沢本忠雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
さわもと ただお
沢本 忠雄
本名 沢本 忠雄(同じ)
生年月日 (1935-07-02) 1935年7月2日(81歳)
出生地 三重県松阪市
国籍 日本の旗 日本
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台など
活動期間 1957年 -
主な作品
テレビドラマ
判決
『我が青春』
『沓掛時次郎』
映画
『嵐を呼ぶ友情』
『群衆の中の太陽』
『青春蛮歌』
『祈るひと』

沢本 忠雄(さわもと ただお、1935年7月2日 - )は、日本俳優である。三重県松阪市出身。

来歴・人物[編集]

1958年日本大学芸術学部(映画科・演出/シナリオ)卒業。日活に入社。公式のデビュー作は南田洋子主演で、南田の弟役を演じた『雌花』(1957年、阿部豊監督作品)であるが、その前に同じ南田洋子主演の『素足の娘』でエキストラ出演している[1]。そのエキストラ出演で阿部豊に認められて『雌花』に起用されたという。

1958年に『十代の恋よさようなら』(小林桂三郎監督作品)にて初主演。以後は『嵐を呼ぶ友情』、『群衆の中の太陽』、『青春蛮歌』、『祈るひと』等、数々の作品に出演し日活映画の顔となる。当初は、小林旭川地民夫ら「三悪トリオ」として売り出されたが、小林らと違ってアクションは不得手であり、その点で苦労はあったという。

1963年 日活を退社しフリーとなる。『さよならはダンスの後で』(松竹)など映画主演38本、準主演25本。計63本出演。

日活退社後は、『あかんたれ』や『どてらい男』など、花登筺作品の常連俳優などとしても活躍。

沢本本人の語るところによれば、自身の日活入社は大学3年の時、日本大学の学生食堂に貼り出されていた日活助監督募集の広告を見て応募したのがきっかけであった[1]。その為、俳優よりも裏方の映画制作の側になることを望んでいたという。

しかし、南田洋子の弟役としてデビューを飾り、その後も日活映画の俳優として活躍するものの、望みを捨てきれず日活の役員に相談したら、「君にいくらかかっていると思うんだ!」と、主演作の宣伝費の金額を告げられ、諦めざるを得なかったという。

2001年12月にリゾートトラストの会員制リゾートホテルエクシブ鳥羽&アネックス」に企画プロデューサーとして就任。CS(顧客満足)執行委員長として職務している。

賞歴[編集]

出演[編集]

映画[編集]

  • 素足の娘(1957年)
  • 雌花(1957年12月)
  • 十代の罠(1957年12月)
  • 十代の恋よさようなら(1958年2月)
  • 春泥尼(1958年2月)
  • 陽のあたる坂道(1958年4月)
  • 少女と風船(1958年4月)
  • チャンチキおけさ(1958年7月)
  • 夜は俺のものだ(1958年7月)
  • 男のブルース(1958年9月)
  • 東京は恋人(1958年9月)
  • 別れの燈台(1958年10月)
  • 俺らは流しの人気者(1958年10月)
  • 危険な群像(1958年12月)
  • 嵐を呼ぶ友情(1959年1月)
  • 実いまだ青し(1959年2月)
  • 祈るひと(1959年2月)
  • 群集の中の太陽(1959年3月)
  • 二連銃の鉄(1959年4月)
  • 若い豹のむれ(1959年6月)
  • 事件記者(1959年7月)
  • 事件記者 真昼の恐怖(1959年8月)
  • 青春蛮歌(1959年9月)
  • 事件記者 仮面の脅迫(1959年9月)
  • 夜霧の空港(1959年9月)
  • 事件記者 姿なき狙撃者(1959年10月)
  • 事件記者 影なき男(1959年11月)
  • 事件記者 深夜の目撃者(1959年12月)
  • 事件記者 時限爆弾(1960年1月)
  • 事件記者 狙われた十代(1960年2月)
  • 飢えた牙(1960年2月)
  • 拳銃無頼帖 抜き射ちの竜(1960年2月)
  • 刑事物語 灰色の暴走(1960年3月)
  • 今夜の恋に生きるんだ(1960年4月)
  • 素晴らしき遺産(1960年5月)
  • お嬢さんの散歩道(1960年6月)
  • 浅草姉妹(1960年7月)
  • 一匹狼(1960年8月)
  • 闇を裂く口笛(1960年9月)
  • 情熱の花(1960年11月)
  • 美しき抵抗(1960年12月)
  • 俺の血が騒ぐ(1961年1月)
  • ろくでなし稼業(1961年3月)
  • 警察日記 ブタ箱は満員(1961年3月)
  • 東京ドドンパ娘(1961年5月)
  • 七人の挑戦者(1961年7月)
  • ヨットとお転婆娘(1961年8月)
  • 銀座ジャングル娘(1961年8月)
  • 真昼の誘拐(1961年10月)
  • カミナリお転婆娘(1961年11月)
  • さすらい(1962年2月)
  • 事件記者 拳銃貸します(1962年2月)
  • 事件記者 影なき侵入者(1962年4月)
  • 大氷原(1962年4月)
  • 遙かなる国の歌(1962年7月)
  • 若い旋風(1962年10月)
  • 十代の河(1962年11月)
  • 親分を倒せ(1963年6月)
  • 夜霧のブルース(1963年6月)
  • 波浮の港(1963年9月)
  • 結婚作戦業務命令(1963年10月)
  • 噂の風来坊(1964年4月)
  • その口紅が憎い(1965年5月)
  • 求婚旅行(1965年10月)
  • さよならはダンスの後に(1965年12月)
  • 空いっぱいの涙(1966年5月)
  • 王様の漢方(2002年10月)

テレビドラマ[編集]

レギュラー出演[編集]

単発・ゲスト出演[編集]

テレビその他[編集]

  • ジェスチャー(NHK)レギュラー
  • 歌のグランド・ヒットショー(NETテレビ)司会
  • モーニング・スポーツ(NETテレビ)司会

舞台[編集]

著書[編集]

  • 役者人生 ひとり旅(2010年、夕刊三重新聞社)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『あの人は今こうしている - 沢本忠雄』(日刊ゲンダイ 2012年11月5日発売号)参照