江戸川蘭子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
えどがわらんこ
江戸川蘭子
江戸川蘭子
松竹歌劇団時代
本名 大宮まつ
生年月日 1913年11月13日
没年月日 1990年11月5日(満76歳没)
出生地 東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 女優
活動期間 1933年 - ?
主な作品
『船出は楽し』(1939年)

江戸川 蘭子(えどがわ らんこ、1913年(大正2年)11月13日 - 1990年(平成2年)11月5日)は、昭和期の歌手、女優。本名は大宮 まつ[1]

経歴[編集]

東京都出身。1930年(昭和5年)日劇音楽舞踊学校卒業。多摩川京王閣を経て、1932年(昭和7年)松竹歌劇団(SKD)に入団。歌劇「ロザリア姫」等で人気を得る。1936年(昭和11年)退団[1]

1933年(昭和8年)コロムビアからデビュー。タンゴを多く唄い、「タンゴ・ローザ」、「ラ・クンパルシータ」などを吹き込む。戦争に突入するにつれ、戦時歌謡を多く吹き込んだ。「たそがれの湖」や「ロッパのガラマサどん」、「船出は楽し」など東宝映画に出演する。1990年(平成2年)死去(享年77)[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 20世紀日本人名事典『江戸川 蘭子』 - コトバンク 2016年3月11日閲覧。