河原崎しづ江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
かわらざき しづえ
河原崎 しづ江
河原崎 しづ江
1947年
別名義 河原崎 しず江
山岸 しず江
山岸 しづ江
山岸 静江
生年月日 1908年1月25日
没年月日 2002年1月1日(満93歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市日本橋区(現在の東京都中央区
職業 女優
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台
配偶者 大河内信威
河原崎長十郎(1936年 - )
著名な家族 妹:山岸美代子(岩下志麻の母)
長男:河原崎長一郎
次男:河原崎次郎
三男:河原崎建三
主な作品
人情紙風船

河原崎 しづ江(かわらざき しづえ、1908年1月25日 - 2002年1月1日)は、日本の女優。初期の芸名は山岸 静江(後に山岸 しづ江)など。しづ江をしず江と表記することもある。

略歴・人物[編集]

1923年帝国劇場附属技芸学校(帝国女優養成所)の7期生として卒業。同期に飯島綾子らがいる。1931年前進座の創設に参加し、 山岸しづ江の芸名で舞台に立った他、1933年以降は前進座がユニット出演した映画に出演した。

1936年、前進座座員の河原崎長十郎と結婚。1949年、日本民主主義文化連盟の雑誌「働く婦人」に「私の歩いた道」を寄稿[1]1968年、劇団を離れ、数本の映画やテレビドラマに出演。1971年公開の映画『儀式』が最後の出演作となった。

出演映画[編集]

  • 段七しぐれ(1933年、大日本自由映画プロ)
  • 街の入墨者(1935年、日活) - おきち
  • 清水次郎長(1935年、太秦発声) - お六
  • 河内山宗俊(1936年、日活) - お静
  • 股旅千一夜(1936年、日活)
  • 戦国群盗伝(1937年、P.C.L) - 田鶴
  • 人情紙風船(1937年、P.C.L) - おたき
  • 阿部一族(1938年、東宝) - 登枝
  • 逢魔の辻 江戸の巻(1938年、東宝映画東京=前進座) - おたみ
  • 幡随院長兵衛(1940年、南旺映画=前進座) - お金
  • 元禄忠臣蔵 前篇(1941年、松竹) - 大石妻おりく
  • どっこい生きてる(1951年、新星映画社) - 妻・さと
  • 箱根風雲録(1952年、新星映画社)
  • ひろしま(1953年、日教組) - 遠藤よし子
  • 蟹工船(1953年、現代ぷろだくしょん) - 母親
  • 美女と怪龍(1955年、東映) - 滝野
  • 心中天網島(1969年、ATG) - 叔母
  • 儀式(1971年、ATG) - 桜田富子

エピソード[編集]

しづ江は、河原崎長十郎と結婚する前、理化学研究所第3代所長・理研産業団創始者で貴族院議員を務めた大河内正敏の長男・大河内信威(日本プロレタリア科学同盟の書記長)の夫人であったが、信威が獄中にいる時、河原崎長十郎と結婚することになった[2]

家族[編集]

長十郎との間に生まれた子は、長男・次男・三男が俳優の河原崎長一郎河原崎次郎河原崎建三兄弟である。しづ江の姉の山岸美代子も女優であり、その娘(しづ江の姪)は女優の岩下志麻である。

脚注[編集]