治水橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
埼玉県道56号標識
治水橋と桜草(2014年4月)

治水橋(じすいはし)は埼玉県のさいたま市西区二ツ宮と同飯田新田の境で荒川に架かる、埼玉県道56号さいたまふじみ野所沢線の橋である。

概要[編集]

1993年完成の橋は、河口から42.0kmの地点に架かる[1] 長さ833.1メートル、幅員12.5メートル、最大支間長68.7メートルの13径間鋼連続箱桁橋の1等橋(TL-20)である[2][3][4]。歩道は幅員2.25メートルで車道を挟んだ両側に設置されている。親柱は旧橋を継承したような古風かつ優美な外見をしたものである。これは「YOU And I」である五つある周辺自治体を照明灯の球体により表現したものである[5]。橋には治水橋と書かれた旧橋のトラスを模したオブジェが照明灯に2か所設置されている。両岸はさいたま市で、県道は東では同市大宮区に、西にはふじみ野市に通じるが、右岸側の取り付け道路の高架橋において僅かに川越市域にかかる。 西武バスの大34系統路線(大宮駅西口-所沢駅東口)の路線バスの走行経路である。富士見寄りのバス停は「治水橋堤防」が最寄り。

歴史[編集]

1934年の橋[編集]

治水橋開通式
渡り初め
治水橋メモリアルモニュメント

荒川が現在の位置を通るようになったのは1926年大正15年)5月17日のことである。明治時代から続いた河川改修の一環で、直線化で取り残された旧川の曲線部はびん沼(今のびん沼川)となり、新しい川には渡船場が置かれ有料の賃渡船が運行されたが1927年(昭和2年)に県営化された[6][7]。渡船場は「馬宮の渡し」と呼ばれ、治水橋とほぼ同じ場所に位置していた[8]。治水橋の開通により渡船場は1934年(昭和9年)に廃止された[8][注 1]

治水橋の工事は1931年昭和6年)11月に始まり[7][注 2]、延べ5万人余りの作業員[9]と総工費34万6700円をかけて1934年(昭和9年)7月に竣工した[7][10][11][注 3]。 開通式は快晴の下、7月23日の11時に左岸河川敷に設けられた会場で挙行された[12]。開通式は先ず神主の神事や玉串礼拝が執り行われた後、県知事の式辞および内務省東京土木出張所長や県会副議長や浦和市長、そして本橋の架橋運動に尽力した功労者である斉藤祐美の祝辞が行われ、 後に神官と共に県知事を初め来賓500名と橋の付近に所在する馬宮小学校(現、さいたま市立馬宮東小学校およびさいたま市立馬宮西小学校)の国旗を手にした児童600名による渡り初めが、青空に合図花火(信号雷)が鳴り響く中、左岸から右岸に向けて行われた他、河川敷の会場では関係市町村の代表者が主催する祝宴が盛大に開催され、花火が打ち上げられたり山車が練り歩き、屋台等が出店するなどの余興が催されるなど夜まで大変な賑いだったという[13][12][14]。 また、荒川を挟み折り返し運転していた浦和・川越間を運行するバスも同日の14時より全通した[12]

全長628.18メートル、幅5.5メートル。旧上江橋に似た中間の渡河部分が1スパンの垂直材のある曲弦ワーレントラス構造を持つコンクリート橋であった。高欄および親柱は付近に桜草の自生地であった天然記念物の錦乃原があったことなどから周辺との調和を配慮しつつ[12]、経済的かつ優美なるものを採用し、親柱は人造石を使用して電飾を設けるなど美観にも配慮した[13]

荒川中流には広い河川敷がとってあるが、何年かごとの増水でこれが一面水浸しになる。治水橋付近では川の左岸が広い。そこで、いくつかの場所で左岸に元の堤防から直角に、川に向けて突き出た横堤を作り、それによって河川敷にあふれ出た水勢を弱めることにした。治水橋の箇所では馬宮第一横堤が1929年(昭和4年)11月13日に着工し、橋の工事と並行して工事が進み、1934年(昭和9年)3月31日に完成した[15]。治水橋は左岸でその横堤に接続し、取り付け道路が横堤の天端を通る。 また、その後の交通量の急増に伴い歩行者や自転車が危険に晒されるようになったため、1974年(昭和49年)[注 4]に総工費2億1000万円を投じて上流側に橋長633.7メートル、幅員2.25メートルの歩道専用の側道橋である「治水橋歩道橋」が鋼床版鈑桁橋として架橋され[16]、歩行者・自転車はここを通るようになった[13]

