汁男優

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

汁男優(しるだんゆう)は、アダルトビデオにおける脇役AV男優の一種。アダルトビデオ作品の演出上、精液)が大量に必要とされる時があり、この時に自身の精液を提供する者である。原則として膣内性交は行わず、オナニー素股によって射精を行う。たいてい、一般のAV男優よりも長い間禁欲することで、より多くの、何日も前からの精子を、生きたまま、睾丸精嚢に溜め込むことができる。パンパンになるまで溜め込みそのまま撮影中のAV女優のもとへ来ることで、より濃厚・より新鮮な精液を大量に射精できる。

概要[編集]

アダルトビデオの撮影現場を観覧したい者、汁男優からステップアップしてAV男優を目指す者、実物のAV女優と触れ合いたい者、AV女優の顔面に自身の精液をかけたい者など、様々な目的を持った者たちが日々大量の精液を提供している。採集された精液は、女優にぶっかけたり、子宮に注入したり、ボールやグラスに溜めたりして、様々な場面で使用される。

勤務条件は通常のAV男優よりかなり悪い。出演料は「撮影1日につき何発発射しても、一律で千円前後」が相場となっている。交通費として支給されるため、実質的に、精液はタダ同然で取引されることになる。これは企画女優の稼ぎに対して1/50~1/70、企画単体女優の稼ぎに対してわずか1/100~1/500の価値でしかない。一方で、中折れなどで射精に失敗しても、きちんと支給される。汁男優としての撮影参加であっても、性病検査(尿検査と血液検査の2つ両方)が必須で、1項目でも陽性が検出されれば出演は認められない。

アダルトビデオメーカーの要望を受け、決まった日時に頼まれた人数の汁男優を派遣する、「汁親」という汁男優専門の手配師も存在する(赤いティッシュ、金子由紀夫、上村正博、神山シン(桂真)、越井貴行、三浦屋助六(三浦茂)、宮口尚久、ムールかいせ(高瀬伸一)、吉田浩章など)。

活躍場面[編集]

アダルトビデオでは「ぶっかけ」「ザーメン」「ごっくん」などの「大量の精液」がからむジャンルが確立されている。このような場面において、汁男優は重要な存在になっている。

  • 複数人・複数回の射精行為のため
    一人の女優の顔や身体に大勢の汁男優が次々と射精する。「ぶっかけ」ビデオに登場する。この場合、女優を目の当たりにしながらのオナニーによる射精が普通である。
  • 精液の大量採取のため
    グラスやボールなどの容器に大勢の男優の精液を集め、その大量の精液女優に飲ませたり注射器で子宮に注入したりする。
    女優をまんぐり返しさせて固定、に漏斗を挿入し、大勢の男優がその漏斗に向かって射精精液を注ぎ込む「強制注入」ビデオにおいても重要な存在になっている。
  • 濃厚で新鮮な精液 の採取のため
    女優に精液をぶっかけたり飲ませたりする際、量のみならず濃厚で新鮮であることも重要である。女優が精液を観察し、手で触るなどして、濃厚で濃い色、固体のようにプルプルしていていきがよい精子であることを強調することが多い。
  • 女優の魅力発揮のため
    汁男優一人一人を女優がフェラチオ手コキ、足コキ、パイズリ等の方法で射精させたり、射精の都度それぞれの男性器に対してお掃除フェラが施されるシーンは度々見受けられる。演出によっては、その場の汁男優が女優を愛撫する(ディープキス、乳揉み、乳首舐め、手マンクンニ視姦、玩具責め、胴上げ等)こともあり、女優の魅力発揮のためには、欠かせない存在である。
  • 連続性交のため
    企画によっては、オナニーで射精寸前の状態までもっていき、そこから女優のに次々に射精寸前の男性器を挿入し、極めて短時間のピストンで次々に膣内射精していくというものもある。この場合、汁男優は連続性交・中出し相手の一員となる。したがって、性交が全くないというわけではない。

汁男優を主体にした作品[編集]

  • ソフト・オン・デマンド調査隊 父(汁男優)娘(AV女優)はセックス出来るのか!?(2007年12月20日)
汁男優の処遇、仕事、ギャラなどについて取り上げられている。

関連項目[編集]