河本栄得

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
河本 栄得
本名 河本 栄得
ニックネーム 栄ちゃん、かわもっちゃん
生年月日 1968年11月1日
没年月日 1994年10月31日(満25歳没)
出身地 大阪府大阪市港区
方言 大阪弁
最終学歴 大阪市立桜宮高等学校卒業
出身 NSC7期生
コンビ名 ベイブルース
相方 高山知浩
芸風 漫才

河本 栄得(かわもと えいとく、1968年11月1日 - 1994年10月31日)は、日本漫才師日本お笑い芸人で、漫才コンビ「ベイブルース」の一員だった。吉本興業所属。

来歴・人物[編集]

大阪市港区に生まれる。NSC7期生。同期には雨上がり決死隊トゥナイト矢部美幸などがいた。

高校時代は大阪市立桜宮高等学校の野球部に所属した。野球部の同期生に元中日阪神の捕手だった矢野燿大がいる。

1988年、高校野球部時代の親友、高山トモヒロ(当時は本名の高山知浩名義)と共に「河本・高山」を結成し、ボケを担当。NSC卒業と同時にコンビ名を「ベイブルース」に変更した。

心斎橋2丁目劇場の舞台や、関西ローカルテレビラジオなどに出演し、吉本期待の若手コンビとして期待されていた。

しかし、1994年10月中旬、大阪近郊でMBS毎日放送テレビ番組「吉本芸人ドライブTV」のロケーション撮影中に体の不調を訴えて大阪市内の病院に入院。その後に容態が急変し、誕生日前日の同年10月31日、劇症肝炎による脳出血のため25歳の若さで死去した(ほぼ同時期に千原兄弟千原ジュニア急性肝炎を発症しており、劇症肝炎ではないのかと疑われていた)。死去直後のヤンタンあそびのWA!の生放送では訃報を一切リスナーに伝えず高山が一人で気丈に勤めた。

河本の突然の訃報に、相方の高山の悲嘆は大きかった。大阪市淀川区内で行われた河本の葬儀告別式で高山は「皆さん、天国に向かって"河本のアホ"と叫んで下さい!!」と弔辞を読み上げた。母親は棺にしがみつきながら息子の名前を呼び続け、周囲が止めに入っても出棺まで号泣していた。告別式には関西各地から、女子高生ファンが弔問に訪れた。高校時代は野球をやっていたこともあり体重が90㎏近くあったが、芸人になってからはダイエットをしたこともあり、亡くなった時は70㎏台まで落ちていたという。また酒が好きであった。

没後相方の高山が出会いから没後までの思い出を綴った小説「ベイブルース 25歳と364日」を発表、この小説は舞台・映画化された。

演じた俳優[編集]

  • 松田悟志 - ベイブルース 25歳と364日(舞台版)
  • 趙珉和 - ベイブルース 25歳と364日(映画版)