この初代の橋は1993年平成5年)に新しい橋ができたときに取り壊されたが[9]、びん沼川高架橋の南端そばに、トラスを構成する下弦材と垂直材の一部が治水橋メモリアル・モニュメントとして、齊藤治水翁彰功碑の脇に保存されている[17]。また、横堤上の初代の橋の取り付け道路も廃道として残されている。なお齊藤治水翁彰功碑は元々は1951年(昭和26年)に治水橋の西詰に建立されていたが、びん沼川高架橋の整備の際に1995年(平成7年)に現在の場所に移設され、その彰功碑移設の経緯を記した石碑が設立された。橋の解体はトラッククレーンによる一括撤去工法を用いて行われた[18]。 橋の名称は、橋の右岸の馬宮村飯田新田(現在のさいたま市内)で生まれ、荒川の治水に功があった埼玉県会議員斉藤祐美の号「治水」から付けられた[19]。この地点での架橋は県議選での斉藤の公約の一つでもあった[20]

1993年の橋[編集]

右岸、南側から望む治水橋(2012年3月)

後、老朽化が進んだのをみて、地元の住民と政治家が「治水橋架橋期成会」を作って埼玉県に働きかけた。新しい橋は国庫補助を受けた橋梁整備事業により総工費約73億7500万円を投じ[21][5]1983年(昭和58年)夏事業に着手し、架換調査が実施された。1987年(昭和62年)橋の建設が始められ、1993年平成5年)6月に古い橋より少し川上側の位置に永久橋として竣工した。橋の長さは833.1メートル[2]で事業区間の総延長は1780メートルにも及んだ[21][2]。構造の特色として、走行性や維持管理を考慮して連続桁を採用していることから温度変化による水平作用が生じやすくなり、これを吸収するため、当時の大型鋼橋としてあまり例がない大型ゴム支承が採用されている[21][5]。下部工基礎は河川条件により深い基礎ににしなければならず、検討した結果、鋼管矢板基礎が採用されている[21]。橋の塗色は「塗装色彩検討委員会」と呼ばれる専門の委員会を設け、歴史的背景や四季の変化などを考慮し、周囲の景観に溶け込みやすい低彩度系の色であるライトグレーが採用された[5]。 開通式は同年6月15日に地元関係者200人が出席する中挙行され、テープカットやくす玉開披が執り行われた[5][22]

右岸の堤防に達すると長さ377.5メートル[23]びん沼川高架橋に接続し、大きく南にカーブして、びん沼川と何本かの道をまとめて越える。びん沼川高架橋は、新しい治水橋のために作られ1991年(平成3年)に竣工した主径間37.0メートルの連続鋼鈑桁橋である[23]。それまで県道は荒川右岸の堤防沿いに北上し、丁字路の信号を右折して治水橋に入っていたため[5]、これにより堤防から平地への坂の傾斜が緩み、車の流れがよくなった。

周辺[編集]

この辺りの荒川では鮒や鯉が釣れる。1979年、1985年に実施された魚類捕獲調査では、ゲンゴロウブナが優占し、他に両年にまたがって捕獲されたのはニゴイであった[24]

河川敷は水田、ゴルフ場、運動場に利用されている。橋からは東はさいたま市市街地のビル群を、西は富士山秩父連山を望める[5]

  • 東京健保組合大宮運動場
  • 埼玉県警察 機動センター
  • さいたま市立馬宮東小学校
  • さいたま市立馬宮西小学校
  • さいたま市立馬宮中学校
  • 川越東高等学校
  • 萱沼びん沼公園[1]
  • 錦乃原桜草園 - 馬宮村桜草自生地の碑がある。付近一帯は桜草の自生地であったが、戦後の食糧難に伴う開墾により消滅した[25]
  • 大宮カントリークラブ

風景[編集]

隣の橋[編集]

(上流) - 上江橋 - 荒川橋梁 - 治水橋 - 羽根倉橋 - 秋ヶ瀬橋 - (下流)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』422頁では、1934年の初代治水橋以前にも冠水橋としての治水橋が同所に架けられていたと記されている。
  2. ^ 平成5年6月28日『埼玉新聞』1頁では1931年10月着工と記されている。
  3. ^ 『荒川 人文II』232頁によると総工費は29万1980円と記されている。
  4. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』422頁では1973年(昭和48年)完工と記されている。

