波島進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
なみしま すすむ
波島 進
波島 進
姿三四郎』(東映、1955年)
本名 小倉 正則
生年月日 (1922-10-03) 1922年10月3日
没年月日 1995年
出生地 鹿児島県鹿児島市
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1951年 - 1971年
配偶者 川口節子(女優)
著名な家族 小倉加代 長女
主な作品
映画
どたんば
『爆音と大地』
テレビドラマ
特別機動捜査隊

波島 進(なみしま すすむ、1922年10月3日 - 1995年)は、日本俳優鹿児島県鹿児島市出身[1]。本名は小倉 正則(おぐら まさのり)。妻は1950年代前半に活動した女優の川口節子。元女優の小倉加代は娘にあたる。

略歴[編集]

1950年に太泉映画(現在の東映)のニューフェイスに合格し、翌1951年に『わが一高時代の犯罪』でデビューする。その後、1953年の映画『早稲田大学』での役名「波島進」を芸名とし、東映現代劇のスターの一人として活躍した。1959年、テレビ映画『捜査本部』、『七色仮面』の主演に抜擢され、草創期のテレビにも進出した。

特に1961年からスタートした『特別機動捜査隊』では、ソフト帽がトレードマークの「立石班」リーダー・立石主任刑事役を演じ、黎明期のテレビドラマでお茶の間に人気を博した。また俳優業の傍ら事業家としても活躍、正栄株式会社社長を務めた。

1971年、すでに唯一のレギュラーだった『特別機動捜査隊』も降板後、芸能界を引退。その後は実業家に専念した。

鹿児島出身という影響もあり、台詞回しのアクセントイントネーションに独特の「訛り」があった。

1995年死去[2]

主な出演[編集]

映画[編集]

