河野秋武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
こうの あきたけ
河野 秋武
河野 秋武
わが青春に悔いなし』(1946年、左は藤田進
別名義 山崎 進蔵
生年月日 1911年10月8日
没年月日 1978年3月17日(満66歳没)
出生地 長崎県南高来郡安中村新港
(長崎県島原市
死没地 静岡県伊東市
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1933年 - 1978年

河野 秋武(こうの あきたけ、1911年明治44年〉10月8日 - 1978年昭和53年〉3月17日)は、日本俳優。旧芸名は山崎 進蔵

来歴・人物[編集]

長崎県南高来郡安中村新港(島原市)の生まれ。父は公務員で六人兄弟の次男坊として、県立島原中学から東京物理学校(東京理科大学)に進学するが1930年昭和5年)11月に中退、1931年昭和6年)11月前進座のプロレタリア演劇研究所に入ったのち、前進座の座員として舞台に立つ一方、1933年(昭和8年)に前進座ユニット出演の映画『段七しぐれ』に顔出し出演する。

1939年(昭和14年)に応召、1940年昭和15年)8月に除隊し前進座に復帰。1942年昭和17年)3月に退団して東宝演劇研究会に参加する。同年『ハワイ・マレー沖海戦』に出演、1943年(昭和18年)から東宝専属で映画を主な活動の場にする。黒澤明のデビュー作『姿三四郎』、『一番美しく』、『続姿三四郎』、『虎の尾を踏む男達』、『わが青春に悔なし』など立て続けに起用される。特に『わが青春に悔なし』では、時流に乗って検事となり、権力を行使する残忍な悪役を演じる。以降は、痩身で神経質な役で性格俳優として評価を確立。1947年(昭和22年)のオムニバス映画『四つの恋の物語』の第4話「愛のサーカス」では愛人を曲芸の最中に殺害する空中ぶらんこ乗りを主演、また谷口千吉監督の『銀嶺の果て』では悪役から一転し、三船敏郎扮する強盗犯に逃亡の道案内を強要される登山家を演じ、その知性的な演技によりたちまち脚光を浴びる。しかし、この頃に折からの東宝争議のために河野は、俳優の嵯峨善兵や監督の山本薩夫らと共に自発的に東宝を退社。

フリーの俳優として、以降は松竹大映東映日活の映画にそれぞれ出演する。テレビドラマへも初期から活躍し、『私は貝になりたい』や『白い巨塔』など、多くの作品に出演した。映画は1973年(昭和48年)の『宮本武蔵』が最後の出演、その後は胃潰瘍伊東市内の病院に入院していたが、1978年昭和53年)3月17日午後1時52分に脳血栓のため死去した。66歳没。

主な出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

関連項目[編集]