流杉パーキングエリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:施設の外観写真の青みがかかっていないクリアな画像の画像提供をお願いします。2015年11月
流杉パーキングエリア
流杉スマートインターチェンジ
流杉パーキングエリア(下り線)
流杉パーキングエリア(下り線)
所属路線 北陸自動車道
IC番号 22-1
料金所番号 01-142
本線標識の表記 流杉
起点からの距離 240.9km(米原JCT※起点)
富山IC (6.6km)
(5.7km) 立山IC
供用開始日 1988年昭和63年)7月20日 (PA)
2009年平成21年)4月1日 (SIC)
通行台数 3,071台/日(2011年度)
スマートIC 24時間
所在地 939-8032
富山県富山市流杉
備考 ETC専用インターチェンジ
国幹道の起点は新潟中央JCT
テンプレートを表示
流杉PAの形状。画像左は富山IC方面、画像右は立山IC方面。2009年(平成21年)撮影。

流杉パーキングエリア(ながれすぎパーキングエリア)は、富山県富山市流杉にある北陸自動車道パーキングエリアである。

道路[編集]

直接接続
  • 市道
間接接続

施設[編集]

上り線(米原方面)[編集]

下り線(新潟中央方面)[編集]

  • 駐車場
    • 大型 15台
    • 小型 26台
  • トイレ
    • 男性 大2(和式1・洋式1)・小5
    • 女性 5(和式4・洋式1)
    • 車椅子用 1
  • 自動販売機
  • バス停留所

スマートインターチェンジ[編集]

富山市東部・立山町方面と北陸自動車道とのアクセス向上や緊急医療施設への搬送時間の短縮を目的に、当PAにスマートインターチェンジを設置する計画が進められてきた。2008年(平成20年)3月29日正午よりスマートIC社会実験が行われ、2009年(平成21年)4月1日からは常設のスマートICとしての供用が始まった。富山県内でのスマートICの本格導入例としては、同じ北陸道の入善PAに続き2例目である。

参考文献[編集]

[編集]

北陸自動車道
(22)富山IC - (22-1)流杉PA/スマートIC - (23)立山IC

関連項目[編集]