河合季信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
オリンピック
日本の旗 日本
男子 ショートトラック
1992 男子 5000mリレー

河合 季信(かわい としのぶ、1967年12月19日 - )は、愛知県名古屋市出身のショートトラックスピードスケート選手。1985年瑞陵高校2年の時に世界選手権で個人総合優勝、1986年アジア冬季競技大会500m銀メダル、その後筑波大学体育専門学群に進学し、1987年には二度目の個人総合優勝を果たすなど、日本のショートトラックの黄金期を支えたスケーターである。1988年カルガリーオリンピック公開競技)ではメダルを期待されたが、500m8位が最高だった。1991年冬季ユニバーシアードでは1000m、1500mで銅メダルを獲得、1992年アルベールビルオリンピック5000mリレーで銅メダルを獲得しこの年限りで競技から引退。現在は母校筑波大学で教職に就いている[1]