法皇 (曖昧さ回避)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

法皇(ほうおう)は

  • 法王
  • 日本において出家仏門に入った上皇太上天皇)を指す。太上法皇ともいう。一般に、天皇が皇位を譲ると上皇(太上天皇)となり、上皇が出家すると法皇(太上法皇)と称される[1]。(ちなみに、上皇(太上天皇)は「院」とも呼ばれたので上皇による政治を「院政」という。院政参照)
  • オウム真理教教祖である麻原彰晃が、尊師の他に称した称号を神聖法皇という。但し、この場合の読みは“しんせいほうこう”。
  • 愛媛県の地名。法皇山脈
  • 福井県にある山名。法皇岳という。
  • カトリック教会の最高指導者である教皇のこと。日本の外交上は法王とされる。
  1. ^ NHK高校講座 日本史 第9回 院政と荘園 2017年6月9日放送