、NHK)
  • NHK劇場(NHK)
    • 視界無限(1964年)
    • 芽吹く頃(1968年)
  • 風雪 / 万機公論(1964年、NHK) - 署長
  • 木下恵介アワー / 喜びも悲しみも幾歳月(1965年、TBS) - 佐渡弾崎灯台台長大場
  • 家庭劇場 第48話「役に立つ青春」(1966年、NHK)
  • 三匹の侍(CX)
    • 第4シリーズ 第4話「麝香丸の亡霊」(1966年) - 大堀久蔵
    • 第6シリーズ 第21話「女代官」(1969年) - 望月六右衛門
  • ゴメスの名はゴメス(1967年、フジテレビ)
  • 剣(NTV)
    • 第31話「お氷さま罷り通る」(1967年)
    • 第35話「祭囃子」(1967年)
    • 第39話「無分別は見越しの木登り」(1968年) - 世良内蔵之介
  • シオノギテレビ劇場 / 沓掛時次郎(1967年、フジテレビ)
  • 仇討(TBS)
    • 第5話「剣と恋と」(1968年)
    • 第6話「よじょう」(1968年)
  • 無用ノ介(1969年、日本テレビ)
  • 戦国艶物語(1969年 - 1970年、TBS) - 徳川家康
  • 水戸黄門(1969年 - 1972年、TBS) - 中山備前 ※遺作
  • 銭形平次 第296話「初手柄娘岡っ引き」(1972年、CX) - 吉兵ヱ

舞台[編集]

  • 禮服(1949年)
  • オセロウ(1951年)
  • 夜の来訪者(1955年)
  • 道成寺(1958年)
  • ハムレット(1964年)
  • ファウスト(1965年)
  • ヒゲの生えた制服(1966年)
  • アンナ・カレーニナ(1966年)
  • ギャング・アルトゥロ・ウイ(1969年) - 老ドグズバロ
  • 兵隊芝居(1969年)
  • 小市民(1970年)
  • 原理日本(1970年)
  • 未必の故意(1971年) - 島民B

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 永田靖 とは - コトバンク
  2. ^ 2003年 桜隊原爆殉難者追悼会
  3. ^ 記事登録ID 845573 国会図書館
  4. ^ 安寿と厨子王丸”. メディア芸術データベース. 2016年10月29日閲覧。
  5. ^ 太陽の王子 ホルスの大冒険”. メディア芸術データベース. 2016年10月30日閲覧。