  • わが一高時代の犯罪 (1951年)
  • 人生劇場 第一部 青春愛欲篇 (1952年)
  • 暁の市街戦 (1953年)
  • 玄海の鰐 (1953年)
  • 子は誰のもの (1953年)
  • 死の追跡 (1953年)
  • 悲劇の将軍 山下奉文 (1953年)
  • 早稲田大学 (1953年、DVD発売)
  • 魅せられたる魂 (1953年)
  • 学生五人男 第一部 ボス退治 (1954年)
  • 学生五人男 第二部 鉄腕は飛ぶ (1954年)
  • 花と龍 第二部 愛憎流転 (1954年)
  • 学生五人男 第三部 恋愛ジャズバンド (1954年)
  • 少年姿三四郎 第一部 山岳の決闘 (1954年)
  • 少年姿三四郎 第二部 大川端の決闘 (1954年)
  • 学生五人男シリーズ 幽霊軍隊 (1954年)
  • 学生五人男シリーズ 迷探偵出動 (1954年)
  • 母恋人形 (1954年)
  • 若者よ恋をしろ (1954年)
  • 暗黒街の脱走 (1954年)
  • 神風特攻隊 (1954年)
  • 多羅尾伴内シリーズ 隼の魔王 (1955年)
  • 姿三四郎 第一部 (1955年)
  • 続・姿三四郎 (1955年)
  • 息子の縁談 (1955年)
  • 十九の花嫁 (1955年)
  • 飛燕空手打ち (1955年)
  • 飛燕空手打ち 第二篇 青春の斗魂 (1955年)
  • 飛燕空手打ち 完結篇 月下の龍虎 (1955年)
  • 忍術三四郎 (1955年)
  • 力闘空手打ち (1955年)
  • 力闘空手打ち 挑戦鬼 (1955年)
  • 力闘空手打ち 復讐の対決 (1955年)
  • 続・サラリーマン目白三平 (1955年)
  • まぼろし怪盗団 第一部 まぼろし怪盗団 (1955年)
  • まぼろし怪盗団 第二部 魔王の密使 (1955年)
  • まぼろし怪盗団 第三部 悪魔の王冠 (1955年)
  • 流星空手打ち (1956年)
  • 狸小路の花嫁 (1956年)
  • げんこつ社員 (1956年)
  • 無法街 (1956年)
  • 満ちて来る潮 (1956年)
  • にっぽんGメン 特別武装班出動 (1956年)
  • 忍術快男児 (1956年)
  • 夕日と拳銃 日本篇・大陸篇 (1956年)
  • 鞍馬天狗 第一話 白馬の密使 (1956年)
  • 新諸国物語 七つの誓い 黒水仙の巻 (1956年、DVD発売)
  • 新諸国物語 七つの誓い 奴隷船の巻 (1956年、DVD発売)
  • 新諸国物語 七つの誓い 凱旋歌の巻 (1956年、DVD発売)
  • 大名囃子 (1957年)
  • 大名囃子 后篇 (1957年)
  • 少年探偵団 二十面相の復讐 (1957年)
  • 警視庁物語 上野発五時三五分 (1957年)
  • 少年探偵団 夜光の魔人 (1957年)
  • 「笑え甚平」より・摩天楼の秘密 (1957年)
  • 警視庁物語 夜の野獣 (1957年)
  • 源氏九郎颯爽記 濡れ髪二刀流 (1957年)
  • 日露戦争風雲秘話 霧の街 (1957年)
  • 若獅子大名 (1957年)
  • 若獅子大名 完結篇 (1957年)
  • 大菩薩峠 (1957年、DVD発売)
  • どたんば (1957年) - キネマ旬報ベストテン第7位
  • 爆音と大地 (1957年) - キネマ旬報ベストテン第8位
  • 恋染め浪人 (1957年)
  • 「笑え甚平」より・消えた短剱 (1957年)
  • デン助の陽気な拳斗王 (1958年)
  • 少年探偵団 首なし男 (1958年)
  • デン助の陽気な靴みがき (1958年)
  • 多羅尾伴内 十三の魔王 (1958年)
  • 緋ざくら大名 (1958年)
  • 希望の乙女 (1958年、DVD発売)
  • 乱撃の七番街 (1958年)
  • 続一丁目一番地 (1958年)
  • 一丁目一番地 おじいちゃんは日本晴れ (1958年)
  • 一丁目一番地 町内ニコニコ会議 (1958年)
  • 少年探偵団 透明怪人 (1958年)
  • 母つばめ (1958年)
  • 伊達騒動 風雲六十二万石 (1959年)
  • べらんめぇ探偵娘 (1959年)
  • スピード狂時代 命を賭けて (1959年)
  • 特ダネ三十時間 午前零時の顔 (1959年)
  • 特ダネ三十時間 拾った牝豹 (1959年)
  • 拳銃を磨く男 (1959年)
  • ふたりの休日 (1959年)
  • 大空の無法者 (1960年)
  • 俺から行くぞ (1960年)
  • 大いなる驀進 (1960年、DVD発売)
  • 殴りこみ艦隊 (1960年)
  • 十七才の逆襲 暴力をぶっ潰せ (1960年)
  • にっぽんGメン 摩天楼の狼 (1960年)
  • ボス表へ出ろ (1960年)
  • 特ダネ三十時間 曲り角の女 (1960年)
  • 特ダネ三十時間 笑う誘拐魔 (1960年)
  • 危うしGメン 暗黒街の野獣 (1960年)
  • ファンキーハットの快男児シリーズ(1961年)
  • 警視庁物語 不在証明 (1961年)
  • 警視庁物語 十五才の女 (1961年)
  • 花ざかり七色娘 (1961年)
  • 警視庁物語 12人の刑事 (1961年)
  • モーガン警部と謎の男 (1961年)
  • 特ダネ三十時間 東京租界の女 (1961年)
  • 天下の快男児 旋風太郎 (1961年)
  • 腕まくり七色娘 (1961年)
  • 特ダネ三十時間 危険な恋人 (1961年)
  • ひばり民謡の旅シリーズ べらんめえ中乗りさん (1961年)
  • 南太平洋波高し (1962年)
  • 十七才のこの胸に (1964年、DVD発売)
  • 網走番外地 悪への挑戦 (1967年、DVD発売)

テレビドラマ[編集]

  • 源義経 (1959年、NET)
  • 七色仮面 (1959年、NET) - 七色仮面 / 蘭光太郎
  • 赤穂の人々 (1960年、MBS)
  • 特別機動捜査隊 (1961年 - 1971年、NET) - 立石主任
  • 風来物語 (1964年、NET) - 戸田雄次郎

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本映画俳優全集・男優編』(キネマ旬報社、1979年)の「波島進」の項(p430)を参照。
  2. ^ 往年の大スター・波島進が遺したお宝の鑑定結果は…?『開運!なんでも鑑定団』 テレビドガッチ 2014年3月25日

関連項目[編集]