沢たまき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
沢たまき
さわ たまき
生年月日 1937年1月2日
出生地 神奈川県川崎市
没年月日 2003年8月9日(満66歳没)
死没地 東京都
出身校 山脇学園短期大学
所属政党 新進党→)
公明党

選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 1998年 - 2003年8月9日
テンプレートを表示

沢 たまき(さわ たまき、本名:山本 昌子 - やまもと まさこ、1937年1月2日2003年8月9日)は、日本歌手女優政治家。歌手や女優などの芸能活動の後、政界に転身し参議院議員を務めた。

来歴[編集]

神奈川県川崎市出身。ラジオ番組「大学勝ち抜き歌合戦」での優勝を機に、山脇学園短期大学在学中の1956年テイチクより歌手デビュー。このジャズシンガー時代に、TBSのプロデューサーと丁々発止のやりとりをしたというエピソードがあり[1]、沢の男勝りのキャラクターを伺い知ることができる。

1966年ビクターへ移籍。移籍第一弾『ベッドで煙草を吸わないで』が大ヒットする。

1969年から1974年まで東京12チャンネルで放映された「プレイガール」への出演(沢村たまき=オネエ役)など、女優としても活躍。異色なところでは、「独占!おとなの時間」(テレビ東京系)など主に深夜番組の司会で活躍。また、「クイズダービー」では、五月みどりの後を受けて2代目2枠レギュラー解答者を担当した。正答率は3割5分7厘(平均3勝6敗~4勝5敗ペース)と決して悪くはなかったものの、歴代ワースト6位の17連敗を記録した。

1995年5月、『リングの魂』(テレビ朝日系)の企画で、「憧れの人に会いたい」という企画で元プロレスラーアニマル浜口の憧れの女優として沢との一日デートが実現した。この時の浜口は、いつもの気合は何処へやら、終始デレデレしており、意外な一面を見せたという。

晩年には、新宿のホストを買春したという記事が「週刊宝石」に掲載されるといった事件が起きた。後に週刊宝石側はこの記事が虚偽であることを認めた。過去に、メルシャンCMに出演していたことや、プレイガールなどのタレント活動をしていたことが原因となって「姉御」のイメージを強烈に放つようになり、これが買春疑惑報道の背景になったと考えられる。記事には「酒豪である」、あるいは「深夜営業のすし屋に行った」などの記述があったのだが、本人は実際には下戸で、また外食を嫌っていた。

小沢一郎の要請もあり1995年頃より政治活動に転向、翌1996年第41回衆議院議員総選挙新進党公認で東京12区から出馬するも約1200票差の次点で落選(当選者は同じく元タレント参議院議員自由民主党公認の八代英太)。1998年参議院議員選挙(比例区)で当選、厚生労働委員会委員などを務めていた。

しかし在任中の2003年8月9日、居住先の議員宿舎での入浴中、虚血性心不全により急逝。66歳没。同年8月20日新宿区落合斎場にて“沢たまきを偲ぶ会”が催された。

創価学会員であった。1967年11月25日に入会し、組織内では「婦人部副本部長」を務めた。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

吹き替え[編集]

バラエティ・情報番組[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

ビデオ[編集]

音楽作品[編集]

シングル(ビクター)[編集]

  • 教えて頂だい / ベッドで煙草を吸わないで(1966年4月)
  • 凍原―ツンドラ― / 女の夜(1967年1月)
  • カスバの女 / 赤い夜(1967年5月)
  • 秘密 / 恋のハンカチ(1967年8月)
  • 昨日のあなた / 恋する東京(1968年1月)
  • そんなに耳をかまないで / あなたの子守唄(1968年9月)
  • 今にわかるわ / 夜の終りに(1969年8月)
  • 東京プレイ・マップ / インスピレーション(1970年5月)
  • その時あなたは何をしていた? / 女の意地は私の命(1970年9月)
  • 流れ者ブルース / 明日から何を(1971年9月)
  • さすらい / わかれ雨のブルース(1972年1月)
  • ゴッドファーザー / ある愛の詩(1972年8月)
  • あなた / お別れブルース(1973年5月)
  • ラスト・テーマ / 女は恋に生きるもの(1974年7月)
  • 街灯 / 原宿あたり(1975年6月)
  • 初めての日のように / 男友達(1978年5月)
  • 欲望の街 / ワン・ナイト・ジャム・セッション(1979年3月)
  • 横浜ナイト・クラブ / たそがれ挽歌(1981年6月)
  • 雨のジャマイカ / 虹の向うから(1984年12月)

CDシングル(日本エンカフォン)[編集]

  • 花、匂うが如く / ベッドで煙草を吸わないで '97(1997年9月20日

アルバム(ビクター)[編集]

  • ベッドで煙草を吸わないで(1968年)
  • ため息のとき(1968年)
  • あなたへのブルース()
  • 男と女の別れ()
  • 爪/沢たまき夜のムードを唄う(1971年4月)
  • ベッド・イン・ミュージック/新婚編(1971年)
  • わが恋はここに ~沢たまきスタンダード・ジャズを歌う~(1973年7月)
  • 乱れ髪 ~プレイガールの十二章~(1974年8月)
  • 夜のためいき(1975年8月)
  • 東京プレイ・マップ(1977年4月)

ベストアルバム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ なかにし礼の小説『世界は俺が回してる』に書かれている