出典[編集]

  1. ^ 荒川上流河川維持管理計画【国土交通大臣管理区間編】 (PDF) 98p - 国土交通省 関東地方整備局、2015年2月5日閲覧。
  2. ^ a b c 橋梁年鑑 平成5年度版 (PDF) p. 81 - 日本橋梁建設協会、2015年2月5日閲覧。
  3. ^ 橋梁年鑑 治水橋 詳細データ - 日本橋梁建設協会、2015年2月5日閲覧。
  4. ^ 彩の国(92)の主な橋一覧 (PDF) - さいたま橋物語(埼玉県ホームページ)、2015年2月5日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 平成5年7月14日『埼玉新聞』11頁。
  6. ^ 『大宮のむかしといま』224頁。
  7. ^ a b c 『馬宮のあゆみ〜荒川の流れとともに〜』233頁。
  8. ^ a b 『歴史の道調査報告書第七集 荒川の水運』29、51、68頁
  9. ^ a b 柳田敏司 (1993年6月28日). “治水橋雑感”. 埼玉新聞 (埼玉新聞社): p. 1 
  10. ^ 西区の沿革 - さいたま市ホームページ、2015年2月5日閲覧。
  11. ^ 東京朝日新聞、1934年7月24日。
  12. ^ a b c d 『馬宮のあゆみ〜荒川の流れとともに〜』234頁、
  13. ^ a b c 『荒川 人文II』232頁。
  14. ^ 東京朝日新聞、1934年7月24日。
  15. ^ 『大宮のむかしといま』226頁。
  16. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』422頁。
  17. ^ 『荒川の治水翁 斎藤祐美』84-87頁。
  18. ^ 鋼橋の解体・撤去 - 株式会社 横河ブリッジ、2015年2月5日閲覧。
  19. ^ 『大宮のむかしといま』226頁。
  20. ^ 『荒川の治水翁 斎藤祐美』52頁。
  21. ^ a b c d 『月刊 埼玉タイムス 3月号』34-35頁。
  22. ^ “大宮の「新治水橋」が完成 200人が開通を祝う /埼玉”. 朝日新聞 朝刊 埼玉 (朝日新聞社). (1993年6月16日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  23. ^ a b 橋梁年鑑 治水橋(取付部) 詳細データ - 日本橋梁建設協会、2015年2月5日閲覧。
  24. ^ 『荒川 自然』547頁。1979年はゲンゴロウブナ21、 ニゴイ7、キンブナ2。ギンブナ5。1985年はゲンゴロウブナ65、ニゴイ2、オイカワ4、ツチフキハスワタカナマズ各1。
  25. ^ 『馬宮のあゆみ〜荒川の流れとともに〜』1-12頁。

参考文献[編集]

  • 藤田周造「治水橋架設工事概要 (PDF) 」 、『道路の改良』第16巻第10号、道路改良会、1934年10月1日2015年8月28日閲覧。
  • 週刊埼玉タイムズ編集『月刊 埼玉タイムス 3月号』(第13巻第3号 通巻144号)、(株)週刊埼玉タイムズ、1994年3月1日。
  • “生まれ変わった治水橋 開通一カ月、渋滞緩和に効果”. 埼玉新聞 (埼玉新聞社): p. 11. (1993年7月4日) 
  • 大宮市『大宮のむかしといま』、1980年。
  • 「馬宮のあゆみ」刊行委員会編集発行『馬宮のあゆみ〜荒川の流れとともに〜』、1992年11月5日。
  • 埼玉県『荒川 自然』(荒川総合調査報告書1)、1987年。
  • 埼玉県『荒川 人文II』(荒川総合調査報告書3)、1988年3月5日。
  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』 角川書店、1980年7月8日、422頁。ISBN 4040011104。
  • 斎藤祐美研究会『荒川の治水翁 斎藤祐美』、埼玉新聞社、2007年。
  • 埼玉県立さきたま資料館編集『歴史の道調査報告書第七集 荒川の水運』、埼玉県政情報資料室発行、昭和62年4月。

座標: 北緯35度53分32秒 東経139度33分45秒 / 北緯35.89222度 東経139.56250度 / 35.89222; 139.56250