沢井桂子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
さわい けいこ
沢井 桂子
生年月日 (1945-01-02) 1945年1月2日(71歳)
出生地 大阪府大阪市
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画
著名な家族 澤井孝子(妹)
主な作品
テレビドラマ
『銀座立志伝』/『いのちある限り』
妻ふたたび

沢井 桂子(さわい けいこ、1945年1月2日 - )は、日本女優大阪府大阪市出身。妹は女優の澤井孝子。特技は日本舞踊花柳流)。東宝を経て、宝映テレビプロダクションに所属していた。

略歴[編集]

大阪市住吉区に生まれる。二人姉妹の長女で妹の孝子ものちに女優となる。1963年、住吉学園高校を卒業後、オール東宝ニュータレント第4期生に合格(同期には高橋紀子黒沢年雄)。1964年4月に東宝と契約し、『日本一のホラ吹き男』のラストに主役の植木等が歌う場面に登場する妾たちの一人として銀幕デビュー。同年の『天才詐欺師物語 狸の花道』で役名のついた役での映画本格出演となる。

翌1965年の『海の若大将』では、加山雄三扮する若大将と仲良くなる網元の孫娘役として星由里子扮するヒロイン澄子が嫉妬する恋敵を演じた。加山とは、1966年の『何処へ』や『お嫁においで』でも共演するが、加山雄三の大ヒット曲をモチーフに作られた『お嫁においで』ではヒロイン役に抜擢され、サンゴの指輪をはめて浜辺を水着姿で加山と歩くシーンで美しい肢体を披露した。同作は、加山雄三の主演作であり、加山の歌う数々のヒット曲が全篇を覆っているが、松山善三脚本による物語の実質的な主人公は、沢井桂子演ずるホテルのレストラン従業員である露木晶子であった。

東宝映画では、青春映画・サラリーマン映画・怪獣映画と娯楽映画を中心に出演した。映画界の斜陽により1970年に東宝を退社し、以後はテレビを中心に活躍する。1968年10月の映画プロデューサー・田中壽一との結婚後も女優活動は続けていたが、子育てもあり1970年代半ば頃よりテレビ出演も少なくなる。近年は舞台を中心に活躍している。

エピソード[編集]

1968年(昭和43年)、同7月11日から17日まで開催された「メキシコ日本映画週間」のため、女優の香山美子らと共にメキシコの首都メキシコシティを訪れている。翌1969年(昭和44年)には、同5月24日から26日まで開催された「第8回日本映画祭」に出席のため、川喜多長政らと共に旧ソビエト連邦(現・ロシア連邦)の首都モスクワを訪れている。

主な出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

オーディオコメンタリー[編集]